2017年10月08日

鬼木誠先生の10月6日の投稿



 鬼木誠先生の10月6日の facebook の投稿です。
 https://www.facebook.com/onikidon/posts/1488862307827776?pnref=story

 【雨の街頭演説】10月6日
 今朝は雨。仲間達と共に、野間大池の交差点で街頭演説をしました。自転車も歩く人も少ない荒天でしたが、たとえ聴衆が小学生であっても何かが伝わると思い懸命に演説しました。ずぶ濡れになって手を振る仲間の姿を見て、私のメガネも濡れてしまうのでした。
 夜には医師会、歯科医師会、薬剤師会による決起大会。これまで財政分野に取り組んできた私ですが、この8月から厚生労働部会の部会長代理になりました。財政はコストをカットするために存在するのではなく、社会保障を持続可能なものにするためにあるのです。財政と社会保障は対立するものではなく表裏一体なのです。財政が破綻すれば社会保障も潰れるんです。税財政と社会保障の両方を理解する政治家として、次世代に持続可能な社会保障を引き継いでいきたい!国民の将来不安を払拭し、日本に活力を取り戻したい!日本が世界に誇る国民皆保険を守りたい!なんとしても国政に戻って、この大仕事に全力で取り組みたいのです!  


2017年10月08日

バンブードリーム*宝珠山竹地区棚田の復興ものがたり!



 一般社団法人SINKa の濱砂清さん( https://www.facebook.com/profile.php?id=100001645111183 )からです。

 以下、濱砂さんの facebook の投稿からです。

【バンブードリーム*宝珠山竹地区棚田の復興ものがたり!】
 東峰村竹地区(棚田100選地区)築130年の民家をリノベーションして田畑付きコミュニティゲストハウスにします。!
 九州北部豪雨(激甚災害)で道路が寸断され孤立しながらも住民自ら立ち上がり道路をつくり蘇った、85人の集落です。
10月21日土曜日に現地にはいり、周辺棚田を歩いてもらいたい、地域住民と語って欲しい、民家をみてもらいたい、夢を語って欲しい、竹地区物語スタートアップを企画します。
 福岡市内からでも車で80分の近場です。
 (*行きたいけど車のない方は連絡下さい。)
 地域再生、ソーシャルイノベーション、興味関心のある方(竹地区が見たい方、宿泊したい方、起業したい方、経営したい方、設計したい方、建築したい方、住みたい方、体験したい、寄付したい、地域おこし隊で入りたい、コーディネートしたい、ボランティアしたい、竹地区棚田米食べたい、なぜか関わりたい方)限定10人ぐらい?
 その説明会は、10月10日19時〜SINKaソーシャルビジネス研究会の企画として福岡市中央区大名のフラウコミュニティルームにて開催いたします。
 竹地区からも6名の地域住民のみなさんがきていただきます。
 是非、みなさん集まって下さい。

 https://www.facebook.com/events/1870332626615090/

 以下、イベントからです。
 SINKシーシャルビジネス研究会(東峰村竹棚田地区復興応援企画)
(Bamboo RiceTerraces Village Reconstruction Project)
予期せぬ激震災害(九州北部豪雨災害)に見舞われ孤立した東峰村竹棚田地区(400年の歴史があり日本棚田百選)の復旧復興、これからの具体的な行動したい人が集う企画ミーティングを開催します。
現地の皆さんも福岡市に来ていただきますので生の声を聴き、なにが起こったのか?いま何が必要なのか?いつだれが何を行動したらよいのか?確認する場を設けます、興味関心ある方は集まってください。

◆10月10日(火)19:00~21:00
プログラム
主催者挨拶 自己紹介 19:00~19:10(10)

1)竹棚田地区の皆さんが想いを語る時間19:10~20:00(50)
【古里の原風景をつなぐ東峰村の今とこれから!】
・東峰村・竹地区棚田保存委員会 
熊谷義春氏(区長)
梶原光春氏(村議)
伊藤英紀氏(会長)
小野貞己氏(副会長)
梶原昭徳氏(会計)
東峰村役場 
6名の方が見えられます。
http://toho.main.jp/tanada.html

・東峰村棚田まもり隊
・その他提案受け付けます。

2)未来を語りプロジェクト内容の具体的動きを決めるワークショップ 20:00~21:00(60)
ファシリテーター 濱砂清
・ボランティアはなにが必要か?
・寄付 クラウドファンディング
・事業化したいものは?
・ネーミング 竹の米屋敷

◆会場:フラウコミュ二ティルーム
福岡市中央区大名2-11-22若林ビル2階
◆定員:20名
・竹地区の皆さんに会いたい方、東峰村ゆかりのある方
・築130年の古民家を見たい方
・バンブードリーム(民家再生宿)に宿泊したい方
・バンブードリーム(民家再生宿)設計したい方、建築したい方
・経営参画したい方
・棚田保全委員会の事務局・全体コーディネートしたい方、地域協力隊として住みたい方
・災害復興、農作業ボランティアしたい方
・東峰村の復興に興味関心がある方
(ほうしゅ山楽舎、岩屋駅、岩屋名水、大行司駅、等)
・棚田100選の竹棚田の風景写真取りたい方
・竹棚田米が食べたい方
・九州北部豪富災害の現状が知りたい方
・ソーシャルビジネスに興味関心ある方

◆参加費:1000円(東峰村支援)
◆主催/お問い合わせ・申込み
:東峰村復興応援プロジェクト(事務局一般社団法人SINKa)
T:092-762-3789
e:info@sinkweb.net

★くるまざ交流会(別途会場移して割り勘)21:00~