2010年09月15日

政治への想い(その3)

 
 立候補を考えている時に、次のような言葉をよく言われました。

 「どうせ、君が出ても、世の中、何も変わらないよ。お金を損するだけだよ。」

 前にも、書きましたが、このままの状態では、子供たちに、バトンタッチができないと、考えています。

 座して、日本が衰退するのを待つよりも、自ら撃って出て、活路を開きたい。

 それを以て、子供たちに範を示したいと、考えています。

 おかしいことは、おかしいと言うことができ、まっすぐな気持ちで、頑張ることができ、

 夢と希望が持てる素晴らしい国なんだよ、日本は。

 と、子供たちに、行動で示したい、と考えています。



同じカテゴリー(政治への想い)の記事
 「政治への想い(その3)」再々々掲示 (2011-01-12 13:28)
 「政治への想い(その3)」再々掲示 (2010-10-30 22:39)
 政治への想い(その3)再掲示 (2010-09-29 17:59)
 政治への想い(その4) (2010-09-17 19:44)
 政治への想い(その2) (2010-09-14 18:08)
 政治への想い(その1) (2010-09-13 12:11)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。