2019年11月23日

12/1(日)、福島と水俣―福島県南相馬の語り部の高村美春さんの話をじっくりと水俣で聞く会



 12/1(日)、福島と水俣―福島県南相馬の語り部の高村美春さんの話をじっくりと水俣で聞く会

  東北地方で、知り合った中のお一人、石原明子先生( 紛争変容・平和構築学 )からです。福島と水俣をつなげられています。
 「ふくしま×みなまた」https://isindaihyou.yoka-yoka.jp/e1104805.html
 水俣と福島に共通する10の手口 https://isindaihyou.yoka-yoka.jp/e1135646.html
 
 https://www.facebook.com/akiko.ishihara.35/posts/3731196450227536

 以下、石原さんの投稿です。

 <どなたも歓迎・転送歓迎>
 水俣で、水俣の方々と、福島のこれまでと今について、じっくり耳を傾けたい方、全国から歓迎します! 
 南相馬の語り部の高村美春さんのお話を伺います。
 起こったことは悲しいことですが、でも、なんか、よいことがあるかもしれません。
 ※申込不要ですが、遠くからお越しの方はご一報ください。
 https://www.facebook.com/events/402939366999641/

 以下、facebook のイベントからです。

 2019年12月1日日曜日 13:15〜16:00
 水俣病資料館 語り部講話室

 水俣病公害事件と東京電力福島第一原発事故の構造は、大変似ているといわれています。
 福島県南相馬市在住で震災の語り部などを続けておられる高村美春さんのお話を、水俣で一緒に聞きませんか。
 東日本大震災から8年以上たち、今回の台風でも大きく被災している東北地方、特に原発被災地のこれまでと今を、伺いたい、水俣病公害事件のこれまでと今を、共に考えてまいりたいと思います。
 高村さんは、3人のお子さんのお母さんとして東日本大震災を被災。津波と原発事故の両方の被災のひどい南相馬におられました。一市民として、ずっと、起こってくること一つ一つに向き合い、環境省健康リスク・コミュニケーション委員の市民代表委員として国に対して意見を伝えることもなさってきました。その後の避難の様子、子どもさんとのこと、行政や東電や市民一人一人のこと、耳を傾け、この現代を生きる一人の当事者として私たちはどう生きるかを考えたいと思います。
 高村さんは、水俣との交流を続け、水俣の語り部の緒方正実さんや杉本肇さん、やうちブラザーズを福島に招聘するなどの取り組みもしてこられました。
 しかしこれまで、高村さんのご体験を、じっくりと水俣で伺う機会はありませんでした。ぜひ、水俣で、福島の魂に、耳と心と魂を傾けたいと思います。

 熊本では、11/29(金)にあります。
 https://www.facebook.com/akiko.ishihara.35/posts/3731223700224811



 
 <どなたでも歓迎・転送歓迎>
 熊本地震を経験した熊本で、熊本の方々と、福島のこれまでと今について、じっくり耳を傾けたい方、全国から歓迎します! この2日後には、水俣でもお話いただきます。
 南相馬の語り部の高村美春さんのお話を伺います。
 起こったことは悲しいことですが、でも、なんか、よい出会いがあるかもしれません。

 https://www.facebook.com/events/837067003362273/

 2019年11月29日金曜日 18:30〜20:30
 日本福音ルーテル室園教会

 福島県南相馬市在住で震災の語り部などを続けておられる高村美春さんのお話を一緒に聞きませんか。
 東日本大震災から8年以上たち、今回の台風でも大きく被災している東北地方、特に原発被災地のこれまでと今を、伺いたいと思います。
 高村さんは、3人のお子さんのお母さんとして東日本大震災を被災。津波と原発事故の両方の被災のひどい南相馬におられました。一市民として、ずっと、起こってくること一つ一つに向き合い、環境省健康リスク・コミュニケーション委員の市民代表委員として国に対して意見を伝えることもなさってきました。その後の避難の様子、子どもさんとのこと、行政や東電や市民一人一人のこと、耳を傾け、この現代を生きる一人の当事者として私たちはどう生きるかを考えたいと思います。

   


Posted by 飯野健二 at 18:03Comments(0)石原明子

2015年04月19日

日経の「結び人」石原明子熊本大学准教授


【本日の日経の「結び人」石原明子熊本大学准教授 紛争解決学】
 記事からです。「長年、葛藤を抱え、公害後を生き抜いてきた水俣病患者や地域の人たちの言葉には、福島の人たちが現在や未来について考える手掛かりがある。」水俣と福島の当事者が語り合う機会をつくり、問題解決の糸口を探っている。

 石原さんとは、福島で2度お会いしています。
 一度目は、石原先生の尽力で、福島市から水俣市に行った鎌田千瑛美さんのワークショップで。
http://isindaihyou.yoka-yoka.jp/e1104805.html
http://isindaihyou.yoka-yoka.jp/e1135646.html
 二度目は、2014年1月25日の未来会議inいわきでした。
https://www.facebook.com/events/655095047888814/
https://www.facebook.com/miraikaigi  


Posted by 飯野健二 at 10:51Comments(0)石原明子

2014年10月12日

石原明子先生のワークショップ


 東北地方で、知り合った中のお一人、熊本大学准教授の石原明子先生( 紛争変容・平和構築学 )が、熊本市でワークショップをされます。
 石原先生は、東北各地の方を水俣市に招待するなど、ご活躍されています。お近くの方は、ぜひ、足をお運び下さい。

 以下、facebook の投稿からです。

公開WS「葛藤から持続可能性への扉を開く:ディープデモクラシーによる紛争解決」@熊大

熊本大学では、企業や自治体、福島での対話ファシリテーションで活動する実力派のプロセス指向紛争解決のファシリテーターである廣水乃生さんを講師にお招きして、体験型ワークショップを行います。
日常にも、仕事上にも使っていただける本格的な葛藤解決・紛争解決のスキル、主要なものの見方・考え方を体験的に学ぶことができます。
どなた様もご参加ください。


●日時:2014年11月2日(日)午後1時~5時半
         3日(月・祝)朝10時~5時 ※一日のみの参加も可能

●場所:熊本大学インキュベーションセンター・リエゾン会議室
●参加費:1000円(各日)(2日間で2000円:経済的に厳しい方はご相談ください)
●申込み:熊本大学 渡邊朝美までメールでお願いいたします
 メール:chaomei0706@gmail.com   電話番号:096-342-2417
●内容についてのお問合せ:熊本大学 石原明子(大学院社会文化科学研究科・准教授)aishi@kumamoto-u.ac.jp 
●プログラム
(1)2014年11月2日(日)【個人編】:個人の葛藤をどう扱うか
※葛藤を抱えた個人の解決支援(葛藤コーチング・葛藤カウンセリング)や、自身の葛藤解決の入門編を学びます。
(2)2014年11月3日(月・祝)【人間関係・グループ・組織編】
※葛藤を、関係性(カップル、友人など)やグループ・組織といった単位で見ていき、解決の糸口をさぐり、体験的に個人に起こることや全体に関連することについての見方・考え方を複層的に学びます。
●講師:廣水乃生
 ファシリテーター:廣水乃生、石原明子

<講師・ファシリテーター紹介>
廣水乃生(コミュニティファシリテーション研究所 所長、プロファシリテーター)
東京学芸大学で教育学の修士号を取得後、中学や高校の教員などを経て、米国のプロセスワークセンターで葛藤ファシリテーションと組織変革の修士号を取得。在学中から、日本をフィールドにした葛藤ファシリテーションの仕事をはじめ、数々の有名企業の組織開発・組織変革やグループファシリテーターをつとめる。東日本大震災後は、福島県飯館村等の対話の支援活動をつづける。
※プロセスワーク紛争解決とは、アーノルド・ミンデル博士がユング派心理学を身体症状の問題や関係性やグループ・組織の葛藤解決にまで応用して発展した紛争解決手法で、日本では根強い人気があり、ビジネスの分野でも応用されはじめている。

<企画者・ファシリテーター紹介>
石原明子(熊本大学大学院社会文化科学研究科・准教授)
国際基督教大学、京都大学大学院、厚生労働省研究所研究員を経て、2008年から熊本大学教員(紛争変容・平和構築学)。当該分野のメッカのひとつである米国のイースタンメノナイト大学大学院で学ぶ。熊本大学大学院社会文化科学研究科交渉紛争解決・組織経営専門職コース長、拠点研究A「紛争解決学・合意形成学の拠点形成研究」副拠点長。

主催:拠点A『紛争解決学・合意形成学の拠点形成研究』
共催:交渉紛争解決研究会
   イノベーション推進人材育成センター
  


Posted by 飯野健二 at 09:37Comments(0)石原明子