2018年07月30日

安芸郡坂町小屋浦地区でのボランティア受付




 安芸郡坂町小屋浦地区でのボランティア受付

 2018年8月の情報で、4つあると思います。

 1、午前9時前に、坂町災害たすけあいセンター( https://www.facebook.com/sakachovc/ )で、受付して、小屋浦地区を希望する。

 2、直接、小屋浦に向かい、車をナフコの屋上に止めて、小学校( 坂町小屋浦二丁目28番7号 )の「サポートこやうら」に行く(写真参照)。
 https://www.facebook.com/hidetoshi.masamoto/posts/1778397202276391
 政本英俊さん( https://www.facebook.com/hidetoshi.masamoto )の投稿からです。
 豪雨災害ボランティアのお願いです。
 小屋浦住民を助けて下さい。
 家の敷地内は自分でやるしかないんです。
 年寄りが多い地域で、小屋浦住民のほとんどが被災者なので手が足りません。
 とにかく人が必要です。
 よろしくお願いします。
 ボランティアの受付は、小屋浦小学校の下駄箱です。
 9時から受付しています。
 駐車場はナフコベイサイド店の2階です。
 小屋浦内には駐車場が無く車両は入れません。
 ボランティア保険は、現地にて加入できます。費用はかかりません。
 拡散希望です。シェアするだけでも助けになります!

 3、直接、小屋浦に向かい、車をナフコの屋上に止めて、佐渡さんの4丁目ボランティアサテライト( 坂町小屋浦4丁目1-19 )に行く。
https://www.facebook.com/yokiyahompo/posts/1752019028246251
 佐渡忠和さん( https://www.facebook.com/yokiyahompo )の投稿から。
 【西日本豪雨災害小屋浦地区から私的報告④】
 広島県坂町小屋浦4丁目の復旧作業が、加速してきました。
 自衛隊は24時間体制で稼働、ご遺体捜索の範囲を広げ、
 被災地恒例のお風呂を設営してくれています。
 炎天下、家の土砂撤去に精を出す住民にとってはあすもがんばろうという元気の源になります。
 今週から町・県道や河川の土砂撤去が国交省直轄になり、特に河川には大型重機が続々稼働し始めました。
 来週には、入り口がふさがって土砂撤去のできない民家にも着手できます。
 消防署員も各地から集結しています。
 昨年の九州北部豪雨で大きな被害を受けた福岡県朝倉市からも、民家の土砂撤去に加勢してくれてます。
 4丁目ボランティアサテライトの受け付けは、午前中いっぱい可能にしました。
 10時以降は、道路の混雑が緩和されるからです。
 朝、ぷらっとボランティアでも行くかと友人を誘って車に乗り、すいている道を正午までに来ていただければ、3時まで半日動くだけで結構ですので、お気軽にお越しください。
 水は冷蔵庫に冷やしてあります。
 長靴とマスクなどは持ってきてください。
 私たちは思いを同じくする善意ある全国の同志たちが、補助金やスポンサーに頼らず私費で活動してます。
 小屋浦ボランティアサテライト
 坂町小屋浦4丁目1-19
 090-4282-5174 佐渡



 状況は、日々変わると思います。8月6日(月)に現地入りして、確認してきます。

 【7月31日(火)、追記】
 広島駅~坂駅まで、8月2日(木)から、JRが再開されます。
 坂駅から、小屋浦へ、代行バスもあるので、それを利用してもいいと思います。

 JR西日本トップページ http://www.westjr.co.jp/
 中国エリアをクリック http://trafficinfo.westjr.co.jp/chugoku.html
 広島・山口地区のタブをクリック
 【呉線】 西日本豪雨に伴う運転計画をクリック http://trafficinfo.westjr.co.jp/chugoku.html#00243619
 広島地区の運転状況について(呉線)をクリック   https://www.westjr.co.jp/press/article/items/337bb8a0066ceee660152b8a6bf0aaeb_1.pdf

 広島駅から坂駅までは、別紙1-2
 坂駅から小屋浦までの代行バスは、別紙3-4
 6時台~8時台、18時台~20時台は1時間に2本、それ以外は1時間に1本、運転。

 【8月1日(水)、追記】
 佐渡忠和さん( https://www.facebook.com/yokiyahompo )の投稿から。
 https://www.facebook.com/yokiyahompo/posts/1763692773745543
 【西日本豪雨災害小屋浦地区から私的報告⑧】
 『8月6日から無料ボランティア船が就航』
 豪雨災害から1ヵ月になる8月6日から、国道31号渋滞による、小屋浦・天応地区での深刻なボランティア不足を解消するために広島宇品港からボランティア船(無料)を就航(定員250名)させます(広島港西側1番乗り場)
 宇品発8時:55分→呉ポートピア(天応)港9時35分着。
 船内でボランティア受付手続も出来ます。
 帰りは天応港発14時30分→宇品港15時10分
 ボランティアさんは乗船無料ですが、車のみ軽自動車800円。普通車1000円(税込)が必要。
 小屋浦 ナフコベイサイド広島店を目指して下さい、駐車はナフコ屋上駐車場へ。
 さらに徒歩で小屋浦ボランティアサテライトへ徒歩で来て下さい。
 私たちは思いを同じくする善意ある全国の同志たちが、補助金やスポンサーに頼らず私費で活動してます。
 小屋浦ボランティアサテライト
 坂町小屋浦4丁目1-19
 090-4282-5174 佐渡

 【8月6日(月)、追記】
 https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1772093729572114&id=100003145127552

 以下、佐渡さんのfacebook の投稿です。

 【小屋浦ボラは、車両乗船料(片道)無料(3人以上乗車)】
 6日朝から始まったボランティア船は、第一便で41人が利用しましたが、ほぼ全員が呉市天応地区に向かい、小屋浦地区にはわずか一人だけでした。
 天応地区が広島港に受付を設けたこともあり、天応行きの船だと勘違いされたことが理由だと思われます。
 このままでは大変なので、広島港発のボランティア船で、事前登録して小屋浦地区ボランティアに来た方々(3名以上同乗者)に限り、車両の乗船代を全額小屋浦サテライトが負担します。
 広島港で初めて出会っての3名でもいいです。
 お誘い合わせのうえ、車に乗ってご参加下さい。
 お車でない方は天応港から小屋浦サテライトまでは送迎致します。
 車の方は天応港から小屋浦ナフコ駐車場(2階)まで車で数分の距離です。
 事前登録をされる方は、佐渡(082-230-0455)までお電話してください。

 【8月9日(木)、追記】
 4. ロハス南阿蘇たすけあい( https://www.facebook.com/%E3%83%AD%E3%83%8F%E3%82%B9%E5%8D%97%E9%98%BF%E8%98%87%E3%81%9F%E3%81%99%E3%81%91%E3%81%82%E3%81%84-1578281299135935/ )理事長 のおやっさん(井出順二さん https://www.facebook.com/profile.php?id=100010961190666 )の小屋浦地区プロボノベース。
 佐渡さんの4丁目ボランティアサテライト( 坂町小屋浦4丁目1-19 )の向かいにあります。




 
 おやっさんの8月8日の投稿。 
 https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=641688506206517&id=100010961190666

 おやっさんから、8月9日、facebook のメッセージをもらいました。
 「土砂出しニーズは沢山募集してます。」とのことです。
 朝早くのボランティアもあるので、よろしくお願いします。