2010年11月24日

受験の勉強方法のアドバイスをします。

 

 主体的学習システムという方法を、考えています。

 実際に、数学がほとんどできなかった高校生を、一橋大への合格のお手伝いをした実績があります。

 高校受験にも、十分適応します。

 方法は、「先生→生徒A」の方法から、「先生→生徒A→生徒B」という形を作ります。

 生徒Aは、必ず伸びます。

 さらに、同じ問題の解法を、生徒B以外でも、二人作ります。

 弟、妹、お母さん、お父さん、近所の知り合いなどです。

 状況によっては、大学生を家庭教師として、雇い、聞き役にさせます。

 浪人生でも、今からでも、受験に十分間に合います。

 今まで、学校や、予備校で、聞いた授業の内容をリプレイしてもらいます。

 人に説明できるレベルになっていれば、受験に対応できます。

 詳しくは、別のブログに載せています。

 飯野健二教育研究所 http://iikenkyouiku.yoka-yoka.jp/

 お問い合わせは、メールか携帯まで iinoken2001@yahoo.co.jp または 090-4351-6903



同じカテゴリー(主体的学習システム)の記事
 「教えない」が難関大合格者を続出させる秘訣 開智学園の強さの源泉とは? (2017-02-15 19:40)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。