2018年02月09日

Itキッズフェスティバル『エクサキッズ2018』〜今、ココから「ヤバい」奴らが生まれる



https://www.facebook.com/exakids.fuk/videos/527676874284887/

【福岡でのイベント】
 フクコン( https://www.facebook.com/FUKCONVALLEY/ )で、お世話になっている、子どもプログラミング教室ITeens Lab. ( http://do-luck.net/cp-bin/wordpress/ )CMO、
Vermillion Works( http://vermillion-works.com/ ) 代表、
一般財団法人 サイバーセキュリティ財団 幹事、
Hackerz Lab.博多の近藤悟さん( https://www.facebook.com/kondo.orange )のプロデュースです。

 https://www.facebook.com/events/186667235428773/

 以下、facebook のイベントからです。

 +++++++++++++++++++
 子供はもちろん大人だって楽しめちゃう!
  ワクワクが盛りだくさんに詰まった
     好きを見つける・磨く
    ITキッズフェスティバル
 +++++++++++++++++++

 九州初!
 2,000人規模の子供向けプログラミングコンテストイベント開催!!
 子供達に様々な可能性と価値観に触れる機会をITイベントを通して実現したい! 
という思いを元に2016年の12月から構想を練って、繋がりの強い方や仲間としてチカラを貸してくれそうな人たちに声をかけて実行委員を立ち上げました。
 2017年の4月から実行委員たちによるミーティングを重ね、ご来場いただく子供達はもちろん、大人たちにも楽しんでいただけるにはどんな内容が喜ばれるだろうかということに知恵を絞ってイベントのコンテンツを練り上げ、ようやくカタチとなった

 【 エクサキッズ2018】が、ついに2018年2月25日(日)に開催される運びとなりました!

 【注目】
 ・150作品の中から一次審査を突破した小・中学生の28作品のプレゼンテーション!
 ・中高生国際RubyプログラミングコンテストU-15部門で最優秀賞を獲得し16歳で1億円を調達した高校生社長山内奏人様が登壇!
 ・当時日本最年少での15歳で株式会社を立ち上げげMINMIの全国ツアーの演出も手がける福岡在住の映像演出家・空間プロデューサー吉田拓巳様が登壇!
 ・2018年4月福岡開校のKADOKAWAとドワンゴが手がける新しいネットの高校『N高等学校』副校長上木原孝伸様が登壇!
 ・子供達に大人気のドローン、マインクラフト、プロゲーマーチーム、3Dプリンター、プログラミングアプリなど楽しめるコンテンツも盛りだくさん!

 【概要】
 小・中学生によるITキッズコンテストの最終プレゼン・最終審査、プログラミング・クリエイティブ・IT・ものづくりに関するワークショップやブース展示、ゲストによる講演などを行います。
 主な対象は小・中学生、保護者、ITや教育に興味のある方となっている。目標集客人数は2,000人。
 ITキッズコンテストは子供達にとってのIT甲子園を目指す。エクサキッズの開催によりIT教育のムーブメントを広げることを目的としております!
  
【EXA KIDS(エクサキッズ)とは】
 2020年より小学校においてもプログラミング学習が導入されることが決まりました。
 エクサキッズはITやプログラミングを学ぶ小・中学生の子供達、そして子供達を取り巻く大人たちに向けて、IT教育のムーブメントを起こすイベントです。
 これからの子供達の未来のために、プログラミング教室、IT関係者、教育関係者などが力を合わせ作り上げています。エクサキッズが主催するITキッズコンテストは子供達にとってのIT甲子園を目指します。

 <実行委員長>
 古林侑樹(子どもプログラミング教室ITeens Lab.CEO)
 
 【開催背景】
 ①急速に発達するIT社会、今後10~20年で、今ある職業のうち約47%がなくなると言われています。
 では子どもたちが学ぶべきこととは何なのか?
 ②「IT後進国」とさえ言われる日本。IT教育も諸外国から大きく後れをとっています。
 ③2020年のプログラミング学習の義務教育化まであと3年。
 なぜやるのか?何をやるのか?誰がやるのか?
 ④プログラミングを学ぶ子供たちが目指すべきハッキリとした指標がないのです。(テスト、大会、賞など)
 
 【イベント概要】
 ◎名 称:エクサキッズ2018
 ◎日 時:2018年2月25日(日)  10:00〜18:00(開場9:30)
 ◎開催場所:福岡市中央市民センター(2・3F)
 ◎住所:〒810-0042
 福岡県福岡市中央区赤坂2丁目5−8
 ◎アクセス
 ・地下鉄の場合
 空港線「赤坂駅」2番出口を出て、赤坂西の交差点を左折(徒歩約5分)
 ・バスの場合
 明治通り赤坂門バス停より、赤坂西の交差点を南へ徒歩約5分。
 国体道路警固町バス停より北へ徒歩約3分。
 https://goo.gl/aQzE6Z
 ◎参加費用:無料
 ◎目標集客人数:2,000名
 ◎主 催:EXA KIDS実行委員会
 ◎WEB: http://exa-kids.org/
 ◎お問い合わせ: exakids2017@gmail.com
 ※会場の駐車場は使用できませんので、会場までは公共交通機関でお越しください。
 
 <メインコンテンツ>
 ITキッズコンテスト最終審査会
 ワークショップ・ブース展示
 講演会
  
 【ITキッズコンテスト】
 西日本最大級の小・中学生によるIT・プログラミングを使ったコンテスト。
 150作品の応募作品から一次審査を突破した27作品の最終プレゼンを行います。
 高校球児にとっての甲子園のように、IT・プログラミングを学ぶ子供たちにとってITキッズコンテストは甲子園となり、未来のITヒーローがココから生まれます。
 3Fメインホール(500席)にて開催。

 <作品制作部門>
 ◎チャレンジコース
 ・中村侶唯:お絵かきマシーン
 ・松尾蒼志:1年せいのさんすうのもんだい
 ・岩田倖祈:S660 3D-view
 ・前山行雲:~scradraw~(スクラドロウ)
 ・安東鷹亮:マイクラPEで音楽演劇ホールを忠実に再現!
 ・フライア瑠菜:脱出せよ!闇の宮殿
 ・田村天磨:最悪な誕生日
 ・入川真愛:おもしろ ランド
 ・安東鷹亮:ペットボトルロケットの自由研究まとめ動画
 ・山﨑浩太郎:ゆうきの冒険
 ・渡辺拓海:どうぶつレース
 ・秋穂正斗:勇者ヒロトの冒険『RPG』Ver.0.01  Adventure of the hero Hirot

 ◎エキスパートコース
 ・高田青周:1 ONE LIFE
 ・江頭秀一郎:数当てゲーム
 ・中原暁太郎:pythonで作る小学生向けSNS
 ・久保瑠唯:パララックスデザインを取り入れたホームページ
 ・西原志:文房具戦線
 ・江頭秀一郎:階乗電卓
 ・濵田智鵬:ジャンクのパソコンを修理して動かしてみよう!
 ・新井里花:魔女のイジワル血液型占い
 ・原賀亮冴:たかしとTamanegi~僕の部屋にいたやつ~
 ・猪狩明衣香:LINEスタンプ
 ・常岡惣太郎:街柱苦叙
 ・岡寺未来:イカライブ!スプラアイドルフェスティバル
 ・原和樹:ゆっくり焼き鮭うどんチャンネル
 
 <アイディア発表部門>
 ・西村ひかる・濵田 智鵬・江頭 しゅういちろう・松尾 ゆうま:LED通信技術について
 ・濵田智鵬:位置情報の立体化は可能なのか
 ・濵田智鵬:ネット選挙について
 
 【ワークショップ・ブース】
 IT・プログラミング・ものづくり・クリエイティブなどに関わる様々なコンテンツを用意することによりたくさんの子供達やご家族に遊びに来てもらいたいです!!
 (2F 8部屋にて開催)
 <内容>
 ・ドローン×プログラミング
 ・まいくらひろば
 ・プロゲーミングチームLibalent
 ・3Dプリンター展示
 ・AR楽器アプリKAGURA
 ・iPadプログラミングアプリ
 ・ウェアラブルデバイスIKEUCHI PRODUCTS
 ・プログラミング教室作品発表会
 ・Scratch検定試験会場
 ・仮想通貨ワークショップ
 など
 
 【講演会】
 子供だけでなく保護者や教育関係者などで一緒にこれからの教育を考えるための講演会。
 3Fメインホール(500席)にて開催。
 ◎山内奏人(ONE FINANCIAL CO., LTD. CEO)
 2001年生まれ。16歳。6歳のときに父親からパソコンをもらい、10歳から独学でプログラミングを始める。
 2012年には「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト」の15歳以下の部で最優秀賞を受賞。
 2016年にはウォルト株式会社(現ワンファイナンシャル株式会社)を創業。個人間決済サービス「ONEPAY」などを手掛ける。
 2017年11月 VCから1億円を調達。

 ◎吉田拓巳 株式会社セブンセンス 代表
 1995年生まれのVJ、映像演出家、空間プロデューサー、Webクリエイター。日本最年少社長として15歳で株式会社セブンセンスを設立。16歳で10代のネット擬似投票サイト「Teens Opinion」をリリースし、大きな話題を呼んだ。女性アーティストMINMI主催のイベント「FREEDOM」やMINMI全国ツアーをはじめ、大型EDMフェス「ULTRA JAPAN」映像演出、未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」のテクニカルディレクション、その他店舗等の空間プロデュース、企業のブランディングも手掛ける。

 ◎上木原孝伸
 N高等学校 副校長
 大手教育企業で講師として17年間教壇に立ち、受験指導に携わる。偏差値教育の限界とIT×教育の可能性を感じ、2015年に株式会社ドワンゴ教育事業本部に移籍。
 「カドカワの創る新しい時代に合ったネットの高校」として誕生したN高等学校の開校に携わり、2017年4月より同校の副校長に就任。
日本全国で生徒が学習しているネットの高校の運営という前例のないチャレンジに挑むとともに、ニコニコ動画のシステムを利用したネット双方向授業、ネットの高校ならではのコミュニケーションなどのN高の魅力、そしてこれからの社会を生き抜く子どもたちにとって必要な未来の教育などについての説明会や講演活動を行っている。

 ◎プログラミング教室対談
 福岡、東京の子供プログラミング教育を行なっている第一人者達が大集合。実際の現場で感じるプログラミング教育の大切さや難しさ、今後の展望などを本音トーク。ここでしか聞けないエクサキッズスペシャルトークセッションです。

 <参加>
 ・古林 侑樹(子どもプログラミング教室ITeens Lab.代表)
 ・片野 明彦(キッズプログラミング教室ミライト代表)
 ・林 秋彦(Akky先生のKID'Sプログラミング教室代表)
 ・竹林 暁(TENTO代表)
 ・濱川 一宏(NPO法人日本ソーシャルスクール協会 理事長)

 【後援】
 ・福岡県
 ・福岡市
 ・福岡市教育委員会
 ・春日市教育委員会
 ・大野城市教育委員会
 ・LOVE FM
 ・日本政策金融公庫
 ・明星和楽
 ・Office AYANA
 
 【協力】
 ・子どもプログラミング教室ITeens Lab.
 ・キッズプログラミング教室miraito
 ・TENTO
 ・Akky先生のKID'Sプログラミング教室
 ・studio kura
 ・social school
 ・Teach For Japan
 ・EduCreative Lab
 ・ONE SWORD株式会社
 ・anno lab
 
 【協賛】
 ・学校法人角川ドワンゴ学園N高等学校
 ・サイバーセキュリティ財団
 ・GMOペパボ株式会社
 ・ITeens Lab.
 ・(株)輝育カンパニー
 ・株式会社未来へのとびら
 ・さくらインターネット株式会社
 ・九州朝日放送
 ・さくらフォレスト株式会社
 ・株式会社ディーゼロ
 ・有限会社αPRODUCE
 ・有限会社グロバッレ
 ・英進館株式会社
 ・株式会社ドットインストール
 ・株式会社エミシス
 ・株式会社skyer
 ・株式会社BLUE SKY
 ・株式会社キャッチアップ
 ・有限会社ニュー七星
 ・株式会社伸和