2017年08月05日

九州電力のボランティアバス



https://www.facebook.com/kyuden.jp/posts/1360679327383637?pnref=story
【豪雨災害・ボランティア報告】
 九州電力のボランティアバスの報告です。
 以下、投稿です。
★ボランティアバスに思いを乗せて★
~九州北部豪雨の被災地を支えていきます~

 こんにちは。地域共生本部の三宅です。
 7月5日からの九州北部豪雨により、福岡県朝倉市や大分県日田市が大きな被害を受けました。当社は、家屋に流入した土砂の掻き出しが衛生面から喫緊の問題になっていることを耳にし、社員ボランティアバスの運行を決めました。
 まずは、7/22、7/25、7/26、7/28の4日間、被災地を事業エリアとする、福岡、大分、北九州からバスを運行し、総勢80名の社員ボランティアを派遣しました。
 ボランティアセンターに到着した後、数班に分かれ、現地に。決壊した川から流された大量の土砂が家屋や小屋に流入し、個人の力では到底手に負えない惨状を目の当たりにし、一瞬言葉を失いましたが、「よし、やろう。」という声とともに作業を開始。立っているだけでも汗が噴き出す強い日差しの中、黙々と土砂の掻き出しを行いました。
 住民の皆さんは、自らの家が被害を受け、過酷な状況にあるにも関わらず、水道やトイレを地域に開放するなど周りを気遣い、自助と共助の精神で、地域が一体となって立ち上がろうとしていました。
 そういった気持ちが折れることがないよう、この九州で仕事をする私たちとしては、被災地に寄り添い続ける必要があると強く感じました。
 8月には、佐賀、熊本、長崎からも社員ボランティアバスを運行します。
 災害発生から1か月が経過した今も、被災地は復興から程遠い状況で、被災地の復旧・復興に向けては、息の長い支援が必要となります。当社は引き続きボランティア等を通じて、「思い」を届け続けて行きたいと考えています。  


2017年07月17日

東峰村ボラセン、本所:小石原焼伝統産業会館、近辺情報





【東峰村ボラセン、本所:小石原焼伝統産業会館、近辺情報】
 東峰村ボランティアセンターに、行ってきました。
 少しまとめます。7月16日(日)、午前9時時点の情報です。
・嘉麻市から211号線
・最後のコンビには、嘉麻市のミニストップ
・ボランティアのシールの提示で、
「嘉穂老人福祉センター」「山田いこいの家、白雲荘」
の入浴料が無料
・国道211号線からセンターに向かって左折する少し先の場所は、緊急車両など以外は、立入禁止。
・公共の交通機関でのアクセスは、現時点ではありません。

 facebook https://www.facebook.com/tohovc/
WEBサイト http://tohovc.jp/  


2017年07月14日

久留米市からのボランティアバス



【豪雨災害・ボランティア情報】
久留米市発のボランティアバス。
木曜日から、毎日。
しかも、ほとんど満員です。
久留米市近辺の方は、早目に、申し込みを。

http://www.city.kurume.fukuoka.jp/1500soshiki/90301kyodo/3010oshirase/2017-0707-1332-238.html
以下、案内からです。

久留米市でのボラ募集情報
 7月5日からの豪雨により、久留米市からわずか数10キロの場所で甚大な被害が発生しました。家屋の浸水等で自宅での生活が送れずに、避難所生活を強いられている住民の方々が多くいらっしゃいます。
 熊本地震の記憶が残る中、県内でのこのような災害の発生です。福岡県の仲間として、久留米市民の「思い」と「力」を届けるために、市では「九州北部豪雨 災害支援ボランティア」を募集します。

  


2017年07月14日

朝倉市杷木地区のボランティア現地報告



【豪雨災害・災害ボランティア・現地活動報告】
瀬川映太さん( https://www.facebook.com/eita.segawa )の朝倉市杷木地区の現地活動の報告です。

https://www.facebook.com/eita.segawa/posts/10203534534160119?pnref=story
以下、瀬川さんの、facebook の投稿です。

【 豪雨災害ボランティア募集! 朝倉の現状! 】
※シェア拡散希望!
 7/13 早朝から 朝倉市杷木地区の視察に入りました。
 災害支援リーダーの瀬川映太です。
 朝倉の現状は かなり 大変です。
 まだまだ 立ち入り禁止区域も多く、そのあたりは 自衛隊や 専門チームでないと入れませんが、すでに 泥かきや 家屋の復旧
避難所の支援など 必要な ボランティアが沢山あります!!
 特に 今週末の 3連休に 1人でも多くの人に来て頂いて まだまだ 土砂だらけの地域の 復旧作業に あたりたいとボランティアセンター側が呼びかけをしています!!
 ぜひ、現地に足を運べる人は よろしくお願いします!!
 僕 個人的には やはり、いつものように 奇跡的な流れで昨日は大分で仕事があり 、今日は 福岡で仕事あったお陰で通り道として スムーズに 朝倉に入ることができたわけですが
 なんと!!
 各災害現場で 災害発生から 24時間以内に現場に入って コーディネートに動く ベテランであり 同志の トムさんと 朝から バッタリ会いました!!
 全く 連絡を取り合わなくても 必要な人に 必要なタイミングで合わせてもらえる。
 こういう時は 直感と 感性を研ぎ澄ませて動くことが本当に大事です。
 トムさんからも現場の状況を 聞かせてもらいましたが、復旧作業だけでも 軽く1〜2ヶ月はかかるでしょうし、この地区は 現在 水も止まってるところもあります。
 地域の方々も 避難所生活に 疲労も溜まってきてます。
 局所的な被害なので もう ニュースでも 情報が減ってますが、明らかに 大変な状況で 人手がとにかく必要です!!
 ボランティアの呼びかけを シェア拡散よろしくお願いします!!
【シェアお願いします!】
●今週末が一つの山場、ボランティアの皆さんのお力をお借りしたいです。
■3連休は朝倉市ボランティアセンターへ
http://asakuravc.jp/
●福岡市地域活性化推進協議会では、下記品目についての支援を募っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆◇◆避難所支援物資◆◇◆
お茶(500ml ペットボトルのみ)
スポーツドリンク(500ml ペットボトルのみ)
◆◇◆避難所支援物資◆◇◆
①レーキ
②かき板
③高圧洗浄機
◆地域活性化推進協議会 物資受入所
福岡市西区今宿東3丁目9-8(担当:川浪)
https://goo.gl/maps/HkpB1f3RYjQ2
 
連絡は、地域活性化推進協議会(切詰)まで。
090-2968-9653
gardenmarche2016@gmail.com
----------------------------------------
●重機を扱える
●チェンソーが使える
●こうした現場で特殊技能をいかせるという方は 個別に連絡を頂き 現場のチームに繋ぎます。
 現地で信用できる方もとして、昔からの仲間の
▼師岡さん
https://www.facebook.com/tomohiro.morooka/
▼トムさん
https://www.facebook.com/tom.maehara/
 2人にご相談してもらえたらと、思います!!
--------------------------------
 九州!! みんなで 立ち上がっていきましょう!!
 そして 昨年から 何度も発信していますが、日本中の森が もっともっと 次々と崩れていく状況になり得るタイムリミットが あと 3〜4年!!
 すでに こうした 現実がどんどん起きていることに 歯止めが効かない勢いになってくるんです!!
 だからこそ みんなで 日本の森を再生していかないといけないんです!!
 日本の森の現状に 目を向けてほしい!!
 日本中 多くの森が 土砂崩れをおこしやすい危険な状態にあるんです!!
 みんなで 力を合わせてできることがあります!!
 これも 本当に 本当に 一緒に やってほしい!!
 一緒に 森に入ってほしい!!
『 土砂崩れを1日も早く防いでいこう!!! 』
女性でも子どもでもできる 間伐運動!!
✨ きらめ樹 間伐 プロジェクト ✨
◆7/15.16 「きらめ樹」間伐キャンプ@武雄 EITA&DAIスペシャル
https://www.facebook.com/events/209483696239778/
◆7/27.28 静岡 「きらめ樹間伐」キャンプ@牧之原 EITA&DAIスペシャル
https://www.facebook.com/events/231733320677527/
◆8/10.11 京都 「きらめ樹間伐」キャンプ@南丹市
https://www.facebook.com/events/135053950408151/
◆8/20.21 熊本阿蘇 きらめ樹間伐@狩尾
https://www.facebook.com/events/1880607835526138

  


2017年07月13日

「東京ボランティア・市民活動センター」によるまとめ



【豪雨災害・ボランティア情報】 https://www.tvac.or.jp/news/50075
「東京ボランティア・市民活動センター」によるまとめです。
その中の一部です。朝倉市の連休中の「団体受付」要チェックです。
・朝倉市の連休中(7月15日~17日)の「団体受付」
対象…連休中に活動いただける10人以上のグループ
受付期間…7月13日(木)13:00 ~ 7月16日(日)17:00 ※各日9時~17時まで
受付電話…090-8348-3193
電話で伝えてほしいこと…団体名、活動日、朝倉到着予定時間、参加人数、
            車の種類と台数、代表者携帯、連絡用FAX
※連休中は、団体の皆さまには、直接現場へ向かっていただきたいと考えています(渋滞緩和やお互いに受付の手間を省くため)。
・朝倉市の「高速道路無料化のための手続き方法」
・添田市の団体受付
 団体申込みを行っても当日お越しいただきマッチングをします。活動予約ではございませんのでご注意ください。
・東峰村災害ボランティアセンター
 東峰村本所、宝珠山サテライトの平成29年7月14日ボランティア募集情報 (7月13日発表)
・日田市の社会福祉協議会
 団体の方の参加方法
 団体の方(5名以上)は3日前までの予約が必要です。
 「ボランティア活動のお問い合わせについて」  (7月12日Facebook)
「現在、日田市社会福祉協議会の番号(固定番号)に、災害ボランティア関連の問い合わせを多くいただいております。こちらの番号は、通常の社会福祉協議会へのお問い合わせのための電話です。ボランティア希望に関するお問い合わせは以下の専用回線にお願いします。※住民の方の福祉のご相談のお電話がつながらなくなっています。ご理解ください。」
 ボランティア活動については事前に日田市災害ボランティアセンターの「よくある質問」をご確認ください。 
 ※上記で解決しない場合…問合せ電話 080-5074-9103、080-5079-9420
・中津市社会福祉協議会
「災害ボランティアセンターではありませんが、社会福祉協議会が通常行う生活支援を「被災者生活支援」としてつないでいきます。」 (7月9日発表)
「中津市社会福祉協議会では5年前の水害時もですが「災害ボランティアセンター」という仕組みは取っておりません。もともと地域のつながりが強い地区でもあり、そのつながりを大切にしながら、でもできない部分はボランティアのみなさんの力を借りるという形で行っているため、通常社協の地域福祉推進としてボランティアセンターが行う流れの事前登録型としています。そのため、当日現地にて受け付けるという形をとっていないのです。連絡窓口はすべて、中津市社会福祉協議会地域福祉課(0979-23-2095.または0979-24-4294)で行っていますのでご了承ください。」 (7月13日発表)

  


2017年07月13日

IT DART のボランティア情報



【豪雨災害・ボランティア情報】
IT DART( http://itdart.org/ )による、九州豪雨関連のボランティア募集情報一覧です。

情報支援レスキュー隊( https://www.facebook.com/itdart.org/ )の投稿です。
https://www.facebook.com/groups/326223497833190/permalink/328425447612995/?pnref=story

IT DARTでは、九州豪雨関連のボランティア募集情報一覧を作成し、毎日更新します。是非ご利用下さい。
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1vrdgFSSXK3IlkkJWCNxYgpK4q1yLMG3lbrM7gdUVkAI/pubhtml
それぞれの募集情報は、ツイートでも毎日お知らせします。Twitter アカウントはこちらです。 https://twitter.com/it_dart

情報支援レスキュー隊
7月9日 21:03
#九州 で発生した #豪雨 関連の #災害支援 #ボランティア の募集状況を一覧表にまとめ、随時更新を始めました。
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1vrdgFSSXK3IlkkJWCNxYgpK4q1yLMG3lbrM7gdUVkAI/pubhtml
現在は、福岡県の朝倉市と、大分県の日田市の災害ボランティアセンターが、ボランティアを募集しています。
ボランティア活動をお考えの方は、以下の点をご確認の上で、ご参加ください。
=====
 1.現地では装備品や資機材の調達が困難です。必要なものは持参して下さい。
 2.宿泊場所、移動手段は用意されません。事前に確保してください。
 3.『事前に』『地元で』ボランティア活動保険(天災タイプ)に加入してください。


  


2017年07月13日

ボランティアの宿泊場所に、道の駅うきは



【豪雨災害・ボランティアン宿泊地情報】
これは、いいですね。
全国から、ボランティアが来るので、心配していました。
ここが、ボランティア情報のハブになってもいいかもしれせん。

以下、西日本新聞の記事です。
https://www.nishinippon.co.jp/sp/nnp/f_sougou/article/342213/

 うきは市は10日、豪雨災害に遭った朝倉市などで支援活動に参加するボランティアの宿営地として「道の駅うきは」(同市浮羽町山北)敷地内の駐車場や空き地の開放を始めた。今後、大勢のボランティアが被災地に入ることが予想されるため、「テント設営や駐車スペースに活用してほしい」と呼び掛けている。

 開放するのは、道の駅内の市有地など約千平方メートル。筑後川南側を通る国道210号に面し、朝倉市や東峰村、大分県日田市にも比較的近いことから国土交通省の協力を得て決めた。問い合わせは市住環境建設課=0943(75)4987。

=2017/07/11付 西日本新聞朝刊=

  


2017年07月08日

豪雨水害・ボランティア情報、日田市で開始



 【豪雨災害・日田市ボランテイア情報】
 日田市で、7月8日(土)、午前9時から、ボランテイア受付開始。県外の方は、要相談。
 日田市災害ボランティアセンター
 開設場所:日田市上城内町1-8 日田市総合保健福祉センター
 主な活動内容:一般家屋の泥だし、家財の搬出など
https://www.facebook.com/hitashakyo/
http://www.hitashakyo.jp/

 佐渡 忠和さん( https://www.facebook.com/yokiyahompo )の投稿。
https://www.facebook.com/groups/1919527041660324/permalink/1920560661556962/
 鳥越 政作さん( https://www.facebook.com/seisaku.torigoe )の投稿
https://www.facebook.com/groups/1919527041660324/permalink/1920610534885308/

※日田市以外のボランテイアセンターは、今のところ、週明けです。
https://www.saigaivc.com/20170707/