2011年01月12日

「政治への想い(その3)」再々々掲示

 
 立候補を考えている時に、次のような言葉をよく言われました。

 「どうせ、君が出ても、世の中、何も変わらないよ。お金を損するだけだよ。」

 前にも、書きましたが、このままの状態では、子供たちに、バトンタッチができないと、考えています。

 座して、日本が衰退するのを待つよりも、自ら撃って出て、活路を開きたい。

 それを以て、子供たちに範を示したいと、考えています。

 おかしいことは、おかしいと言うことができ、まっすぐな気持ちで、頑張ることができ、

 夢と希望が持てる素晴らしい国なんだよ、日本は。

 と、子供たちに、行動で示したい、と考えています。   


Posted by 飯野健二 at 13:28Comments(0)政治への想い

2010年10月30日

「政治への想い(その3)」再々掲示

  
 立候補を考えている時に、次のような言葉をよく言われました。

 「どうせ、君が出ても、世の中、何も変わらないよ。お金を損するだけだよ。」

 前にも、書きましたが、このままの状態では、子供たちに、バトンタッチができないと、考えています。

 座して、日本が衰退するのを待つよりも、自ら撃って出て、活路を開きたい。

 それを以て、子供たちに範を示したいと、考えています。

 おかしいことは、おかしいと言うことができ、まっすぐな気持ちで、頑張ることができ、

 夢と希望が持てる素晴らしい国なんだよ、日本は。

 と、子供たちに、行動で示したい、と考えています。   


Posted by 飯野健二 at 22:39Comments(0)政治への想い

2010年09月29日

政治への想い(その3)再掲示

 
 立候補を考えている時に、次のような言葉をよく言われました。

 「どうせ、君が出ても、世の中、何も変わらないよ。お金を損するだけだよ。」

 前にも、書きましたが、このままの状態では、子供たちに、バトンタッチができないと、考えています。

 座して、日本が衰退するのを待つよりも、自ら撃って出て、活路を開きたい。

 それを以て、子供たちに範を示したいと、考えています。

 おかしいことは、おかしいと言うことができ、まっすぐな気持ちで、頑張ることができ、

 夢と希望が持てる素晴らしい国なんだよ、日本は。

 と、子供たちに、行動で示したい、と考えています。  


Posted by 飯野健二 at 17:59Comments(0)政治への想い

2010年09月17日

政治への想い(その4)

 20代→20パーセント台
 30代→30パーセント台
 40代→40パーセント台
 50代→50パーセント台
 60代→60パーセント台

 前回の福岡市長選挙の、各年代の投票率です。

 当然ですが、投票率が高い年代の意見が、政策に反映されやすくなります。

 20代、30代のみなさん、今こそ、投票に行って、自分の意思を伝えましょう。

 今のままだと、借金のつけが、君たちにいきます。  


Posted by 飯野健二 at 19:44Comments(0)政治への想い

2010年09月15日

政治への想い(その3)

 
 立候補を考えている時に、次のような言葉をよく言われました。

 「どうせ、君が出ても、世の中、何も変わらないよ。お金を損するだけだよ。」

 前にも、書きましたが、このままの状態では、子供たちに、バトンタッチができないと、考えています。

 座して、日本が衰退するのを待つよりも、自ら撃って出て、活路を開きたい。

 それを以て、子供たちに範を示したいと、考えています。

 おかしいことは、おかしいと言うことができ、まっすぐな気持ちで、頑張ることができ、

 夢と希望が持てる素晴らしい国なんだよ、日本は。

 と、子供たちに、行動で示したい、と考えています。  


Posted by 飯野健二 at 19:13Comments(0)政治への想い

2010年09月14日

政治への想い(その2)

 立候補の検討をしているときに、よく次のようなことを、言われました。

 「政治のプロでない、素人に何ができるか?」


 申し訳ないですが、政治のプロの方たちが、今まで、何をされていたのでしょうか?

 日本の借金、福岡市の借金を作ったのは、政治のプロの方たちでは、ないでしょうか?

 
 その方たちから、政治を市民の手に、取り戻したいと、考えています。  


Posted by 飯野健二 at 18:08Comments(0)政治への想い

2010年09月13日

政治への想い(その1)

 私が、本格的に政治活動をするようになったのは、3年半前の統一地方選挙からです。

 そのときの動機のひとつは、「このままでは、自分の子供に、顔向けできない。」ということがあります。

 福岡市の県議の方のボランティアスタッフとして、手伝わさせていただき、その後、選挙事務所で、2年半、いろいろな仕事のお手伝いをさせていただきました。

 また、今回の福岡市長選のいろいろな動きを見て、次のようなことを、感じています。

 戦後から、今までの選挙は、

 選挙後に利権がある、または、選挙の結果、報酬が得られる方たち、もしくは、その周囲の方たちだけの選挙

 という気がします。

 「自民党→利権、民主党→労働組合」などと思います。

 その一部の方たちのためだけの選挙を、市民に取りもどしたい、と考えています。

 今回のいろいろな動きも、選挙後に利権を確保したい、影響力を持ちたい、という権力争いにしか、見えません。 

 そんなことをしている場合なのでしょうか?

 このままでは、日本はつぶれてしまう、自分の子供たちがかわいそう、と思いませんか?  


Posted by 飯野健二 at 12:11Comments(0)政治への想い