2017年08月30日

OPEN JAPAN 参加した人の現地報告



 OPEN JAPAN( http://openjapan.net/ ) 小石原ボランティア支援ベースの投稿からです。
https://www.facebook.com/OPEN-JAPAN-%E5%B0%8F%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9-206999953162843/

 活動範囲を、東峰村から、朝倉市松末に広げています。

 https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=221510535045118&id=206999953162843

 以下、facebook の投稿からです。

 8月28日(月)
 ★本日参加された山口県の消防士さんからいただいた報告です。
 2日間の活動を終えて
 私は仕事の関係上、長期間の活動が出来ないため、短期間の活動をさせて頂いており、今回で4回目の参加になります。
 初めてOPEN JAPANに参加させて頂いた日は8月3日で、杷木松末本村地区に初めてボランティアが入るという日でした。
 目の前に広がるのは被災直後から時間が止まった状態で、正直、この地域に復興というゴールがあるのかと感じてしまう光景でした。
 130年前に建てられた酒屋さんに溜まった土砂と、疲れきったご夫婦を目の当たりにした時は、何と声をおかけしたら良いのか、言葉が見つからなかったのを覚えています。
 それでも、参加する度に、少しずつ復興という時計の針が進み出しているのは実感できたのですが、この酒屋さんは初日にボランティアをさせて頂いたのみで、どのようになっているのか気にかかっていました。
 それから数日後、笑顔の酒屋さんご夫婦の写真を見ることができ、私の携わっていない期間に、どれだけのボランティアの方々が復興のために尽力されてきたのか、この写真を見るだけで容易に想像ができ、本当に感動しました。
 残念ながら、まだこの地域は雨が降れば復興の後退を余儀なくされてしまう地域です。
 1人の力は自然災害では微力かもしれませんが、それでも1人1人の力が確実に復興に繋がっていることに間違いはありません。
 夏休みも終わりに近づき、ボランティアの数が減るという懸念もありますが、まだまだボランティアが必要な地域です。
 少しでもこの地域の方々の役に立てるよう、また、被災された方々が笑顔で、「もうボランティアは必要ないよ!」と言ってもらえるまで、これからも継続してOPEN JAPANの皆さんと活動させて頂けたらと思います。
 古井將揮(まーくん)
 【活動人数】
 松末本村 10件 社協ボランティア65人
 松末小河内 2件 社協ボランティア26人
 松末石詰 2件 社協ボランティア 9人
 杷木白木 1件
 OJ18人
 【活動車両】
 重機 8台
 ダンプ 6台
 【連携団体】
 南浜ひまわりプロジェクト
 ヒューマンシールド神戸
 SEEDS OF HOPE
 コミサポひろしま
 チーム和楽
 ボランティア有志
 【活動内容】
 床下、納屋、家周り等の泥出し、床下水抜き、家屋の高圧洗浄、床下ブラシがけ、家財出し、貴重品出し、災害ごみ仕分け、現調調査
重機を使用しての家屋・家周り・納屋・倉庫の土砂出し、水路に土管を入れての水道(みずみち)づくり



同じカテゴリー(朝倉市)の記事画像
9月24日(日)、福岡発、津久見市と朝倉市での災害ボランティア
福岡市災害ボランティアバスを運行します(9月18日,22日,29日)
日本九援隊の農業ボランティア
JRVC螢火 消防士とボランティア
朝倉市復興支援
朝倉市でYNFの在宅聞き取り調査ボランティアに参加してきました。
同じカテゴリー(朝倉市)の記事
 9月24日(日)、福岡発、津久見市と朝倉市での災害ボランティア (2017-09-20 05:07)
 福岡市災害ボランティアバスを運行します(9月18日,22日,29日) (2017-09-13 06:13)
 日本九援隊の農業ボランティア (2017-09-12 20:32)
 JRVC螢火 消防士とボランティア (2017-09-11 20:19)
 朝倉市復興支援 (2017-09-06 22:15)
 朝倉市でYNFの在宅聞き取り調査ボランティアに参加してきました。 (2017-09-03 06:32)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。