2018年07月23日

広島県坂町でのボランティア



 7月22日(日)、広島県坂町でのボランティア

 福岡から広島へ、新幹線で向かいましたが、広島駅からのアクセスがわからなくて、時間がかかり、ボラセン到着が午前10時過ぎになりました。

 オリエンテーションです。



 このオリエンテーションを始める前に、終日できる人たちと、午前中だけのグループ分けがありました。

 私は、午前中だけのグループに入りました。

 オリエンテーションの横の張り紙。
 
 

 「10分活動したら必ず10分休憩して下さい。」

 の下に、手書きで、「昼、新規の活動は13:00~(少し前に案内します)」。

 実際、午後1時から、オリエンテーションがあっていました。

 「午前中のみ」「午後のみ」に対応できる、柔軟なボラセンです。

 オリエンテーションの後、マスク、軍手、飲み物など、足らないものを補給できます。

 

 長靴は、持参した方がいいですが、ここでは、レンタルをしてくれます。

 

 午前中のグループは、近くの森福町が作業場所です。

 センター横の公園に、地元の方たちの受付のテントがあり、そこで、受付です。資材も、準備していただいています。

 地元の方の案内で、現場に移動します。

 現場は、歩いて10分ほどのところです。

 現場が近い所も、柔軟な対応ができる理由のひとつです。

 床上浸水している家の横の通路の泥の掻き出しでした。

 私がリーダーでした。男性3人、女性4人のグループです。

 暑い中での作業だったので、10分休憩を意識していましたが、すぐに汗びっしょりです。

 この家の室内は、ご自分たちでしているようでした。

 通路の反対側の側溝も、泥で埋まっていて、まだまだ人手が必要だと思いました。

 午前中だけということでしたが、12時の段階で、全体作業の3分の1が残っていました。

 そこで、参加していた学生からの申し出もあり、1時まで、残っていい人ですることにしました。

 女性3人に、帰っていただき、残りの4人で、最後まで仕上げて終わりました。

 坂町のボラセンは、柔軟な対応ができている、よいボラセンだと思います。

 以下、facebook のボラセンの投稿の一部です。

 坂町災害たすけあいセンターでは、地域での支えあいや寄り添いを大切にしながら、一人でも多くの善意を被災者の皆さまに届けたいと考えています。
 被害は極めて大きく、被災者からのSOSの声はたくさん寄せられています。現状ではどれだけ支援の手があっても足りないような状況です。
 ボランティア募集は県内・県外問わず広く受けつけていますので、ぜひとも皆さまのご支援をお願いします!!

 坂町災害たすけあいセンター facebook https://www.facebook.com/sakachovc/
 
 
   


2018年07月22日

広島駅から坂町ボランティアセンターまでのJR西日本の代行バスを使ってのアクセス



 【広島駅から坂町ボランティアセンターまでのJR西日本の代行バスを使ってのアクセス】

 7月21日(土)から、広島駅から、矢野駅・坂町駅までの代行バスが始まっています。

 【ここから、大幅訂正】
(訂正)「今日、月曜日、午前7時広島駅発→午前8時矢野駅→午前9時15分、坂町停留所。
 矢野駅からボラセンまで、30分強なので、この時間帯は、矢野駅で降りて歩いた方が早いです。混雑していない時は、矢野駅から坂町駅まで、バスで10分です。

 福岡などからでも、新幹線を使えば、十分日帰り可能です。

 午前6時半から、30分~1時間おきにあります。

 新幹線口の1Fに乗り場があります。

 矢野坂町行き、呉行き、広行きなどの区画に分かれています。

 

 ここで、気を付けたいのは、バス内で、料金を支払うことはできません。

 定期券か、乗車券が必要です。

 広島駅の券売機で、乗車券を先に購入しておく必要があります。

 帰りの時に、バス停から、坂町駅の券売機までは、遠いので、みどりの窓口で、往復券を買うか、券売機で、回数券を買うことをお勧めします。

 坂町の降車場は、平成ヶ浜3丁目の交差点の手前、DCMダイキ坂店とユニクロが見えるところです。

 https://www.google.co.jp/maps/search/%E5%B9%B3%E6%88%90%E3%83%B6%E6%B5%9C%EF%BC%93%E4%B8%81%E7%9B%AE/@34.341057,132.5103845,18z

 そこから、平成ヶ浜3丁目の信号を右折します。

 左手に、広島県警察学校があり、そのまま行くと、左手に、ラ・ムー坂店とウォンツ坂店があります。

 この辺まで来ると、正面にテントが見えてきて、その横の2F建ての建物が「坂町災害たすけあいセンター」です。

 ラ・ムー坂店は、24時間営業の大型安売りスーパー。ウォンツ坂店は、午前9時から開いている薬局です。




 ラ・ムー坂店の安売り、半端ないです。

 
 
 184円のソースかつ丼
 

 満腹にぎり寿司10カン299円
 

 ジャンボいなり38円
 

 ホテルの朝食用ロールパン30個、298円
 

 お弁当、飲み物などは、ここで、調達して、ボラセンに行くことができます。

 坂町災害たすけあいセンターのメインの発信は、facebook です。

 https://www.facebook.com/sakachovc/





  


2018年07月21日

2018豪雨災害・ボランティア支援・相乗り相手が見つかる国内最大ライドシェアサービス「notteco」



 nooteco HP トップページ https://notteco.jp/ 「 西日本豪雨災害支援ページはこちら」をクリック

https://cp.notteco.jp/notteco%E8%A5%BF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%B1%AA%E9%9B%A8%E5%AF%BE%E7%AD%96%E7%89%B9%E8%A8%AD%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

 【2018豪雨災害・ボランティア支援】
相乗り相手が見つかる国内最大ライドシェアサービス
 「災害関連でご利用のライドシェア費用(※)をnottecoが負担いたします。」とのことです。

 notteco HPトップページ https://notteco.jp/ 地域から探す 
 または 目的から探す ボランティアをクリック
 https://notteco.jp/drive/search/?category=%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2&co=5

 以下、notteco のHPからです。
 【nottecoが費用補助するライドシェアについて】
 対象となるドライブについて(下記全てが該当するドライブが対象です)
 被災地までの移動と、被災地から地域外への移動。
 同乗者が1人以上成立したドライブ
 7/19 10:00 – 8/6 24:00までに開始されたドライブ。
 ※対象となるドライブのドライバーの方は【8/15まで】に下記より費用補助申請を行ってください
 補助金額について
補助対象費用は、車移動時の高速代、ガソリン代のみとなります。その他の費用(フェリーでの自動車航送費用やレンタカー費用など)は対象となりません。
 ドライブ登録時に設定された金額に、成立した同乗者の人数をかけた金額を補助します。
 その他
 ドライバーの方は、同乗者の方からは謝礼をいただかないでください。
 期間中、お1人につき2回までが対象です。
(往復ドライブは2回にカウントします)
 補助方法は、補助金額分をEメールタイプのAmazonギフト券でお送りします。なお、送付手続きは8月中旬以降から順次進めていく予定です。
 費用補助に関する変更がある場合には当ページにて告知いたします。
 申請はこちら
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdEPgH6Nyl-oefiMkHOHbygrn7hNzFcG7EIlLCAydfqwAU_4g/viewform
 【ドライバーの方への注意点】
 被災地付近のガソリンスタンドは、ガソリンが品薄状態にあるため、事前に十分に給油してください。
 被災地域の道路の通行実績などを表示した地図や情報(国土交通省 / toyota)が公開されていますので、移動時にご活用ください。
 被災地付近の渋滞を緩和するために、混雑する時間帯は避けて移動してください。
 notteco補助対象ドライブの場合、同乗者の方からの謝礼はいいただかないでください。
 【同乗者の方への注意点】
 携行品・持参品が多くなりますので、ドライバーの方と荷物の量を事前によく確認してください。
 notteco補助対象ドライブの場合、ドライバーの方には謝礼はお渡ししないでください。  


Posted by 飯野健二 at 05:34Comments(0)車相乗り notteco

2018年07月20日

7/24(火)、西原村復興支援・福岡市での海水浴イベント



 【西原村復興支援・福岡市での海水浴イベント】

 被災地支援を続けている田中清昭さん( https://www.facebook.com/kiyoaki.tanaka.18 )から。
 「夏だ!海だ!肉だ!海水浴に行こう!」のfacebook ページから。https://www.facebook.com/teamtanakaya2016kaisuiyoku/photos/a.1594167360881380.1073741829.1586259611672155/1889289741369139/?type=3&theater
 今回の豪雨災害では、倉敷市吉備町に物資支援に。

 7月18日(水)の投稿 
 https://www.facebook.com/kiyoaki.tanaka.18/posts/1349726055131143

 以下、facebook の投稿です。

 イベントまであと一週間です。
 熊本県西原村の子供達はなんと膨れて31名になりました。
 当日は朝5時出発で西原村に伺います 
 7時30分には西原村出発します。
 福岡志賀島到着は10時30分の予定です。

 11時ごろ着替えて とりあいず海に!!(バナナボードあり)
 12時過ぎに帰って来て バーベキューとカレー かき氷。
 13時ごろ イベントのマジックショーです。(バナナボードあり)
 14時頃もう一回海で遊んで集合写真。
 15時志賀島出発
 18時ごろ西原村に到着。

 西原村から総勢 40名ほどこられる予定です。
 福岡のスタッフは60名ほどです。
 遠くは福島 北海道 気仙沼 鹿児島 千葉 大阪 宮崎 唐津 広島 と各地ばらばらですが 思いは一緒です。
一緒に遊びましょう。
 当日参加もokです。

 田中屋からバスが出ます 
 1便 8時出発 開場設営部隊 3台
 マイクロバス 8時30分発 マイクロバスはまだ乗れます。

 大人 3000円
 子供 1000円
 後は要らんです。
 募金も受け付けてます。

 福岡中央銀行 志免支店 
 普通口座 1095244
 たなかきよあき まで

 子供達に楽しい思い出を作ってあげたくて企画して3年目。
 毎年どこかで災害があっているこの世の中。
 犠牲になっているのはいつも、子供達。
 普通に過ごせる夏休みを取り戻してあげたくて普通でいいんです。何も特別な事はしなくていいと。
 海に行けない子供達にプレゼントしてあげたくて。
 皆様のご協力があって3年続いております。
 東峰村の子供達も誘いたかったけど また今度の雨で土砂が入り込んでいます。
 なかなかチャンスがありません。
 まだまだかかるんでしょう。
 東峰村には 21日農業土砂撤去ボランティアに須恵高校の生徒をお連れして マイクロバスで伺います。
 まだそんな段階です。

 どんなことがあっても 来年もします。
  


2018年07月19日

広島県災害ボラセンアクセス・安芸郡坂町(さかちょう)




 【広島県災害ボラセンアクセス】
 【安芸郡坂町(さかちょう)】

 facebook が、メインの発信 https://www.facebook.com/sakachovc/
 社会福祉協議会のHPより http://www.town.saka.lg.jp/kurashi/katsudou/post_303.html

 facebook の投稿の一部より
 SOSの声はたくさん寄せられており,現状では時間を早めてボランティア募集を締め切ることはありません。
 また,県内・県外問わず広く参加を募集しています
 ぜひとも皆さまのご支援をお願いします!!

 【住所】 坂町社会福祉協議会1階アセンブリーホール(安芸郡坂町平成ヶ浜一丁目3番19号)
 【駐車場】 平成ヶ浜中央公園(安芸郡坂町平成ヶ浜五丁目)


 なお、土・日曜日は、坂中学校グラウンド(安芸郡坂町横浜中央一丁目6番57号)も駐車場としてご利用いただけます。(7月21日~8月26日まで)

 【車で来るとき】
 広島呉道路で坂北インター、または、国道31号で海田町より南下

 【公共交通機関】
 広島駅から坂町駅まで、JR西日本の代行バスが、7月21日(土)からあります。午前6時半から、30分~1時間置きです。
 詳しいレポートは、こちら。
 http://isindaihyou.yoka-yoka.jp/e2048959.html 

 
 国道31号、総頭橋から、真ん中の奥の2F建ての建物  


2018年07月18日

JA筑前あさくら農業ボランティアセンター活動再開



 【JA筑前あさくら農業ボランティアセンター活動再開】
 6月9日( https://www.facebook.com/JAasakuraVC/posts/185651165426993 )で、活動休止していたんですが、今回の豪雨災害により、再開します。
 高速の朝倉インターから、歩いて3分のところにあります。もちろん、車でも。
 アクセス方法は、以前、高校生の後輩を連れて行ったときのブログに書いています。http://isindaihyou.yoka-yoka.jp/e2014744.html

 以下、facebook からです。
 https://www.facebook.com/notes/ja%E7%AD%91%E5%89%8D%E3%81%82%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89%E8%BE%B2%E6%A5%AD%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/%E5%BD%93%E9%9D%A2%E3%81%AE%E6%B4%BB%E5%8B%95%E4%BA%88%E5%AE%9A%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/211859942806115/

 当センターにつきましては、7月20日(金)より再開し、以下のとおりで活動を行う予定としております。(8月10日(金)・11日(土)・17日(金)・18日(土)の活動は行いません。)
  7月20日(金)
  7月21日(土)
  7月27日(金)
  7月28日(土)
  8月 3日(金)
  8月 4日(土)
 以降の活動につきましては、未定となっております。日程が決まり次第、当フェイスブックにおいて、ご連絡いたします。
 ボランティアセンターに関するお問い合わせにつきましては、電話:0946‐23‐8601まで、お願いいたします。

 申し込み方法など
 https://www.facebook.com/JAasakuraVC/posts/130511477607629
   


Posted by 飯野健二 at 06:18Comments(0)朝倉市

2018年07月16日

7月15日(日)、西日本豪雨災害支援ひろしまネットワーク会議




 7月15日(日)に、西日本豪雨災害支援ひろしまネットワーク会議に参加してきました。
 http://jvoad.jp/blog/news/7%E6%9C%8815%E6%97%A5%EF%BC%88%E6%97%A5%EF%BC%89%E8%A5%BF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%B1%AA%E9%9B%A8%E7%81%BD%E5%AE%B3%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%97%E3%81%BE%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88/

 次回より、「平成30年7月豪雨災害支援ひろしまネットワーク会議」に名称を変更します。

 次回は、広島市ではなく、東部で。7/18(水)予定。

 次々回は、広島市で。7/23(月)予定。

 以下、昨日の会議で、気になったことを並べます。

 ・複数の方から、土のう袋が足らないと要望が。
  どこかにストックヤードみたいなものを作り、取りに行く形にできないか?

 ・広島市南区を支援している方から、重機が入ることができない箇所が多いので、一輪車の数が足らない。なんとかしてほしい。

 ・呉市の支援をしている方から
  重機も人手も足りない。
  被災者が被災者を支援しているのが現状
  くれ災害ボランティアセンター facebook
  https://www.facebook.com/kuresaigai/

 ・広島県より
  避難所で、クーラーのない又は稼動していない施設には全て設置するとの方針で、国へのクーラーの設置を以来
  経済産業省の支援により、11日から、要望のある避難所にパーテーション・段ボールベッドを配布

 ・広島市より
  ボランティアの人数の過不足がある。中山間地域の竹原地区へのボランティアが少ない。

 ・坂町
  兵庫県立大学の阪本真由美先生( https://www.facebook.com/sakamoto.mayumi.9 )より、避難所改善のための会議をしている。また、避難所運営の支援に学生やボランティアを入れている。

 ・東広島市
  高校生災害復興支援ボランティア派遣隊( https://www.facebook.com/makasensai/ )の日上雅義先生より。
  高校生などによる、広島風お好み焼きの炊き出しを東広島から始める。要望があれば、順番に、炊き出しに行く予定。

 ・ピースウィンズ・ジャパン( http://peace-winds.org/ https://www.facebook.com/PWJPublicRelations/ )さんより。
  民間主導の緊急災害対応アライアンス「SEMA」で、避難所に「マットレス、ポリタンク、衣類、お茶など」を支援
  SEMAのヤフー株式会社によるプレスリリース https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2017/08/31b/

 ・坂町小屋浦地区の避難所に、内閣府よりプッシュ型の支援として、パーティションがきたが、地元の方から、この地区にはそぐわないということで、一部は着替え所などに使用して、大多数は返却予定。

 ・「避難所で食べ物を配っていたら、在宅の人が、たくさん取りに来られて困っている。」との相談に対して、「東北大震災の時に、同様の問題が生じたが、在宅の方たちに配るのをやめると、本当に困っている人にも行かなくなるので、大目にみてほしい。」との解答あり。

 ・在宅の方がお弁当を取りに来たので、様子を聞いたところ、被災後、ハミガキをしていないとのこと。
  高齢者の口腔ケアが心配だが、訪問できる保健士の手が足らない。


 
  
     


2018年07月15日

7月15日(日)西日本豪雨災害支援ひろしまネットワーク会議



 7月15日(日)西日本豪雨災害支援ひろしまネットワーク会議開催のご案内

 兵庫県立大学の阪本真由美先生( https://www.facebook.com/sakamoto.mayumi.9 )からです。

 https://www.facebook.com/sakamoto.mayumi.9/posts/10214417339780608

 以下、阪本先生の、facebook の投稿からです。

 広島県におきまして、平成30年7月豪雨に対する被害についての第2回目の情報共有会議が行われます。
 被災地への支援で現地入りされている支援団体の皆様はぜひ、ご参加いただきたく、下記の通りご案内いたします。

 【日 時】7月15日(日)18:30~20:30
 【会 場】広島市総合福祉センターホールC
 ( 広島県広島市南区松原町5-1 BIG FRONTひろしま5階 )
 https://shakyo-hiroshima.jp/riyou/index.html



 【参 加】広島県(地域福祉課、県民活動課)、広島県社会福祉協議会
 広島市(危機管理課、市民活動推進課)、広島市社会福祉協議会
 災害支援活動を予定している県内外のNPO/NGO等

 【問い合わせ】
 ひろしまNPOセンター松原裕樹090-5690-4478
 JVOAD明城徹也090-2039-8336

 参考 JVOADからの案内
 http://jvoad.jp/blog/news/7%E6%9C%8815%E6%97%A5%EF%BC%88%E6%97%A5%EF%BC%89%E8%A5%BF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%B1%AA%E9%9B%A8%E7%81%BD%E5%AE%B3%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%97%E3%81%BE%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88/
  


2018年07月14日

第2回、西日本豪雨災害支援ひろしまネットワーク会議





 【西日本豪雨災害支援ひろしまネットワーク会議(第2回)】
 ひろしまNPOセンターの松原祐樹さん( https://www.facebook.com/hiroki.matsubara.1021 )からです。
 「ネットワークの次回会議は7/15(日)で場所は広島市内(広島駅前の市社協)を予定しています。」とのことです。
 私も、参加予定です。よろしくお願いします。

 https://www.facebook.com/hiroki.matsubara.1021/posts/1319559351512881
 以下、松原さんのfacebok の投稿です。

 西日本豪雨災害支援ひろしまネットワーク会議(第1回)

 7月11日(水)に開催、災害支援活動を行っている県内外のNPO/NGOや関係機関など50団体60名に参加いただきました。
 次回は7月15日(日)夜の時間帯を予定していて、第3回以降は県東部での開催も視野に考えています。
 時間がない中での貴重な情報共有、皆さんありがとうございました!  


2018年07月13日

久留米市災害ボランティア情報



 金曜日は、団体で充足できているので、個人の受付はなしです。土曜日以降のことは、金曜日の午後に、発表予定。

 以下、KBCの長岡大雅さんのtwitter から。
 https://twitter.com/road2tiger/status/1016893818212192256
 久留米市災害ボランティアセンター活動1日目。お昼休憩中です。北野地区の復旧のお手伝い。非常に気温が高いです。熱中症に気を付けながら、家財の清掃作業を中心に行っています。女性の方でも力仕事以外の作業は沢山あります。詳しくは社会福祉協議会かボランティアセンターのHPを覗いてください! 

 久留米市社会福祉協議会
 HP http://www.heartful-volunteer.net/kurume-svc_kunren20180709
 twitter https://twitter.com/KurumeSaigaiVC   


2018年07月12日

【平成30年7月豪雨】避難生活地で必要となる参考情報やWebサイト集(日本財団CANPAN調べ)



【2018水害・有効情報】
 山田泰久さん( https://www.facebook.com/yamadamay )からです。
 以下、山田さんの投稿の一部です。
 豪雨水害について、第3弾のまとめです。
 被災地において、今後の避難生活や復旧・復興などの情報やWebサイトをまとめています。特に、子どもや高齢者、障害者など、配慮が必要な人のための避難生活に参考になる情報もまとめています。

 http://blog.canpan.info/cpforum/archive/1454

 以下、長くなりますが、引用します。

 平成30年7月西日本豪雨による被災地において、今後の避難生活や復旧・復興などの情報やWebサイトをまとめています。特に、子どもや高齢者、障害者など、配慮が必要な人のための避難生活に参考になる情報もまとめています。
こういった情報を必要としている、より多くの方に情報をお届けできればと願っています。
なお、災害発生時の情報から大幅に情報を変更しています。
 【2018年7月11日(水)17:00追加】
 平成30年7月豪雨避難生活地で必要となる参考情報やWebサイト集.png
 ★ここに記載している情報以外に、NPOによる救援活動・ボランティア活動に関する情報を以下にまとめています。
 平成30年7月豪雨 NPOによる救援活動・ボランティア活動に関する情報【日本財団CANPAN】
 http://blog.canpan.info/cpforum/archive/1451

 <目次>
 1.水害や災害に備えるマニュアル、避難生活のマニュアル等
 2.被災された方への参考情報
 3.企業等による、被災者への直接的な支援活動
 4.省庁やメディアによる情報
 5.西日本の道路情報
 6.災害ボランティア
 7.配慮が必要な人のための避難生活に関する参考情報
  ・避難所や避難生活全般
  ・避難者の医療
  ・障害者
  ・子ども・妊産婦
  ・LGBT
  ・アレルギー・糖尿病
  ・女性
  ・外国人
  ・心のケア
  ・その他全般
 8.その他参考情報
  ・災害時に使えるアプリリストのメモ

 1.水害や災害に備えるマニュアル、避難生活のマニュアル等
 ◎「水害にあったときに」~浸水被害からの生活再建の手引き~
 本手引きは、毎年のように頻発する水害にあった被災者の生活再建を応援する、というコンセプトとして、過去の水害被災地への支援経験をもとに作成しました。
 作成には、実際に被災した方の他、弁護士、行政職員、社会福祉協議会など、多様な方々の協力をいただきました。 また、実際に支援活動を行った多くの
 震つな会員も関わり、完成するに至りました。
 チラシでは、水害被害にあった際の必要最低限の情報を掲載しています。
 チラシ版は以下よりダウンロード可能となっております。
 (震災がつなぐ全国ネットワーク)
 http://blog.canpan.info/shintsuna/archive/1420

 ※BuzzFeedニュースで、サイト版で見やすいように掲載されています。
 「水害にあったら、どうすればいい?」 このチラシが、とてもわかりやすい
 https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/shintsuna-suigai?utm_term=.qnWrBLWav#.aceZoYx6m

 ※英語バージョン(西日本豪雨災害 支援コミュニティより)
 https://docs.google.com/document/d/1ctC8jvNIP7uy-imE2VMxucA_maHpmHmQwVMlO1Oe05A/edit

 ◎『豪雨災害に備えるガイドブック』を公開
 災害発生時、避難生活、生活再建 常総市の被災者の取り組みから、「平成27年9月関東・東北豪雨」の常総での水害経験、また被災者支援活動の経験を活かし、『豪雨災害に備えるガイドブック』を作成しました。
 このガイドに掲載した常総市での経験と教訓が、他の地域のみなさんの災害への備えの参考になれば幸いです。
 (認定NPO法人茨城NPOセンター・コモンズ)
 http://www.npocommons.org/topics/suigai-guide.html

 ◎災害ボランティア・ハンドブック 
 ボランティア活動をするには、受け入れるには
 4年前の広島市豪雨災害を含むこれまでの経験が蓄積された一冊です。
 (広島市・広島市社会福祉協議会)
 https://shakyo-hiroshima.jp/vol/pdf/saigai_handbook.pdf

 ◎生活再建の支援情報|災害に見舞われたとき、また万一のときの備えとして
 →震災リゲインプレス 号外(20017/7/31)「九州豪雨生活再建情報」
 http://shinsairegain.jp/seikatsu_saiken/
 2017年7月に発生した九州豪雨の際に、震災リゲインプレスでが、生活再建情報をまとめて掲載した号外(2017年7月31日付発行)です。

 ◎水害の時に、家の後片付けを行う時の作業マニュアル
 水害でボランティア作業を行うためのノウハウが盛りだくさん。
 作業をする格好から、あると便利な道具まで必見の1枚です。
 なお、水害ボランティア向けとなっていますが、被災地で住民自身が片付けする際にも参考になる情報です。
 (レスキュー・ストック・ヤードのHPより)
 http://rsy-nagoya.com/volunteer/image/suigai-manual.pdf

 ◎災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~
 (首相官邸)
 https://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html

 ◎東京防災
 「東京の地域特性や都市構造、都民のライフスタイルなどを考慮し、災害に対する事前の備えや発災時の対処法など、今すぐ活用でき、
 いざというときにも役立つ情報を分かりやすくまとめた完全東京仕様の防災ブック」ということですが、水害の情報も詳しく載っているそうです。
 http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2015/08/20p8l300.htm

 ◎トクする!防災
 (日本気象協会)
 https://tokusuru-bosai.jp/index.html

 ◎TOTO
 断水時のトイレの使用(洗浄方法)について
 https://jp.toto.com/support/emergency/dansui_teiden/dansui.htm

 ◎うんちはすごい(NPO法人日本トイレ研究所 代表理事のブログ)
 災害時のトイレ対策 5つのポイント
 https://note.mu/unsugo/n/n5130ca25a3b3

 ◎写真やフィルムが水をかぶった場合の対処法
 Fujifilm / 富士フイルム Facebookページより転載
 https://www.facebook.com/FujifilmJapan
 もし写真プリントやフィルムが水や泥をかぶってしまっても、あきらめないでください。すみやかに適切な処理をすれば、写真の劣化を最小限に抑えることができます。写真・アルバムの状況に応じた適切な対処法について、以下のWEBサイトや動画でご紹介しています。ご家庭でも行うことができますので、どうぞご参考にしてみてください。
 ▼被害を受けた写真・アルバムに関する対処法(総合ページ)
 https://goo.gl/6FqQW5
 ▼対処法に関する動画
 https://goo.gl/YH17uv

 2.被災された方への参考情報
 ◎岡山弁護士会
 豪雨災害に関する無料法律相談の実施について
 HP:http://www.okaben.or.jp/
 FB:https://www.facebook.com/tasuppi
 被災者支援チェックリストをご活用ください(お知らせ)
 http://www.okaben.or.jp/news/index.php?c=topics_view&pk=1531201790

 ◎広島弁護士会
 豪雨災害に関連する相談料を無料にいたします
 HP: https://www.hiroben.or.jp/soudan_top.html
 FB:https://www.facebook.com/hiroshimabengoshikai/

 ◎愛媛弁護士会
 7月17日により電話による無料相談を実施
 http://www.ehime-ben.or.jp/

 ◎各県警察のFacebookページ
 不審者情報やSNS上のデマなどに関する話題提供
 岡山県警察
 https://www.facebook.com/okayamapolice/
 広島県警察
 https://www.facebook.com/HP.maplekun/
 愛媛県警察
 https://www.facebook.com/ehimepolice/

 ◎生命保険について
 災害救助法適用地域の特別取扱いについて
 (高知県・鳥取県・広島県・岡山県・京都府・兵庫県・愛媛県・岐阜県)
 (生命保険協会)
 http://www.seiho.or.jp/info/news/2018/20180707.html

 ◎JAF
 クルマが冠水・浸水してしまったら?
 http://qa.jaf.or.jp/trouble/disaster/08.htm
 水害発生時の避難行動
 http://www.jaf.or.jp/bousai/flood.htm

 ◎豪雨被災地で災害時無料Wi-Fiを開放 誰でも使えるその方法は?
 (BuzzFeed News)
 https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/00000japan?utm_term=.pq1Xd2pnL#.tmj6Ra0dm

 ◎被災地の給水所マップ
 給水MAP、広島・愛媛・岡山県のそれぞれ作りました
 ■広島県給水所
  http://bit.ly/kyusui_hiroshima
 ■愛媛県給水所
  http://bit.ly/kyusui_ehime
 ■岡山県給水所
  http://bit.ly/kyusui_okayama
 ※Youth Action for Disaster 山口春菜さん(@paruparu0723)のTwitterから
  https://twitter.com/paruparu0723

 ◎入浴施設MAP、広島・岡山・愛媛県
 大丸2︎広島県
  http://bit.ly/hiroshimabath
 大丸2︎岡山県
  http://bit.ly/okayamabath
 大丸2︎愛媛県
  http://bit.ly/ehimebath
 ※こちらも、山口春菜さんのTwitterから転載しています。

 ◎うちかど助産院 (岡山県倉敷市)
 https://www.facebook.com/ucchi.mw/
 →岡山県助産師会による支援活動

 ◎尾道豪雨災害
 尾道市のお風呂情報や飲食店情報など、避難生活に参考になる情報を各種更新中
 https://onomichi-miho.com/omoi/

 ◎豪雨災害情報​<広島県三原市>
 https://reminiscenet.wixsite.com/miharasaigai

 ◎防衛省
 http://www.mod.go.jp/
 平成30年7月豪雨に係る自衛隊の災害派遣について
 http://www.mod.go.jp/j/approach/defense/saigai/h30_ooame/index.html

 ◎防衛省 海上自衛隊
 【呉地方総監部からお知らせ】艦艇等による入浴支援・飲料水の支援について。
 https://www.facebook.com/JMSDF.PAO.fp/photos/a.161923763869350.40583.161912430537150/1889824537745922/?type=3&theater

 3.企業等による、被災者への直接的な支援活動
 ◎両備ストアカンパニー
 被災されたお客様が、現金をお持ちいただかなくても、連絡先等をご記入頂く事により商品を販売できる様に致します。
 ※上限1万円までとさせていただきます。
 https://ryobi-store.jp/%E3%81%93%E3%81%AE%E5%BA%A6%E3%81%AE%E5%A4%A7%E9%9B%A8%E3%81%A7%E8%A2%AB%E7%81%BD%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%8A%E5%AE%A2%E6%A7%98%E3%81%B8/

 ◎オンラインカウンセリングサービス cotree
 【オンラインカウンセリングを無料提供いたします】
 西日本豪雨で被害を受けた方とそのご家族、被災地の支援に携わる方に、無料でカウンセリングをご利用いただける仕組みを準備しました。
 https://note.mu/marisakura/n/n9ef7931224f0

 ◎医療相談アプリ LEBER
 【西日本豪雨で被災された皆様へ:無料で医師に相談ができます】
 https://leber11.com/
 ※バナーの「西日本サポート」をご覧ください。
 ※あるいは、以下のFacebookページの投稿をご覧ください。
 https://www.facebook.com/story.php?story_fbid=268810183887829&id=179565106145671

 ◎RSUPPORT(アールサポート)株式会社
 西日本豪雨におけるBCP(事業継続)対策に向け、リモートサービスを無償で提供
 https://www.rsupport.com/ja-jp/community/news/notice/bcp_nishinihon_2018/

 ◎軒先パーキング
 西日本豪雨被災地周辺の駐車場を無料提供
 https://parking.nokisaki.com/topics/view/84

 ◎パソコンドック24
 平成30年7月豪雨により被害にあわれたみなさまへ
 特別修理サービスについて
 水濡れしたパソコンの対処について
 各パソコンメーカーのサポートページ
 https://www.pcdock24.com/company/information20180709.html

 ◎株式会社アドバンスドテクノロジー
 西日本豪雨災害で浸水被害を受けられた皆様方へデータ復旧の技術を無料で提供いたします。
 https://www.value-press.com/pressrelease/204466

 ◎株式会社 リプラス
 西日本豪雨の被害に遭われた皆様をお救いするためデータ復旧サービスを10GB無償もしくはクラウドサービス「TENMA」利用容量最大100GBを無償で提供
 http://www.data-okayama.com/lp/saigai_gou/index.html

 ◎株式会社ワクテク(7/11追加)
 豪雨被害支援、女性専用オンラインヨガ『SOELU(ソエル)』がライブ動画レッスンを無償開放。ママ&キッズの運動プログラムも提供。避難所からの大画面レッスン要請も歓迎
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000010661.html

 ◎メガネスーパー(7/11追加)
 広島県「フジクラン広島店」「ゆめタウン東広島店」での、以下の緊急支援活動を実施
  メガネの無料調整&無料修理(他社商品も受けたまります)
  出来合いの老眼鏡の無償提供
  コンタクトレンズの緊急用無料配布(使い捨てコンタクトレンズ)
  コンタクトレンズケア用品の緊急用無料配布
  補聴器用空気電池の無料配布(ご使用器種に応じて1パック)
 https://www.meganesuper.co.jp/wp-content/uploads/2018/07/20180711-hiroshima_sien.pdf

 ◎株式会社タウ(7/11追加)
 損害車買取シェアNo.1のタウ 西日本を中心に発生した豪雨災害を受け、新たに「被災地復旧支援チーム」を発足
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000024938.html

 ◎日本PCサービス株式会(7/11追加)
 <西日本豪雨 復旧支援> 水濡れ等で壊れた データの復旧作業を半額で
 【期間:2018年9月末まで】 ※郵送のみ
 https://www.atpress.ne.jp/news/161032

 ◎株式会社カーセブンディベロプメント(7/11追加)
 西日本豪雨災害への車に関する支援について
 https://www.atpress.ne.jp/news/160977

 4.省庁やメディアによる情報
 ◎内閣府防災情報のページ
 http://www.bousai.go.jp/

 ◎気象庁
 http://www.jma.go.jp/jma/index.html

 ◎平成30年台風第7号及び前線等 クライシスレスポンスサイト
 (国立研究開発法人 防災科学技術研究所 自然災害情報室)
 http://crs.bosai.go.jp/DynamicCRS/index.html?appid=3ab51465efc8429789b3edcdb42a59bf

 ◎国立研究開発法人 防災科学技術研究所 自然災害情報室
 http://dil.bosai.go.jp/

 ◎国土交通省 川の防災情報
 PC版 http://www.river.go.jp/kawabou/ipTopGaikyo.do
 スマホ版 https://www.river.go.jp/s/xmn0105010/

 ◎山陽新聞デジタル
 大雨に伴いさんデジ無料開放
 http://www.sanyonews.jp/article/746198/1/

 ◎ジャーナリスト/NPO法人「8bitNews」代表 堀 潤さん
 Twitterアカウント @8bit_HORIJUN
 https://twitter.com/8bit_horijun
 Facebookアカウント
 https://www.facebook.com/HORIJUN

 ◎NHK各地域災害情報
 http://www5.nhk.or.jp/saigai/
 
 ◎NHK NEWS WEB EASY
 外国人(がいこくじん)の皆(みな)さんや、小学生(しょうがくせい)・中学生(ちゅうがくせい)の皆(みな)さんのために、わかりやすいことばで、ニュースを伝(つた)えます。
 https://www3.nhk.or.jp/news/easy/article/disaster_rain.html

 ◎NHK 災害時障害者のためのサイト
 http://www6.nhk.or.jp/heart-net/special/saigai/index.html

 ◎Yahoo! 【豪雨の被害にあった方へ】避難と生活情報
 https://news.yahoo.co.jp/story/1009

 ◎Yahoo!天気・災害トップ > 避難情報
 https://crisis.yahoo.co.jp/evacuation/

 ◎Yahoo!天気・災害トップ
 https://weather.yahoo.co.jp/weather/

 5.西日本の道路情報
 ◎NEXCO西日本
 http://www.w-nexco.co.jp/

 ◎トヨタ 通れたマップ
 https://www.toyota.co.jp/jpn/auto/passable_route/map/

 ◎Yahoo!地図 道路通行実績情報
 https://map.yahoo.co.jp/maps?layer=in&v=3&lat=35.0340328&lon=133.534338&z=8&home=off

 ◎2018年7月豪雨 通行実績マップ
 社会基盤情報流通推進協議会(AIGID)では、パイオニア社の通行実績データを使用し、2018年7月5日から1日毎の通行実績マップを作成しました。
 https://www.geospatial.jp/ckan/dataset/201807-rain

 6.災害ボランティア
 災害ボランティアを考えている方は、各自治体の社会福祉協議会のサイト上で、ボランティア募集を行っているかどうかを確認してください。
また、現場での負担軽減のためにも電話等でのお問い合わせにはくれぐれもご配慮ください。

 ◎全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
 http://www.saigaivc.com/
 ※その他に、被災地の社会福祉協議会やボランティアセンターで情報発信を行っています。

 ◎震災がつなぐ全国ネットワーク(震つな)
 http://blog.canpan.info/shintsuna/

 ◎全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(通称:JVOAD)
 http://jvoad.jp/

 ◎東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)
 支援活動に関わる各種ガイドライン
 http://www.jpn-civil.net/2014/archive/guideline/

 ◎震災インフォ(Web)
 https://www.gensaiinfo.com/

 ◎減災インフォ Twitter
 https://twitter.com/gensaiinfo

 ◎NHK生活・防災 Twitter
 https://twitter.com/nhk_seikatsu

 7.配慮が必要な人のための避難生活に関する参考情報
 配慮が必要な人のための避難生活の際に、参考になる情報を主にFacebook上で、収集したものをこちらにまとめました。その他にも参考になるような情報も掲載しています。
 
 <避難所や避難生活全般>
 ◎災害関連死防止ポスター&解説冊子
 http://blog.canpan.info/shintsuna/archive/1395
 震災がつなぐ全国ネットワーク

 ◎事例を通して学ぶ 避難所・仮設住宅の看護ケア(震災関連書籍の無料公開)
 http://jnapcdc.com/info/kumamoto/
 株式会社日本看護協会出版会

 ◎豊田市コミュニケーション支援ボード(災害版)
 http://www.city.toyota.aichi.jp/kurashi/fukushi/shougaisha/1003215/1013053.html
 このボードは、知的障がい・発達障がいのある人、聴覚や言語に障がいのある人、外国人など言語によるコミュニケーションが難しい人と、イラストの指さしや筆記によって意思疎通を図るものです

 ◎災害時の健康・栄養について
 http://www0.nih.go.jp/eiken/info/info_saigai.html
 独立行政法人国立健康・栄養研究所

 ◎「命とくらしを守る避難所運営ガイドライン」 ~地域にくらす多様な人々にとって、安心・安全な避難所~(NPO法人参画プランニング・いわて)
 http://www.sankaku-npo.jp/2015/02/25/%E3%80%8C%E5%91%BD%E3%81%A8%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%97%E3%82%92%E5%AE%88%E3%82%8B%E9%81%BF%E9%9B%A3%E6%89%80%E9%81%8B%E5%96%B6%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%80%8D-%EF%BD%9E/

 ◎熊本地震被災者を対象にした各種情報(首相官邸Webサイト)
 ※他の災害でも参考になる情報がまとめて掲載されています
 http://www.kantei.go.jp/jp/headline/saigai/kumamoto_hisai.html

 ◎避難所における感染対策マニュアル等
 http://www.kansensho.or.jp/disaster/disaster_con.html
 日本感染症学会

 <避難者の医療>
 ◎自然災害発生時における 医療支援活動マニュアル
 http://www.nagaoka-med.or.jp/shizen_manual200510/02mokuji.html
 平成16 年度 厚生労働科学研究費補助金 特別研究事業
 「新潟県中越地震を踏まえた保健医療における対応・体制に関する調査研究」 

 ◎日本透析医会 災害情報時ネットワーク
 https://www.saigai-touseki.net/
 
 ◎自然災害発生後のがん対処法~がん患者と介護者のためのQ&A
 http://www.teamoncology.com/disaster/
 チームオンコロジー

 ◎大規模災害に対する備え
 がん治療・在宅医療・緩和ケアを受けている患者さんとご家族へ-普段からできることと災害時の対応-
 http://ganjoho.jp/public/support/brochure/disaster_care_manual.html
 がん情報サービス

 <障害者>
 ◎災害時における障害のある子どもへの配慮
 http://www.nise.go.jp/cms/7,6507,70,272.html
 独立行政法人国立特別支援教育総合研究所

 ◎災害時の発達障害児・者支援について
 国立障害者リハビリテーションセンター・発達障害情報・支援センター
http://www.rehab.go.jp/ddis/%E7%81%BD%E5%AE%B3%E6%99%82%E3%81%AE%E7%99%BA%E9%81%94%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E5%85%90%E3%83%BB%E8%80%85%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

 ◎自閉症の人たちのための防災ハンドブック
 http://www.autism.or.jp/bousai/bousai-hb-siensyayou.pdf
 日本自閉症協会

 ◎避難所で重要な3つのポイント
 ~災害時に支援が必要になる自閉症・発達障害児者の保護者・支援者の皆さんに~
 http://bouzan-note.com/jiha/3765.html
  自閉症教育・支援フレームワーク/水野敦之オフィシャルサイト

 ◎【災害支援にあたられる方へ】発達障害のあるお子さまのサポートについて
 https://h-navi.jp/column/article/659
 LITALICO(リタリコ)発達ナビ

 ◎東日本大震災・支援者/支援事業所向け制度活用ガイド
 http://www.karuizawa.ne.jp/~tanto/saigai/
 ※福祉関係のお仕事をされている又村あおいさんがが東日本大震災のときに国から発出された各種の特例的な取扱いなどについてまとめたサイトです。

 ◎聴覚障害者 災害時初動・安否確認マニュアル
 http://www.jfd.or.jp/saigai/shodou-anpi
 全日本ろうあ連盟

 ◎聴覚障害者災害救援中央本部の活動
 http://www.jfd.or.jp/saigai
 全日本ろうあ連盟

 ◎聴覚障害者の災害時に困ることって?パラパラ漫画(Youtube)
 https://www.youtube.com/watch?v=2NzPcPnHooc
 NPO法人MAMIE

 ◎避難所での聴覚障害者
 http://tyokakusyogai.hatenablog.com/entry/2016/02/05/233816
 ブログ「でふわーるど」

 ◎避難所等に避難されている盲ろう者の方へのご配慮のお願い
 http://www.jdba.or.jp/disaster/attention.html
 社会福祉法人 全国盲ろう者協会

 ◎てんかんホットラインは
 http://www.shizuokamind.org/contact-address/#c3
 独立行政法人国立病院機構 静岡てんかん・神経医療センター

 ◎波の会 災害対応ガイド(PDF)
 http://www.jea-net.jp/files/use_saigai.pdf
 日本てんかん協会

 <子ども・妊産婦>
 ◎豪雨の影響を受けている地域で、子どもと関わる大人の皆さまへ
 ―緊急下の子どものこころのケア
 http://www.savechildren.or.jp/lp/pfa/
 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

 ◎チャイルドライン支援センター
 チャイルドラインはフリーダイヤルのシステムで全国がつながっています。
 今週は12日木曜日にオンラインチャットでの相談も受け付けます。
 【電話】0120-997777
 http://childline.or.jp/tel
 【チャット】(木曜日または金曜日に実施しています)
 http://www.childline.or.jp/chat/
 https://www.facebook.com/childlinejapan/

 ◎日本ユニセフ協会
 https://www.facebook.com/unicefinjapan/
 災害時の子どもたちの心のケア 4つのポイント
 1. 「安心感」を与える
 2. 「日常」を取り戻すことを助ける
 3. 被災地の映像を繰り返し見せない
 4. 子どもは自ら回復する力があることを理解し、見守る
 https://www.unicef.or.jp/kokoro/
 子どもたちの心のケア支援の手法を、東日本大震災の被災地の経験を元にまとめた
 「子どもにやさしい空間」ガイドブック
 http://www.unicef.or.jp/kinkyu/japan/pdf/cfs.pdf

 ◎子どものこころのケア
 http://www.j-hits.org/child/index.html
 兵庫県こころのケアセンター

 ◎妊産婦を守る情報共有マニュアル(一般・避難所運営者向け)
 災害時妊産婦情報共有マニュアル(保健・医療関係者向け)
 http://www.megabank.tohoku.ac.jp/news/14985
 東北大学 東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)

 ◎避難所運営の手引き 男女共同参画の視点を取り入れて
 http://gdrr.org/2016/04/708/
 減災と男女共同参画 研修推進センター

 ◎妊婦・産婦・乳幼児とその家族も配慮が必要です!
 http://hisaimama.hatenablog.com/entry/youhairyosha
 ※お子さまを連れて平成27年関東・東北豪雨による被災経験をされた方のブログ記事です。便利グッツなどが紹介されています。

 ◎震災後に役立つものイラスト
 http://kando1.net/4268
 ナベアオミ ※被災の経験のある方のイラストです。

 <LGBT>
 ◎災害とLGBT(性的少数者)
 http://dp34312797.lolipop.jp/saigai
 虹色ダイバーシティより情報提供

 <アレルギー・糖尿病>
 ◎西日本広域豪雨災害で被災された皆様へお見舞いと「相談窓口」のご案内
 http://www.jspaci.jp/modules/membership/index.php?page=article&storyid=256
 日本小児アレルギー学会

 ◎NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
 http://www.atopicco.org/

 <女性>
 ◎女性のための「災害に備えておきたいものリスト」
 http://bosai-girl.com/2016/04/16/girlbosai/
 防災ガール

 ◎『こんな支援が欲しかった!~現場に学ぶ、女性と多様なニーズに配慮した災害支援事例集』
 http://risetogetherjp.org/?p=2189
 東日本大震災女性支援ネットワーク

 ◎災害支援ツールの公開(2014年8月の西日本における土砂災害にあたって)災害時の被災者ニーズに関する聞き取りシート(2種)& 支援者のためのチェックシート
 http://gdrr.org/2014/08/237/
 減災と男女共同参画 研修推進センター

 ◎震災後の性暴力
 http://shiawasenamida.org/m03_07
 NPO法人しあわせなみだ

 <外国人>
 ◎今回の降雨に対して多言語情報等を行っている団体等の紹介
 https://www.npotabumane.com/
 多文化共生マネージャー全国協議会

 ◎日本滞在の外国人向け多言語防災ビデオ
 http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/hobby_cooking_life/pe09028ec4fac4fcac59561591ffa6b32
 大地震は日本滞在中の外国人にとっても脅威。地震の少ない国の人、言葉が分からない人は特に不安なはず。ぜひ身近な外国人に、各国の言語で対処法などを解説したこの防災ビデオを教えてあげてください。※映像は同じ

 ◎すずきともこ研究員 レポート<「災害のときの母乳育児」の各国語翻訳版>
 「災害のときの母乳育児」英語、ポルトガル語、中国語、台湾語、韓国語での翻訳版。
 http://www.kaiboken.com/bonyu-kenkyu/2016/02/post-335.html
 快適母乳生活研究所

 ◎災害時の外国人支援Q&Aマニュアル
 http://www.tokyo-icc.jp/information/howto.html
 東京都国際交流委員会

 ◎気象庁英文ページ
 Weather, Climate & Earthquake Information
 http://www.jma.go.jp/en/week/349.html

 ◎災害時プライマリケア医療情報
 https://sites.google.com/site/linkforprimarycare/
 ネパール語、ベンガル語、シンハラ語などマイナー言語での診療の仕方など。

 ◎減災のための「やさしい日本語」
 http://human.cc.hirosaki-u.ac.jp/kokugo/EJ1a.htm
 弘前大学人文学部社会言語学研究室

 <心のケア>
 ◎サイコロジカル・ファーストエイド実施の手引き第2版
 http://www.j-hits.org/topics/attention.html
 兵庫県こころのケアセンター

 ◎『災害時のこころのケア――被災者・支援者の方へ』(PDF無料公開)
 http://www.eijipress.co.jp/sp/shinsai/
 英治出版

 <その他全般>
 ◎災害支援手帖 臨時公開版
 http://books.kirakusha.com/saigaishien/
 株式会社木楽舎

 ◎認定NPO法人レスキューストックヤード
 物資による支援をする前に(支援物資等を提供する)
 http://rsy-nagoya.com/volunteer/sizai.html

 ◎災害時に情報収集できるWEBソースまとめ(2016年版)
 http://bosai-girl.com/2016/04/16/saigai_web2016/
 防災ガール

 8.その他参考情報
 <災害時に使えるアプリリストのメモ>
 ◎LINE http://official-blog.line.me/ja/archives/54801265.html
 LINE通話なら電話できる可能性高い。

 ◎AbemaTVアプリ https://abema.tv/now-on-air/abema-news
 サイバーエージェントのテレビが見られるアプリ。テレビ朝日のニュースが見られる。

 ◎Twitter
 このリストがおすすめ→ https://twitter.com/bosai_girl/lists/list/members

 ◎NHKラジオ らじる★らじる http://www3.nhk.or.jp/netradio/sp/app.html
 地下鉄内でもNHKのラジオが聞ける
 ※こちらの情報は、防災ガール筒木さんのFacebook投稿からお借りしました。
 防災ガール→http://bosai-girl.com/

 【お問合せ先】
 日本財団CANPANプロジェクト 藤川・山田
 E-mail:canpanforum@canpan.jp
 ※お問合せはメールでお願いします。
   


2018年07月11日

久留米市、災害ボラセン・アクセス




 【久留米市災害ボラセン・アクセス】
 http://www.heartful-volunteer.net/kurume-svc_kunren20180709
 twitter https://twitter.com/KurumeSaigaiVC
 facebook https://www.facebook.com/KurumeSyakyo

 アクセス http://www.heartful-volunteer.net/shiritai/107kyougikai/access/access-kurume

 JR久留米駅から、徒歩20分程度(推測)。
 【バスによるアクセス】
 西鉄久留米駅 六番(佐賀・鳥栖) 40番系統 佐賀第二合同庁舎行き
 西鉄久留米駅→日吉町→六ツ門・シティプラザ前→本町→荘島→縄手→JR久留米駅→梅林寺→総合福祉会館前
 西鉄久留米駅から、バスで12分
 JR久留米駅から、バスで4分 三番(鳥栖・佐賀)

 【車によるアクセス】
 久留米市総合福祉会館第2駐車場
 http://www.heartful-volunteer.net/files/uploads/%E7%AC%AC%EF%BC%92%E9%A7%90%E8%BB%8A%E5%A0%B4%E6%A1%88%E5%86%85.pdf
  


2018年07月10日

飯塚市災害ボランティアセンター、久留米市は11日(水)から、嘉麻市は10日(火)から、ボランティア募集開始。




 福岡県内の災害のボランティアセンター https://www.nvc.pref.fukuoka.lg.jp/news/detail/298
 【久留米市】
 ボランティアの募集は福岡県内の方。 http://www.heartful-volunteer.net/kurume-svc_kunren20180709
 twitter https://twitter.com/KurumeSaigaiVC
 facebook https://www.facebook.com/KurumeSyakyo

 【飯塚市】
 ボランティアは、「飯塚市内及び近隣市町村にお住まいの方」
 災害ボランティセンター facebook https://www.facebook.com/%E9%A3%AF%E5%A1%9A%E5%B8%82%E7%81%BD%E5%AE%B3%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-1822071644573187/    
 社会福祉協議会HP http://www.iizuka-shakyo.net/index/entry/eid/100goo.gl/46NRuX
 (注)参加希望日前日の16時から17時の間で受け付ける前日電話予約制に移行。

 【嘉麻市】
 事前登録制 
 社会福祉協議会 facebook https://www.facebook.com/kama.swc/  


2018年07月10日

2018豪雨災害・広島県呉市



 【2018豪雨災害・広島県呉市】

 2018年7月大雨災害・くれ災害ボランティアセンター( https://www.facebook.com/kuresaigai/ )からです。

 https://www.facebook.com/kuresaigai/photos/a.376118879578453.1073741828.374411046415903/376117392911935/?type=3&theater

 \急募!呉市内・近隣企業の皆様へ/
 活動資機材が絶対的不足状態にあります。
 特に、以下の資機材が大量に必要です。
 【一輪車・スコップ・十能・じょれん・バール】
 ご協力いただける企業様はご連絡ください。
 または直接、呉市役所隣の中央公園の資材置き場に持ち込んでください。
 ※活動中に破損することが考えられますので、可能な限り無償制度でお願いいたします。
 連絡先:くれ災害ボランティアセンター
 kurebora@kuresc.net
 (電話回線準備中)  


Posted by 飯野健二 at 05:40Comments(0)2018水害・広島

2018年07月10日

2018豪雨災害・岡山への支援物資などの情報



 【2018豪雨災害・岡山への支援物資などの情報】

 昨日まで、久留米市のことを優先していましたが、現段階での最優先事項は、広島、岡山、愛媛、高知ではないかと、判断しました。

 朝倉で拠点を作り、活動している山野勝之さん( https://www.facebook.com/katsuki.yamano )。チーム絆の災害拠点が倉敷市に。

 ロハス南阿蘇たすけあい( https://www.facebook.com/%E3%83%AD%E3%83%8F%E3%82%B9%E5%8D%97%E9%98%BF%E8%98%87%E3%81%9F%E3%81%99%E3%81%91%E3%81%82%E3%81%84-1578281299135935/ )理事長 のおやっさん(井出順二さん https://www.facebook.com/profile.php?id=100010961190666 )、 ロハス倉敷たすけあいベース決定!!

 山野さんのチーム絆へのfacebook の投稿。
 https://www.facebook.com/groups/team.yazawa/permalink/1874730872587784/

 【西日本豪雨災害】
 シェア拡散お願いいたします
 死者112人 行方不明者78人(10日現在NHK調べ)
 九州を始め広島県 岡山県 愛媛県他多くの地域に大被害をもたらせました豪雨!!
 今週末7月14日より緊急支援活動並びに調査入りが決定致しました事を報告いたします。
 尚、この度の大規模災害発生にて 私たちチーム絆災害拠点には倉敷市内にあります
 (有)ホンダオート玉島様にご協力いただきました。
 〒713 812
 岡山県倉敷市玉島中央町1丁目–2–17
 チーム絆岡山県サポートメンバー
 山中 成記氏
 石野 いずみ氏
 □7月15日16日
 ボランティア参加希望の方 090 3225 0445
 (山野迄ご連絡下さい)
 復旧支援活動につきましては岡山県倉敷市を拠点に災害発生地域での活動を予定してます。。
 支援物資発送されてます方はご一報お願いいたします。
 災害復旧活動支援金に付きましては復旧支援機材購入を始めボランティア様らの熱中症対策品他被災地復旧支援活動へと大切に使用させていただきます。
 ゆうちょ銀行
 □名前 チイムイイキズナ災害義援金基金
 □記号 10180
 □番号 70973761
 □店名 018
 りそな銀行
 □名前 特定非営利活動法人チーム絆
 □支店 河辺支店
 □店番 787
 □口座 4350213
 ご支援ご協力の程宜しくお願い申し上げます。
 特定非営利活動法人チーム絆
 理事長 山野 勝之

 おやっさんのfacebook の投稿。
 https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=611275855914449&id=100010961190666

 感謝‼️無料宿舎‼️
 ロハス倉敷たすけあいベース決定‼️
 物資送り先。は下記の住所までお願い致します。
 必要物資。使い古しのタオル。(新品も可能)
 500ミリのお水。ポリタンク。ガソリン携行缶。子供用オムツ。新生児S.MテープタイプM.L.ビッグ、パンツタイプ。下着全般。です。
 物資お届け先
 住所 岡山県倉敷市玉島道口5324-13
 里山フォーラム21様方
 ロハス倉敷たすけあい
 代表 井出順二宛
 08057972055
 宿舎
 場所:とのやま山荘(素泊のみ) 20人程宿泊可
 住所: 〒7138115岡山県倉敷市玉島道口2680-1までお願い致します!
 アクセス:玉島ICから車で10分
 電話番号:08057972055[井出]
 駐車可能台数:5台+α
 URL:https://www.kurumatabi.com/park/rvpark/709.html
 倉敷の見村さんのご縁でお借りすることが出来ました。ありがとうございました
 お風呂は近くにございます。
 被災者様優先。天然美肌温泉 満天の湯
 〒710-0252 岡山県倉敷市玉島爪崎981−1
 086-523-1677
 23時までです。
 https://goo.gl/maps/sUS99UPZEZr
 車中泊でお疲れの方は、08057972055 までご連絡ください。寝袋持参で(ᵔᴥᵔ)
 合わせて支援金の受け付けも致しております。
 宜しくお願い致します!
 ≪振込先 ※ゆうちょ銀行→ゆうちょ銀行≫
 □振込先:ゆうちょ銀行
 □記号:17100
 □番号:32178311
 □口座名:ロハス南阿蘇たすけあい
 ≪振込先 ※他銀行→ゆうちょ銀行≫
 □預金種目:普通
 □支店名 : 718支店
 □口座番号:3217831
 □口座名:ロハス南阿蘇たすけあい(ロハスミナミアソタスケアイ)
 まで宜しくお願い致します!  


Posted by 飯野健二 at 05:34Comments(0)2018水害・岡山

2018年07月09日

久留米市 大雨被害の市民相談窓口、災害ボランティアセンターの設置準備



https://www.facebook.com/KurumeCityKouhou/photos/a.302764779851941.1073741828.302704249857994/1583789031749503/?type=3&theater

 【大雨被害の市民相談窓口を開設】
 大雨被害に関する市民の皆さんからの問い合わせや相談に対応するため、本日15時から市役所本庁舎2階アートスペースに相談窓口を開設します。各総合支所は電話で対応します。
 時間:9時から18時(土日含む)
 問い合わせ:
 久留米市役所本庁(tel:090-8832-0785 他)
 田主丸総合支所(tel:0943-72-2111)
 北野総合支所(tel:0942-78-3552)
 城島総合支所(tel:0942-62-2111)
 三潴総合支所(tel:0942-64-2312)
 【くわしくは、市ホームページ「市民相談窓口の設置について」をご覧ください】
 http://www.city.kurume.fukuoka.jp/1500soshiki/9019shiminbu/3010oshirase/2018-0707-1512-256.html

 http://www.heartful-volunteer.net/
 2018.07.08 久留米市災害ボランティアセンターの設置準備のお知らせ
 http://www.heartful-volunteer.net/news/archives/449
 久留米市災害ボランティアセンターの設置準備のお知らせ
 大雨により久留米市内では広範囲にわたって被害が発生しております。
 現在、久留米市社会福祉協議会では、災害ボランティアセンタ―設置の準備を進めています。
 災害ボランティアの募集については、決まり次第、ホームページにてお知らせいたします。

 引用終わり
 ボランティアセンターの活動開始は、水~金曜日になりそうです。  


2018年07月08日

2018年07月08日

冠水や浸水なぜ多発? 記録的な雨量 筑後川への水門影響か



 【備忘用】
冠水や浸水なぜ多発? 記録的な雨量 筑後川への水門影響か
 久留米市では市中心部から郊外にかけた広い範囲で道路の冠水や家屋、田畑への浸水が相次いだ。中でも、大型商業施設などが立ち並ぶ国道210号の冠水について、福岡国道事務所の担当者は「ここまでの冠水は初めてじゃないか。近くの下弓削川(筑後川支流)から水が流れ込んだようだ」と語った。筑後川に注ぐ支流や水路からあふれ出た水が主な原因とみられる。何が起きたのか。
 一つは雨量。6日の久留米の一日降水量は277ミリで、1977年の統計開始以来の最大値を更新した。筑後川本流は6日夜から7日未明にかけて片ノ瀬(久留米市田主丸町)などの水位観測所で一時、氾濫危険水位に達し、高い水位を維持し続けた。その中で、支流から筑後川本流に流れる水量を調節する水門の開閉が影響したと考えられる。
 市河川課によると、大雨などで本流の水位が一定以上になった場合、本流からの逆流を防ぐため、筑後川河川事務所や市が水門を閉じる。水位が下がれば水門を開け排水するが、今回は記録的豪雨で本流の水位が高い状態が続き「各地で門を閉じた時間が長くなり、その中で、行き場を失った水があふれた」と複数の関係者が指摘する。
 今回、浸水被害を受けた地域に住む男性は「排水問題が根本的に解決されない限り浸水は頻発する」と問題提起している。

 以上、引用終わり。以下、新聞の記事

 
 =2018/07/07付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikugo/article/430795/
 筑後地区で大雨に厳戒 小郡、久留米、大刀洗 14万3000人避難指示

 活発な梅雨前線の影響で筑後地区では6日未明から大雨が降り続き、土砂災害や河川はん濫の恐れが高まったとして、小郡、久留米、大刀洗の2市1町は一部地域の計約5万9千世帯、約14万3千人に避難指示を発令した(午後7時現在)。久留米、うきは、みやま3市の一部地域には計約2万世帯約5万2千人に避難勧告が出された。各自治体は、災害への厳重な警戒を呼び掛けている。
 福岡管区気象台によると、午後6時10分までの3時間に久留米(久留米市)で94・5ミリ、耳納山(同市)で102ミリの雨量を観測。国土交通省九州地方整備局などによると、いずれも筑後川水系の五つの川の水位が上昇し、各観測所で氾濫危険水位を超えた。
 小郡市は宝満川の水位が氾濫危険水位に達したとして、市内全域に避難指示を出し、午後5時現在で109人が公民館などに避難。久留米広域消防本部によると、店内が冠水したイオン小郡ショッピングセンターの駐車場の一角にあるガソリンスタンドも冠水し、従業員が2階に避難した。
 久留米市では土砂災害の危険が高い山沿いの地域と水位が上昇した巨瀬川周辺に避難指示を発令。大刀洗川などの周辺には避難勧告を出した。大刀洗町も一部地域に避難指示を出している。みやま市、うきは市では避難勧告が出た。


 7月7日 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32736080X00C18A7ACX000/


 気象庁は7日午前8時すぎ、6日に8府県に出した大雨特別警報のうち、福岡、佐賀、長崎の九州3県について解除した。ただ九州北部は7日も局地的に猛烈な雨が降る可能性があるとして、引き続き土砂災害に警戒を呼び掛けた。
 消防によると7日午前4時すぎ、福岡県久留米市新合川の映画館「T・ジョイ久留米」から「周辺が水没して客ら約30人が足止めされている」と通報があった。消防がボートを使った救助活動を続けている。けが人はいないもよう。
 付近の国道210号は冠水し、一部が通行止めに。道路沿いのパチンコ店でも帰宅できなくなった客数十人が一夜を明かしたという。市内に住む20代男性2人は6日深夜からパチンコ店で過ごし、7日午前10時ごろ、膝上まで水に漬かりながら道路を渡った。「1時間くらいで一気に周りが水没した。救助も見込めず自力で帰ることにした」と疲れた様子で話した。
 久留米市の合川校区コミュニティセンター職員、直塚道子さん(57)は「夜中はずっとサイレンが聞こえて不安だった。被害は見当もつかない」と肩を落とした。
 店内に浸水したイオン小郡ショッピングセンター(福岡県小郡市)では駐車場の車両が数十台水没。水は7日朝には引いたが、流れ着いた土砂やごみが散乱し、朝から職員が片付けに集まった。
 同市の男性会社員(42)は6日午後に買い物に来たが、車で帰れなくなり徒歩で帰宅。駐車場に止めっぱなしになっていた車の泥を7日早朝からかき出した。「こんな水害は初めて。予想もできなかった」と話した。
 福岡県によると7日午前6時時点で、北九州市や久留米市、飯塚市を中心に県内で38万3千世帯、87万8千人に依然避難指示が出ている。家屋は全半壊や浸水を含めて209件が被害を受けた。崖崩れなどの土砂災害は304件に上った。
 交通の乱れも続いた。7日も山陽新幹線がほぼ全面的に運休し、JR博多駅では問い合わせる利用客らで朝から混雑した。20代の女性客は「新幹線は動いているかと思ったけど、小倉まで行くのも2時間に1本と言われた」と話した。
 6日に広島から福岡に遊びに来たという女性3人のグループは「日帰り予定だったが帰れなくなり急きょ1泊した。ホテルがどこもいっぱいで、空室を見つけるのが大変だった」と疲れた様子。運休を知らせる掲示板の前で途方に暮れていた。
 土砂崩れで2人が不明になっている北九州市では、大雨の爪痕に驚く市民も。小倉北区で独り住まいの70代女性は「家の目の前の川があふれて、橋の上を流れていた。50年住んでいるけどあんなことは初めて」とぼうぜん。水が引いた自宅前は「泥が残ってにおいもする。こんなに毎年のように豪雨が降るなんて。昔はこんなことなかったのに」とうんざりした様子だった。

 https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180707001611.html  


2018年07月07日

豪雨災害に備えるガイドブック、たすけあいセンター「JUNTOS」

【豪雨災害に備えるガイドブック】
熊本の弁護士、鹿瀬島正剛先生( https://www.facebook.com/kasejima.seigo )からです。
1日目 大雨が続き、浸水被害が近づいたとき P2~5
2日目 水害から2日目 ライフライン停止  P7
    自宅や避難所での過ごし方       ~9
水害から3日目~ 水の次は泥との戦い    P10
    家と生活再建のためにすること     ~15

 たすけあいセンター「JUNTOS」
 https://www.juntos-joso.org/
 A5版
 http://www.npocommons.org/data/suigai-guideA5.pdf
 A4版
 http://www.npocommons.org/data/suigai-guideA4.pdf


















  


2018年07月07日