2017年12月14日

学びを通じた地方創生コンファレンスin福岡、報告その3

 「学びを通じた地方創生コンファレンスin福岡~対話によるイノベーション~」報告その3



 
 12月3日(日)、2日目。

 午前9時半~11時45分。

 津屋崎ブランチ( http://1000gen.com/ https://www.projectdesign.jp/201509/stepforvitalizinglocal/002419.php )の山口覚さんによる「対話とファシリテーション研修」です。

 最初に、午後に取り上げてほしいテーマを参加者が、付箋紙に書き、提出します。

 それを、運営側が取捨選択して、4つのテーマに分けます。午後は、どのテーマの分科会に参加したいかを、決めます。

 どんな分科会になるかを、その日に決めるという画期的な仕組みです。

 その4つのテーマを決めるための時間帯で、山口さんによるファシリテーションの研修です。

 以下、山口さんからのキーワードです。

 「会議室では未来が生まれない、カフェの雑談の中で未来が生まれる」
 「ポールシステムアプローチ、全員が主役」
 「経験が高い専門家が仕切ると?」
 「中学生、高校生、大学生が混じることがよい。」
 「安全性の担保」
 「相手の言葉と自分の言葉の境目をなくす。」
 「断定をしない。」
 「人は知っている、と軽々しく口にしない。」
 「沈黙を歓迎する。」

 「心はあるのか?」ということをテーマにワールドカフェです。

 そうこうしいている内に、運営側により、午後の4つの分科会のテーマが決まりました。




 私は、「”まちづくりオタク”だけが集まるまちづくりの場に他の人を呼び込むには、あなたはどうすればよいか?」という分科会を選びました。

            ≪続く≫



同じカテゴリー(福岡の勉強会•交流会)の記事画像
カクシンVol.1 ~ふくおかで‘さわぎ’を起こす10の法則~
Fukuoka AI Community キックオフイベント
第45回ワークライフバランスプレゼン勉強会
スウェーデンkimono完成お披露目会
チャレキッズ ~障がいのある子どもたちの夢をかなえるプロジェクト
【みんなの学校】木村先生と考えよう!これからの学びin飯塚
同じカテゴリー(福岡の勉強会•交流会)の記事
 カクシンVol.1 ~ふくおかで‘さわぎ’を起こす10の法則~ (2018-01-22 05:06)
 Fukuoka AI Community キックオフイベント (2018-01-21 06:21)
 第45回ワークライフバランスプレゼン勉強会 (2018-01-18 19:22)
 スウェーデンkimono完成お披露目会 (2018-01-17 15:12)
 チャレキッズ ~障がいのある子どもたちの夢をかなえるプロジェクト (2018-01-10 19:12)
 【みんなの学校】木村先生と考えよう!これからの学びin飯塚 (2017-12-29 18:55)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。