2017年05月13日

~ノルウェーにみる私たちの未来~



~ノルウェーにみる私たちの未来~
福岡県女性研修の翼の報告会です。
6月15日(木)午前10時から。
福岡県男女共同参画センターあすばるの館長で、今回の団長でもある松田美幸さんや、中村洋子さんが、報告します。

https://www.facebook.com/events/1807090856274698/
以下、facebook のイベントからです。
2017年度「世界で最も幸福な国」ランキング1位に選ばれたノルウェー。行って、見て、聞いて、歩いて、わかったこと。
「ここに、私たちの未来を見た。」

福岡県では男女共同参画社会づくりを推進するリーダーとなる女性を育成するため、地域や企業などで活躍している女性を海外へ派遣する「女性研修の翼」事業を実施しています。
2016年度は、11/6~11/12の7日間でノルウェーの男女共同参画に関する機関・企業などに訪問しました。
ノルウェーにおける取り組みを知る絶好のチャンスです。ぜひご参加ください。

日時:6月15日(木)10時~12時
場所:大野城市総合福祉センター3階大会議室
報告者:松田美幸さん(団長)、中村洋子さん、ほか6名
参加料:無料(申込不要)


入場無料
  


Posted by 飯野健二 at 21:48Comments(0)女性が輝く社会に

2017年05月06日

『ウイメンズという名前に込めた思いを語らせて下さい』




【福岡ウイメンズ災害ボランティアについて】
『ウイメンズという名前に込めた思いを語らせて下さい』
 昨年10月に福岡に戻ってきました。災害ボランティアを派遣する団体を作ることを決めていました。
 それから、福岡でのいろいろなイベントに参加しました。その中で、以下の印象に残るお話がありました。
・福岡県女性の翼研修のノルウェー視察のお話
https://www.facebook.com/kenji.iino/posts/1485647604841854?pnref=story 
・北欧研究所( http://www.japanordic.com/team/mika-yasuoka/ )の安岡美佳さんのデンマークのお話
・あすばるセミナー【ポーランドと日本のジェンダー平等】
http://isindaihyou.yoka-yoka.jp/e1979618.html
・ふくおか女性いきいき塾、6期生募集
http://isindaihyou.yoka-yoka.jp/e1988583.html
 今からの時代、女性の真の活躍が、必須ということがわかり、福岡で女性が活躍したいという気持ちの盛り上がりを感じました。その活躍を応援するための団体の仕組みを考えています。
 合わせて、女性目線の防災も、大事なので、それも勉強したいと思っています。
 どうぞ、よろしくお願いします。   


Posted by 飯野健二 at 07:06Comments(0)女性が輝く社会に

2017年05月04日

「ノルウェーに見る私たちの未来」あすばるの館長、松田美幸さんの投稿



福岡県男女共同参画センター、あすばるの館長、松田美幸さん( https://www.facebook.com/miyuki.macri )の投稿からです。
 以下、松田館長の投稿です。
「ノルウェーに見る私たちの未来」
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/gyosei-shiryo/h28houkokusho.html
 昨年の11月に福岡県女性の翼研修に参加した団員の熱い思いがこめられた素敵な報告書が、福岡県のウェブサイトで公開されました。
平等と平和を追い続ける国、ノルウェー。そして、女性も男性も幸せを実感できる国。2人の女性首相、議員・閣僚の4割は女性、待機児童ゼロ、男性の育休取得率9割など、今の日本では考えられないほどの先進国。
でも、40年前のノルウェーは、今の日本と変わりませんでした。ひとつの世代を超えれば、これだけの変革を遂げることができる! 日本の未来がそこにありました。
 ぜひ、多くの方に読んでいただき、めざすゴールとそこに辿り着くために必要なアプローチを知って欲しいと思います。報告会や勉強会がしたいというご要望があれば、絶賛、受付中。団員の誰かがお伺いします。  


Posted by 飯野健二 at 08:24Comments(0)女性が輝く社会に

2017年04月17日

ふくおか女性いきいき塾、6期生募集中!



【ふくおか女性いきいき塾 第六期生募集(申込5/1~6/10)】
http://www.asubaru.or.jp/news/detail/260
 福岡県の事業です。春日市にある、福岡県男女共同参画支援センター、あすばるであります。
 1期生の方に知り合いが多いんですが、なかなか濃い……、ではなく、素晴らしい方ばかりです(笑)。  


Posted by 飯野健二 at 18:50Comments(0)女性が輝く社会に

2017年03月14日

第35回ワークライフバランスプレゼン勉強会



マミースマイル保育園 代表取締役社長
雁瀬暁子さん( https://www.facebook.com/akiko.ganse)主催の勉強会です。
今度の日曜日、19日、午前10時から、アミカスで。
https://www.facebook.com/events/596329990560911/

以下、facebook のイベントからです。
【プレゼンター募集中】
人前でプレゼンするスキルを上げたくありませんか?
何度も発表して
場数を踏むことが上達の第一歩です。

この勉強会は
「ワークライフバランス」
「男女共同参画」
「女性の生きづらさ・男性の生きづらさ」
「結婚、出産、家族、子育て」
「仕事とは」
「人生とは」

などについて
インプットしたことを
アウトプットしたい!!
理解力、思考力を高めたい!!
という皆さんに
発表の場を設けたいとスタートした
プレゼンの勉強会です。

「理解すること」と「情報収集」は違います。
知識としてインプットしたことを
整理し理解するためには、
「言葉にする」
ことが大切なポイントです。

「イメージはできているけど、
 言葉にするのは難しい」
というのは、
まだ理解できていないということ。

記憶や理解を自分のものにするには、
自分で言葉にすることが重要です。

あいまいな思考を言語化することで、
理解度、思考力が
大幅にアップします。

プレゼンターも募集しています。
気軽な気持ちでぜひ
この機会をご利用ください。

プレゼンターになる前に
まずは「聴く側」としての参加も歓迎します(^^)

期日:2017年3月19日(日)10:00~12:00
場所:アミカス 研修室A
参加費:500円(学生は無料)

  


Posted by 飯野健二 at 09:19Comments(0)女性が輝く社会に

2017年03月01日

女の子を拘束する「呪い」、親が解かねば 駒崎弘樹さん



http://www.asahi.com/articles/ASK2R02Y8K2QULBJ01H.html

3月8日は国際女性デー。病児保育などを運営するNPO法人「フローレンス」代表の駒崎弘樹さんは「女の子への呪いの言葉に耳を傾けないで」と語ります。

 春から小学生になる娘(6)が先日、「友達から『女のくせに』と言われた」と教えてくれました。まだ6歳になったばかりなのに。そんな娘に「女だからといってできないことは何もないんだよ」と力説しながら、「呪い」の言葉はこうやって幼いときから女の子をしばりつけていくのかと実感しました。

 「女のくせに」など、女性に対するバイアスを押しつける言葉を、僕は「呪い」と呼んでいます。昨年末に放映された人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系列)で、登場人物の女性の1人が、女性への様々なバイアスを「呪い」と表現し、広まった言葉です。

 「女子力」という言葉をはじめ、「女の子なんだから勉強はほどほどで」「結婚が幸せ」「子どもが生まれたら良き母親に」。日本の女の子の周りには、たくさんの「呪い」の言葉が転がっています。

 子ども向けのテレビ番組もそうです。いつもなぜか女性が補助的な立ち位置にいることが多い。ヒーローものの番組でも、「守る男性」と「守られる女性」というステレオタイプしかない。

 海外では、性別の固定観念にとらわれないアニメや絵本がたくさんあります。

 例えば日本の子どもにも人気のアニメ・絵本シリーズ「おさるのジョージ」。登場する科学者のワイズマン博士は黒人の女性です。このシリーズでは、ほかの登場人物も職業と性別がステレオタイプに陥らないよう、徹底した多様性への配慮が行き届いていて見事です。

 ディズニーの「ちいさなプリンセス ソフィア」も、主人公が乗馬に挑戦する際、当初は「女の子には無理」と言われながらも練習に励み、最後に勝つという筋書きがあります。ジェンダーの壁や限界を乗り越えるということが、常々物語の中で繰り返し伝えられている。

 日本のメディアはこうした海外の水準から立ち遅れています。メディアで性別役割のイメージが強化され、それが女子力のような言葉と接続されていて、私たちを縛っていると思います。

 こうした中で育った女の子は、小さな時から結婚や出産という期待を背負い、子どもが生まれたら仕事を辞めて夫の長時間労働を支え、介護の場面でも同じことが繰り返されていく。人生の節目節目で、女性は常に補助的な役割を求められ、なおかつ、本人の中でも「自分はそうあるべきだ」と内面化すらされている。自ら「呪い」を自分にかけてもいるわけです。

 こうした「呪い」から女の子が自由であり続けられるように、少なくとも親はそのたびに、「これは呪いの言葉だよ」と指摘し続けることが必要だと思います。女の子を縛ろうとしている鎖なんて、本当はないんだと言い続けなければいけない。

 ましてや女の子だから勉強はほどほどでいい、など、親が呪いの言葉をかけてなにか枠にはめ込むなんてことは、あってはいけないと思っています。それが続けば、おりのかぎはかかっていないのに、自らおりの中にとどまる生き方しかできない。

 これは女性だけの問題ではありません。女性が「守られるべき存在」を求められる一方で、男性は「守るべき存在」を求められ、強くて、大黒柱でないといけないというイメージの中で生きづらさにもつながっている。女性を縛るものは、男性を縛るものとコインの裏表の関係だと思います。女性を縛るものを解きほぐしていくことは、ひいては、男性をも解放することになるのです。

 こうしたことを踏まえて僕は、「呪いの言葉に耳を貸すな」と、女の子たちに伝えたい。呪いをはく大人の言うことに耳を貸す必要は一切ないのです。自分の娘だけでなく、ほかの女の子たちにもそう言い続けたいと思っています。(聞き手・錦光山雅子)

     ◇

 こまざき ひろき 1979年生まれ。東京都江東区出身。病児保育、小規模保育園、障害児の保育園などを運営する認定NPO法人「フローレンス」代表。内閣府「子ども・子育て会議」委員。近著に「世界一子どもを育てやすい国にしよう」(ウェッジ、共著)など。
  


Posted by 飯野健二 at 07:17Comments(0)女性が輝く社会に

2017年02月25日

〜出会いと学びの場〜 福岡女性起業家経営発展塾



 福岡県主催の、いいイベントです。
 私は、参加できませんが、女性起業家のみなさん、ぜひ。
 講師の横田響子さん( https://www.facebook.com/yokokyo )。

https://www.facebook.com/events/242932412799776/

【〜出会いと学びの場〜 女性起業家経営発展塾】

★★参加費無料!託児付き★★
女性起業家向けのグループワーク、講演会、交流会を実施します

3月3日(金)、3月4日(土)に福岡県内在住の起業後概ね5年未満の女性を対象に「~出会いと学びの場~女性起業家経営発展塾」を開催します。
本セミナーではグループワークや交流会等を通じて、同じ悩みを抱える女性起業家同士のネットワークを築く事により、事業の安定化、継続化と更なるステップアップを図ることを目的としています。

・グループワークでは、事業の悩みから今後の事業展開について女性起業家同士でディスカションを行い、課題とその解決方法などを参加者全員で共有し学びます。
・講演では、各メディアにも多数出演されている株式会社コラボラボ 横田響子氏(東京)を講師としてお招きし、さまざまな場所で活躍する女性起業家の事例より事業展開へのヒントを学びます。
講演テーマ:事例で学ぶ成功の秘訣(3月3日)、事例で学ぶ面白ビジネスモデル(3月4日)

参加は1日のみ、両日とものどちらも可能です。

【主催】福岡県
【日時】2017年3月3日[金],3月4日[土] 10:00~13:30(9:30受付開始)
【会場】福岡ビル9階大ホール(福岡市中央区天神1-11-17)
【対象】福岡県内在住の起業後概ね5年未満の女性
【定員】両日とも40名(先着順、ただし定員になり次第受付終了)
【参加費】無料
【申込締切】3月2日[木] 17時
お申込はこちらから→http://www.deloitte.com/jp/semi3561
【託児】対応無料。必ず事前予約が必要です。託児申込は定員になり次第終了※1歳以上

※WEBよりお申込ができない方は、運営事務局までご連絡ください。
※キャンセルの際は必ず電話にてご連絡ください。

●セミナースケジュール●
10時~11時05分(自己紹介・グループワーク)
11時05分~11時15分(休憩)
11時15分~12時15分(講演)
 【3月3日(金)】 
  「事例で学ぶ成功の秘訣 」
     株式会社コラボラボ 代表取締役 横田 響子様
 【3月4日(土)】 
  「事例で学ぶ面白ビジネスモデル」
     株式会社コラボラボ 代表取締役 横田 響子様
12時15分~12時30分(女性起業家支援団体紹介)
12時30分~13時30分(軽食付交流会)
*14時まで会場は開放しておりますので、参加者の皆さまで引き続きご交流ください。

☆▲∴*:゜★ 株式会社コラボラボ 横田響子氏のご紹介 ★.:。*:・’゜★
2006年、株式会社コラボラボ設立。1900社(2016年2月現在)を超える女性社長コミュニティをサポートしながら女性社長を紹介する「女性社長.net」、女性社長300名が集結するイベント「J300」を企画運営。大手企業を中心とした新規事業の立ち上げ、販促支援など多数プロジェクト運営。

ForbesJapan「未来を創る日本の女性!フォーブスが選ぶ10人」内閣府・男女共同参画連携会議議員、内閣府「国・行政のあり方を考える懇談会」メンバー、行政改革歳出改革ワーキンググループ委員、男女共同参画重点方針専門調査会委員など。
☆▲∴*:゜★ ★.:。*:・’゜★

【お問い合わせ先】
運営事務局:有限責任監査法人トーマツ(担当者:小野、塚本)
Tel:092-286-2943(電話問い合わせ:平日9:30~17:30)
Fax:092-751-1035
E-Mail:fukuoka.ts.seminar@tohmatsu.co.jp  


Posted by 飯野健二 at 06:27Comments(0)女性が輝く社会に

2017年02月22日

福岡県女性海外研修事業「女性研修の翼」報告会 -ノルウェーにみる私たちの未来-




【福岡県女性海外研修事業「女性研修の翼」報告会
-ノルウェーにみる私たちの未来-】

2月26日(日)午後1時半から、あすばるのクローバープラザ 5階 508AB研修室 (春日市原町3丁目1-7)
http://www.asubaru.or.jp/news/detail/250

以下、コピーです。
 福岡県では、男女共同参画社会づくりを推進するリーダーとなる女性を育成するため、地域や企業等で積極的に活動している女性を海外に派遣する福岡県女性海外研修事業「女性研修の翼」を実施しています。
 今年度は、昨年11/6~11/12の7日間で、ノルウェーの男女共同参画に関する機関、企業、団体等の視察、交流を行いました。
 女性の社会進出、そして男女平等施策が進んだ国ノルウェーで学んできた内容を多くの方に知っていただき、地域や企業での男女共同参画推進の参考としていただくため、下記のとおり報告会を開催します。皆さまのご参加をお待ちしています。

 なぜ、ノルウェーが先進的なのか? インパクトのある施策や制度とは?
 行ってみて、聞いてみて、歩いてみて、わかったこと。
 「ここに、私たちの未来を見た。」
  


Posted by 飯野健二 at 17:58Comments(0)女性が輝く社会に

2017年02月21日

2/25 ふくおか女性いきいき塾 成果報告会【公開講座】



今週の土曜日、2月25日、午後1時から、レソラ天神です。
今から、楽しみです。
https://www.asubaru.or.jp/ikiiki_ju…/ikiiki_juku_users/login
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/press-r…/ikiiki2016-boshu.html

 以下、facebook のイベントからです。

 女性が多様な分野で能力を発揮し、活躍する社会の実現に向けて、地域や企業などにおいて、今後責任ある立場で活躍する女性の人材を育成するため、平成24年度より「ふくおか女性いきいき塾」を開講しています。
公募の中から選ばれた30名の女性たちは、第一線で活躍している講師による講義や、グループ別の課題研究に取り組み、学びを深め、ネットワークを築いてきました。
“女性が多様な分野で能力を発揮し、活躍する社会に向けて”
塾生たちが調査、研究を通して得られた成果を発表します。

■一時保育あり/お子さま1人につき300円(先着7名)/生後6ヶ月~就学前まで/2月9日(木)までに要予約/定員になり次第、締切

■詳細・お申込みはこちら
http://www.asubaru.or.jp/seminars/detail/921  


Posted by 飯野健二 at 19:58Comments(0)女性が輝く社会に

2017年02月06日

あすばるセミナー【ポーランドと日本のジェンダー平等】



あすばるセミナー【ポーランドと日本のジェンダー平等】
通訳は松田美幸館長です。
https://m.facebook.com/events/147890325703523/
Global Summit of Women ,は昨年、ワルシャワで開催されていて、今年は、5月11~13日まで、東京で、開催です。お早目にお申し込みを。https://globewomen.org/globalsummit/

以下、facebook のイベントからです。

講師は、ポーランドの首相府両性平等局次長として活躍後、2014~2015 年に東京の政策研究大学院大学において、日本の男女共同参画に関する研究に携わり、2016年春から神戸の大学で教育研究に携わっています。
ポーランドは現首相を含む3 人の女性首相を輩出し、2015年にはGlobal Summit of Women という世界最大の女性のトップリーダー会議をホストしました。ポーランドは2016年の世界のジェンダーギャップ指数ランキングで38位と、近年急速にジェンダー平等が進んだ一方で、バックラッシュも起きています。そうしたポーランドの実情も踏まえ、ジェンダーギャップ指数ランキング111位の日本のこれからに向けたヒントを学びます。
講演は英語で日本語の逐次通訳があります。お申込みはあすばるのウェブサイトからお願いします。(参加無料)
http://www.asubaru.or.jp/

Date: Feb. 5, Sun 15:00-17:00   Admission free
Venue: ASUBARU (Clover Plaza 5th Seminar Room C)
Dr. Ksieniewicz, former will share her experience in working on gender equality for ten years in the Polish government as well as her research topics on gender eqaulity in Japan. The seminar is held in English with consecutive interpretation into Japanese.
Please register with your name and contact email address via email to matsuda@asubaru.or.jp.  


Posted by 飯野健二 at 18:19Comments(0)女性が輝く社会に