2010年09月13日

政治への想い(その1)

 私が、本格的に政治活動をするようになったのは、3年半前の統一地方選挙からです。

 そのときの動機のひとつは、「このままでは、自分の子供に、顔向けできない。」ということがあります。

 福岡市の県議の方のボランティアスタッフとして、手伝わさせていただき、その後、選挙事務所で、2年半、いろいろな仕事のお手伝いをさせていただきました。

 また、今回の福岡市長選のいろいろな動きを見て、次のようなことを、感じています。

 戦後から、今までの選挙は、

 選挙後に利権がある、または、選挙の結果、報酬が得られる方たち、もしくは、その周囲の方たちだけの選挙

 という気がします。

 「自民党→利権、民主党→労働組合」などと思います。

 その一部の方たちのためだけの選挙を、市民に取りもどしたい、と考えています。

 今回のいろいろな動きも、選挙後に利権を確保したい、影響力を持ちたい、という権力争いにしか、見えません。 

 そんなことをしている場合なのでしょうか?

 このままでは、日本はつぶれてしまう、自分の子供たちがかわいそう、と思いませんか?



同じカテゴリー(政治への想い)の記事
 「政治への想い(その3)」再々々掲示 (2011-01-12 13:28)
 「政治への想い(その3)」再々掲示 (2010-10-30 22:39)
 政治への想い(その3)再掲示 (2010-09-29 17:59)
 政治への想い(その4) (2010-09-17 19:44)
 政治への想い(その3) (2010-09-15 19:13)
 政治への想い(その2) (2010-09-14 18:08)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。