2011年02月11日

名古屋ショック・二元代表制はゆらぐか


 

  2月9日の西日本新聞の特集です。
 タイトル 名古屋ショック・地域政党と民意
 サブタイトル 警戒 二元代表制は揺らぐか

 以下、引用です。
 首長と議会。選挙で選ばれた両者が互いにけん制しあう二元代表制は地方自治の原則だ。「首長新党」は二元代表制を脅かす存在にならないか。
   (中略)
 「大阪維新の会」や「減税日本」を勢いづかせている最大の要因は、代表を務める橋下、河村の個人的な人気だ。

 以上引用終わりです。

 二元代表制そのものに対する議論は別として、福岡市などの、市役所と市議会が、ほとんど一体化していることに、市民は、憤りを感じています。

 議会が、福岡市政に、国民、市民のためのチェック機能が、できていれば、「議会はいらない」という市民の声は出ないと思います。



同じカテゴリー(地方議会を市民の手に!)の記事画像
塩村文夏さんが見た都議会「職員ともたれ合いの構造」 波瀾万丈の4年を振り返る【都議選2017】
市民と議員の条例づくり交流会議2017 「議会のチェック機能を本気で考える」
市民と議員のdialogue
立候補は必ず男女二人で 西日本新聞
市民と議会の条例づくり交流会議in九州
地方議員の口利き
同じカテゴリー(地方議会を市民の手に!)の記事
 塩村文夏さんが見た都議会「職員ともたれ合いの構造」 波瀾万丈の4年を振り返る【都議選2017】 (2017-06-20 21:57)
 市民と議員の条例づくり交流会議2017 「議会のチェック機能を本気で考える」 (2017-06-10 03:32)
 議会基本条例10年シンポジウム「九州から問う 議会改革」 (2017-02-16 06:24)
 市民と議員のdialogue (2017-01-18 20:21)
 立候補は必ず男女二人で 西日本新聞 (2015-04-12 11:35)
 地方議会の女性議員12%にとどまる (2015-03-24 20:40)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。