2011年01月14日

「一隅を照らす」が好きな言葉です。【再掲示】


  「一隅を照らす」が好きな言葉です。

  安岡正篤氏は、天下国家をあれこれ論じるよりもまず自分がいる場所を明るく照らせる人間に、という意味を込めて「一燈照隅・萬燈遍照」と語ります。

 おのおのがそれぞれ一燈となって、一隅を照らすこと。この「一隅を照らす」は、伝教大師がその著『山家学生式(さんげがくしょうしき)』のなかに、提唱しておることです。
 なんで片隅を照らすなどと、心細いことを言われたのか・・・とよく考える人がある。大光明を放つとでも言ってもらいたいところです。しかし聞くだけなら愉快だが、人間みずから大光明を放つことなど、どうしてなかなか出来るものではない。
 つまらない人間も「世界のため、人類のため」などと言います。あれは寝言と変わらない。寝言よりももっと悪い。なにも内容がない。自分自身のためにも、親兄弟のためにも、ろくなことができない人間が、どうして世界のために、人類のために、なんて大口きけるか。
 それよりも、自分か居るその場を照らす。これは絶対に必要なことで、また出来ることだ。真実なことだ。片隅を照らす! この一燈が萬燈になると「萬燈遍照」になる。こういう同志が十万、百万となれば、優に日本の環境も変わりましょう。

(安岡正篤『青年の大成』(致知出版社刊)より) 次のブログより引用させていただきました。http://blog.goo.ne.jp/est17/e/526920d68a710dfa112611cd2027ed41



同じカテゴリー(好きな言葉)の記事画像
“これまで”が”これから”を決めるのではなく、”これから”が”これまで”を決める。
同じカテゴリー(好きな言葉)の記事
 “これまで”が”これから”を決めるのではなく、”これから”が”これまで”を決める。 (2015-03-02 15:39)
 利用する人、利用されたい人【再掲示】 (2011-01-21 09:00)
 中村天風先生のお言葉【再掲示】 (2011-01-19 09:43)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。