2017年12月17日

「 主役はわたしたち 避難所からのコミュニティ形成」に参加してきました。







 「 主役はわたしたち 避難所からのコミュニティ形成」

 12月9日(土)、福岡市男女共同参画センター、アミカス( https://amikas.city.fukuoka.lg.jp/ )であったイベントに参加してきました。

 https://amikas.city.fukuoka.lg.jp/modules/eguide/event.php?eid=927

 以下、イベントのページからです。
 
 今回熊本地震で益城町中央小学校での避難所作りに活動された吉村静代さんをお迎えし、貴重なお話をお聞きします。
 吉村さんは「主役はわたしたち~明るく楽しい避難所」をモットーにコミュニティづくりに奮闘され、その活動はモデルケースとして注目されています。女性リーダーの重要性、育成の必要性など皆さんとともに考えていく講座です。

 引用終わり。

 吉村静代さん( https://www.facebook.com/profile.php?id=100012132040406 )とは、今年4月の「クロスロードのつどい全国大会in熊本」( http://isindaihyou.yoka-yoka.jp/e1990138.html )で、ご縁ができています。

 その後、防災関係のイベントなどで、よくお会いします。

 吉村さんは、益城だいすきプロジェクト・きままに( https://www.facebook.com/mcess0414/ )の活動が、避難所運営のモデルケースとして、全国的に注目されています。

 避難所運営は、自治体職員におまかせするのではなく、被災者の方たちが主体となって動くことができると、とてもいい形になるというケースです。

 2回目に聞くお話ですが、また勉強になりました。ありがとうございました。



同じカテゴリー(熊本大分地震)の記事画像
7/24(火)、西原村復興支援・福岡市での海水浴イベント
6/30(土)、【クロスロードファシリテーター養成講座2018春】@長洲
8/11(土)、熊本県南阿蘇村、第3回復興盆踊り大会
5/8(火)、南阿蘇発世界へ・よそ者だからできることを-創造的復興
熊本市が、震災時のLINE活用を検証
4月15日(日)、地域コミュニティの再生から見る震災後の熊本の未来
同じカテゴリー(熊本大分地震)の記事
 7/24(火)、西原村復興支援・福岡市での海水浴イベント (2018-07-20 20:08)
 6/30(土)、【クロスロードファシリテーター養成講座2018春】@長洲 (2018-06-16 06:21)
 8/11(土)、熊本県南阿蘇村、第3回復興盆踊り大会 (2018-06-09 20:35)
 5/8(火)、南阿蘇発世界へ・よそ者だからできることを-創造的復興 (2018-04-28 05:24)
 熊本市が、震災時のLINE活用を検証 (2018-04-08 07:30)
 4月15日(日)、地域コミュニティの再生から見る震災後の熊本の未来 (2018-03-31 18:34)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。