2017年09月15日

熊本地震のボランティア団体 連携へ新組織設立



 福岡でも、いろいろな団体の連携ができればと、思っています。

【熊本地震のボランティア団体 連携へ新組織設立】
https://this.kiji.is/278345407070668280

 熊本地震の被災地で活動を続ける複数のボランティア団体が、新たなネットワーク組織「みんなのボランティアステーション」(みんボラ)を設立した。連携によって支援活動の人手不足を解消し、各団体の得意分野を生かしながら息の長い被災地支援につなげる。
 支援を必要とする被災者のニーズと、各団体で実施可能な活動内容をマッチングし、必要な人員を団体間で補う。被災者自身が主体的に活動へ参加できるようコーディネートし、「共助」の機会も増やしていく考えだ。
 設立総会を4日、益城町の「障害者がともに暮らせる地域創生館」で開催。解体前家屋からの家財搬出や子ども学習支援などに携わっている11団体が出席。発起人の「くまもと友救[ゆうきゅう]の会」代表、松岡亮太さん(33)をみんボラ代表に選出。副代表に就いた被災地障害者センターくまもとの東俊裕事務局長(64)は「被災者からのSOSは途切れないが、ボランティアは減っている。支援の継続を願っている」と語った。
 今後は、被災者支援のマッチングを既に実行している「くまもと災害ボランティア団体ネットワーク」(KVOAD[ケイボアド])とも連動し、情報共有を図っていく。(小多崇)

 



同じカテゴリー(熊本大分地震)の記事画像
7/24(火)、西原村復興支援・福岡市での海水浴イベント
6/30(土)、【クロスロードファシリテーター養成講座2018春】@長洲
8/11(土)、熊本県南阿蘇村、第3回復興盆踊り大会
5/8(火)、南阿蘇発世界へ・よそ者だからできることを-創造的復興
熊本市が、震災時のLINE活用を検証
4月15日(日)、地域コミュニティの再生から見る震災後の熊本の未来
同じカテゴリー(熊本大分地震)の記事
 7/24(火)、西原村復興支援・福岡市での海水浴イベント (2018-07-20 20:08)
 6/30(土)、【クロスロードファシリテーター養成講座2018春】@長洲 (2018-06-16 06:21)
 8/11(土)、熊本県南阿蘇村、第3回復興盆踊り大会 (2018-06-09 20:35)
 5/8(火)、南阿蘇発世界へ・よそ者だからできることを-創造的復興 (2018-04-28 05:24)
 熊本市が、震災時のLINE活用を検証 (2018-04-08 07:30)
 4月15日(日)、地域コミュニティの再生から見る震災後の熊本の未来 (2018-03-31 18:34)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。