2019年08月23日

2019年08月21日

9/3(火)、【東京でのイベント】みんなで考える「逃げ遅れゼロ」への挑戦



 【東京でのイベント】
 アウトドア防災ガイドのあんどうりすさんからです。
 facdebook ページ https://www.facebook.com/andorisu/
 あんどうりすさんHP https://andorisu.jimdo.com/
 9/3(火)、【東京でのイベント】みんなで考える「逃げ遅れゼロ」への挑戦

 女性防災ネットワーク東京( https://gdn-tokyo.localinfo.jp/ )から。
 https://gdn-tokyo.localinfo.jp/posts/6743290

 以下、引用です。

 大規模気象災害において「早期避難が当たり前」になれば多くの命が守られます。
「まわりの人がどう動くか」ではなく、情報と自らの判断に基づいて、早期避難の意思決定をする個人を増やしていくためにはどのような取り組みが必要なのか?
この難問について、避難計画作りのツールの紹介とともに皆で考えていきます。

1. 日時 2019年9月3日(火) 18:30~20:30 (18:15開場)
2. 会場  東京ボランティア・市民活動センター(〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 飯田橋セントラルプラザ10階)
https://www.tvac.or.jp/tvac/access.html
3. 参加費 500円 (当日払い *領収書を発行致します)
4. 定員: 40人 (先着順で受け付け)
5. お申込み WEBサイト: http://urx.space/byvi にて受け付け

*上記フォームでの入力が難しい方はこちらのメールアドレスにお名前、ご所属、希望イベント日時お送りください。

==========プログラム==========
1) 問題提起
あんどうりす
    女性防災ネットワーク東京 呼びかけ人
    アウトドア防災ガイド

 2) 小中学校向けマイ・タイムライン検討ツール ~逃げキッド~ 紹介
鮎川一史
国土交通省 河川情報センター 流域情報部 参事

3) 江戸川区の子育て世代と一緒に考えた避難計画ツール 紹介
4) リレートーク
    「早期避難」をテーマに活動する方々のショート・プレゼンテーション
 *防災科学技術研究所 取出新吾さん他スペシャルゲスト
 5) 交流会
    会場の人たちで名刺交換 
   


2019年08月19日

2019年08月18日

 【東京都立川市でのイベント】8/20(火)、「学ぼう!災害時の授乳支援」



 【東京都立川市でのイベント】
 8/20(火)、「学ぼう!災害時の授乳支援~災害時に赤ちゃんを健康リスクから守るための支援ノウハウとは?~」

 午前中は、あんどうりすさんが、進行です。
 https://andorisu.jimdo.com/
 https://www.facebook.com/andorisu/

 facebook の投稿からです。

 https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=893968784282103&id=100010069697041

 拡散歓迎!!「学ぼう!災害時の授乳支援~災害時に赤ちゃんを健康リスクから守るための支援ノウハウとは?~」開催します。災害時に授乳支援の方法を誤ると、かえって赤ちゃんとお母さんの健康リスクを高めてしまう可能性もあります。ミルクも取扱いの際にも気を付けるべきことがいろいろあります。そこで災害時の授乳支援のあり方について学び、災害現場での保護者・養育者の支援のための実践的なスキルを身につけるます!(会場は東京都立川市、立川駅近く)
 〔学ぼう!災害時の授乳支援〕
 申し込みはこちらから
  https://docs.google.com/forms/d/1kyK9a8s7jadm1OmVQ9lXzzoiiKOG7uZiY4Dh0XuM_64/viewform?edit_requested=true&fbclid=IwAR3hVpEZASptKJg6jHgkC10SwSVlrrZC026ksbMvy6wY2XMdLbk_41-pps8

 2019年8月20日(火)
 <内容>
 【午前の部】 講演10:00~12:00(定員60人)
 場所:立川女性総合センター・アイム 第1研修室
 https://www.city.tachikawa.lg.jp/danjo/shogaigakushu/sogoceter/imhall/access.html?fbclid=IwAR2ADmFrJ0Fjjp1NQIn-UhGRWPJR67evhW2ltz5rrHkuSsDDt4inNeFnDrQ  (立川駅すぐ)
 テーマ: これだけは知っておきたい!災害時の授乳支援
 趣旨説明・進行 あんどう りす
  アウトドア防災ガイド
 1)災害時の乳幼児の栄養支援のあり方とは?~国際基準も踏まえて
  奥 起久子 さん 
  小児科医 / 新生児科医
 2)みんなで築こう!妊産婦・乳幼児ための救援システム
  浅野 幸子
   減災と男女共同参画 研修推進センター
 3)災害備蓄のミルクはどこまで有効?どうすれば本当に有効にできるの?
 ~ 管理・運搬・配布上の課題と、粉/液体
   それぞれの利点と課題点~
 (会場を交えたディスカッション)
 【午後の部】ワークショップ13:30~16:00(30人)
   場所:立川市子ども未来センター202会議室
 テーマ: 高めよう!災害時に授乳をしている
      お母様等のための支援スキル
 グループワークを通して、災害現場を想定した場合の、赤ちゃんのお母様をはじめとした保護者・養育者に対する、よりよい接し方、ご支援ができるようにすることを目指します。要配慮者支援全般に役に立ちます。当事者の主体性を尊重したコミュニケーションスキルを身につけ、最終的にはお母様や養育者ご自身が、必要な支援を自ら声にできるよう、お手伝いできるようになることを目指します。
  本郷 寛子
 東京大学大学院医学系研究科国際地域保健学教室客員研究員、MSWカウンセラー、母と子の育児支援ネットワーク代表(「災害時の母と子の育児支援共同特別委員会」代表)
  高橋 聖子
   インクル・ラボ 代表
 主催 「災害と乳児栄養」国際基準研究会
 共催 立川市災害ボランティアネット
 問合せ先 「災害と乳児栄養」国際基準研究会
     ife.kenkyu*gmail.com 
      (*を@に変えてください)

  


Posted by 飯野健二 at 06:58Comments(0)防災

2019年08月13日

9/1(日)、福岡市市民防災訓練




 【福岡市でのイベント】
 9/1(日)、福岡市市民防災訓練
 私も、博多あんあんリーダー会( https://www.hakata-anan.org/ )で、避難所サポートチーム・福岡のブースにいます。
 福岡市役所とLINE株式会社のブースもあります。   

 日時:9月1日(日)、10~12時
 場所:照葉小学校・中学校(福岡市東区香椎照葉2-2-1)
 問い合せ先:福岡市市民局防災・危機管理課 092-711-4056

 http://www.city.fukuoka.lg.jp/shimin/bousai/bousai/bousaikunnrenn_2.html
  


Posted by 飯野健二 at 07:15Comments(0)防災

2019年08月12日

10/19(土)~20(日)、ぼうさいこくたい2019NAGOYA



 10/19(土)~20(日)、ぼうさいこくたい2019@NAGOYA

 http://www.bosai-kokutai.jp/

 プログラム http://www.bosai-kokutai.jp/program/
 10/19(土)
 10:30〜12:00
 [SS-06] 「大規模災害に備えた広域連携機能の強化 ~名古屋三の丸地区再整備をきっかけとして~」
 主催団体
 三の丸地区再整備研究会
 協力団体 公益財団法人名古屋まちづくり公社名古屋都市センター

 [SS-09] 「第2回全国高校生地域防災サミットin名古屋」
 主催団体 岐阜聖徳学園高校
 協力団体 岐阜聖徳学園大学、岐阜大学、YY防災ネット

 [SS-12] (仮)「南海トラフ巨大地震研究と減災対応」―研究者、行政、企業の連携を視野に―
 主催団体 南海トラフ広域地震防災研究プロジェクト(国立研究開発法人海洋研究開発機構)

 セッション
 [SS-30] TEAM防災ジャパン 実践的な防災行動定着のための研究会(オフラインミーティング)
 主催団体 TEAM防災ジャパン

 ワークショップ(屋内)
 [WS-01] 自分でできる!被災家屋の応急処置(屋根のブルーシート張り 他)
 主催団体 災害ボランティア 愛・知・人
 協力団体 RCベンジャミン・(株)ユタカメイク

 [WS-04] 遊んで楽しく防災について学ぼう!
 主催団体 国土交通省

 [WS-07] 家庭でできる防災
 主催団体 生活協同組合 コープあいち

 ワークショップ(屋内)
 [WS-10] 今日から始めよう!あなたが気づき、考え、実行する防災
 主催団体 日本赤十字社
 協力団体 森永乳業株式会社

 [WS-13] 名古屋大学げんさいカフェ in ぼうさいこくたい
 主催団体 名古屋大学減災連携研究センター

 ワークショップ(屋外)
 [W1-11] 地図がオタクで役に立つ 地図から読み解く防災情報
 主催団体 特定非営利活動法人地図で防災・まちづくりサポート

 [W2-11] 災害関連死ゼロを目指す「防災衛生」の進め方 ~避難所対策の新たな視点~
 主催団体 災害関連死ゼロを目指す 防災衛生会議

 [W3-11] 防災いろはかるたで遊ぼう!
 主催団体 防災専門図書館(公社 全国市有物件災害共済会)

 [W4-11] 災害時用の「備蓄木」で炊き出し用の薪を作ってみよう!
 主催団体 一般社団法人日本森の十字社

 13:00〜14:00
 セッション
 [SS-01] オープニングセッション
 主催団体 内閣府・防災推進協議会・防災推進国民会議

 14:30〜16:00
 セッション
 [SS-02] 伊勢湾台風から60年『わたしの証言~記憶をつなぐ』(仮)
 主催団体 中日新聞社

 [SS-04] 女性パワーが活きる地域防災
 主催団体 公益財団法人 日本消防協会
 協力団体 一般財団法人 日本防火・防災協会

 [SS-07] これからの防災教育を語るキーワード~「学校」「地域」「カリキュラムマネジメント」~
 主催団体 防災教育チャレンジプラン実行委員会
 協力団体 消防庁、文部科学省、国土交通省、全国知事会、全国市長会、全国町村会、日本赤十字社、全国都道府県教育委員会連合会、日本PTA全国協議会(後援として申請依頼中)

 [SS-10] 迎え撃て南トラ地震を!! ~備えていれば怖くない~
 主催団体 内閣府

 [SS-13] 東日本大震災のアーカイブと教訓の活用・発信
 主催団体 東北大学災害科学国際研究所
 協力団体 国土交通省東北地方整備局

 [SS-14] 災害廃棄物の適正かつ円滑・迅速な処理に向けた官民連携の促進
 主催団体 環境省

 [SS-31] 防災人材交流シンポジウム(つなぎ舎)
 主催団体 防災人材交流シンポジウム実行委員会
 協力団体 名古屋大学、愛知県、名古屋市、認定特定非営利活動法人レスキューストックヤード、あいち防災リーダー会、特定非営利活動法人あいち防災リーダー育成支援ネット、なごや防災ボラネット、特定非営利活動法人耐震化アドバイザー協議会一般社団法人日本損害保険協会中部支部、中日新聞社

 ワークショップ(屋内)
 [WS-02] できることからはじめよう!避難所運営の知恵袋
 主催団体 認定特定非営利活動法人レスキューストックヤード
 協力団体 防災ボラネットなごや

 [WS-05] おもしろ工作 「電池チェッカーづくり~備えあれば憂いなし、あなたの電池大丈夫ですか?~」
 主催団体 中部電力株式会社

 [WS-08] エネルギーや防災について学ぼう
 主催団体 東邦ガス株式会社

 [WS-11] 避難所DIG
 主催団体 知多市福祉救援ボランティア 「こだま」

 [WS-14] 災害に強いまちづくりワークショップ
 主催団体 独立行政法人都市再生機構

 [W1-12] てこの原理を活用した救出活動方法の実演と体験トレーニング(なでしこ危機管理SAT)
 主催団体 一般財団法人危機管理教育&演習センター
 協力団体 株式会社Team HOSOTSUBO

 [W2-12] 大地の成り立ちから知る防災のヒント
 主催団体 NPO法人日本ジオパークネットワーク

 ワークショップ(屋外)
 [W3-12] あなたの住宅も安価に耐震改修
 主催団体 NPO法人達人塾ねっと
 協力団体 名古屋工業大学高度防災工学研究センター

 [W4-12] 災害時のBCPに頼れる無線機たち
 主催団体 アイコム株式会社

 16:30〜18:00
 セッション
 [SS-03] 今、必要な地区防!
 主催団体 内閣府

 [SS-05] あなたが知りたい防災科学の最前線 ~激化する気象災害に備える~
 主催団体 防災学術連携体、日本学術会議・防災減災学術連携委員会

 [SS-08] 災害医療対策から見た”レジリエンス”の強化
 主催団体 公益社団法人日本医師会
 協力団体 公益社団法人愛知県医師会

 [SS-11] 本音で語り合う!巨大災害への備え(仮) ~伊勢湾台風60年から南海トラフ巨大地震へ
 主催団体 NSL マスメディアと研究者による地震災害軽減に関する懇話会
 協力団体 名古屋大学減災連携研究センター

 ワークショップ(屋内)
 [WS-03] 液体ミルクの防災への活用について(P)
 主催団体 内閣府(防災担当)

 [WS-06] 防災・減災スタンプラリー
 主催団体 シヤチハタ株式会社
 協力団体 東北大学

 [WS-09] 電子工作×防災課題「雨量計をつくろう」
 主催団体 一般社団法人 Do It Yourself
 
 [WS-12] 巨大地震が福祉施設を襲う!「災害想定ゲームKIZUKI」ワークショップ
 主催団体 NPO法人 高齢者住まいる研究会
 協力団体 社会福祉法人 恵寿会 (熊本県上益城郡御船町)
 
 [WS-15] 防災まちづくりの起点になる逃げ地図づくり
 主催団体 逃げ地図づくりプロジェクトチーム
 協力団体 一般社団法人子ども安全まちづくりパートナーズ、明治大学山本俊哉研究室、株式会社日建設計ボランティア部、千葉大学木下勇研究室、公益社団法人日本青年会議所 国土強靭化委員会
 
 10/20(日)
 10:00〜11:30
 セッション
 [SS-16] (調整中)
 主催団体 南海トラフ地震対策中部圏戦略会議(事務局:国土交通省中部地方整備局)
 協力団体 共催:内閣府

 [SS-18] 南海トラフ地震の脅威に国際協力の経験を活かす!
 主催団体 独立行政法人国際協力機構(JICA)
 協力団体 ※検討中

 [SS-20] 「“いざ”という時どうなる? あなたの食と栄養」vol.2
 主催団体 公益財団法人 味の素ファンデーション
 協力団体 公益社団法人 日本栄養士会 災害支援チーム(JDA-DAT ) 特定非営利活動法人 全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)

 [SS-22] 災害を科学と語り継ぎ未来を生きる ~伊勢湾台風の記憶をよみがえらせ、南海トラフ地震津波に備える~
 主催団体 日本学術会議
 協力団体 日本学術会議

 [SS-24] 『災害対応アセスメント』 ~現場基点とデータ活用で災害対応を変える
 主催団体 国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)
 協力団体 一般財団法人ダイバーシティ研究所

 [SS-32] 2019年度防災教育チャレンジプラン実践団体 中間報告会
 主催団体 防災教育チャレンジプラン実行委員会 ※9:00から開始
 協力団体 消防庁、文部科学省、国土交通省、全国知事会、全国市長会、全国町村会、日本赤十字社、全国都道府県教育委員会連合会、日本PTA全国協議会(後援として申請依頼中)

 ワークショップ(屋内)
 [WS-18] おやこで学ぶ!1からふうすいがい ~ちゃんとにげれるもん!~
 主催団体 名古屋市役所

 [WS-20] たのしく学ぼう!災害とわたしたちにできること
 主催団体 こくみん共済 coop<全労済>

 [WS-22] 日用品を使った防災ワークショップ
 主催団体 ボーイスカウト

 [WS-24] 気象災害から自らの命を守るための適切な避難行動の在り方について
 主催団体 特定非営利活動法人 ウェザーフロンティア東海
 協力団体 愛知県建設局河川課

 [WS-30] 巨大地図とストローとお菓子で学ぶ
 主催団体 ぼうさいこくたい2019関連事業実行委員会
 協力団体 名古屋大学減災連携研究センター、中日新聞社

 ワークショップ(屋外)
 [W1-21] ISM(イズム:まちづくり情報システム)で発見!まちの特徴
 主催団体 公益財団法人名古屋まちづくり公社名古屋都市センター

 [W2-21] 社会福祉施設の災害対応力 新たなネットワーク!
 主催団体 日本福祉防災楽会
 協力団体 NPO法人 高齢者住まいる研究会

 [W3-21] 防災・災害対応における企業の役割(仮)
 主催団体 日本防災産業会議
 協力団体 国立研究開発法人 防災科学技術研究所(予定)

 [W4-21] 災害用トイレ「マイレット」
 主催団体 まいにち株式会社

 12:30〜14:00
 セッション
 [SS-17] 水害から“にげる”
 主催団体 名古屋市
 協力団体 内閣府

 [SS-19] 専門家によるディスカッション&演芸で『南海トラフ地震』への対策を考えよう!~防災啓発や防災教育、地震保険などの備えの重要性について~(仮題)
 主催団体 一般社団法人 日本損害保険協会
 協力団体 東京メトロポリタンテレビジョン株式会社

 [SS-21] 被災地から学ぶ、モレのない支援のための三者連携のカタチ
 主催団体特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)
 協力団体 内閣府、社会福祉協議会、支援P、被災地の中間支援組織、災害支援NPO/NGO等

 [SS-23] 大学連携による地域防災への貢献:その現状と課題
 主催団体 東海圏減災研究コンソーシアム
 協力団体 名古屋大学減災連携研究センター

 ワークショップ(屋内)
 [WS-17] 日本全国 災害伝承ミュージアムの今日の状況 展望・課題の情報共有
 主催団体 阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター
 協力団体 全国の災害ミュージアムより数施設(予定)

 [WS-19] 防災クイズ&ゲームDay in ぼうさいこくたい2019
 主催団体 一般社団法人防災教育普及協会
 協力団体 防災教育チャレンジプラン実行委員会委員会

 [WS-21] 防災ジャパンダプロジェクト(防災人形劇・防災ワークショップ)
 主催団体 損害保険ジャパン日本興亜株式会社
 協力団体 ゆめみトランク

 [WS-23] 災害発生、さぁどうする!?~時系列で考える災害対応~
 主催団体 株式会社明石スクールユニフォームカンパニー
 協力団体 神戸学院大学 現代社会学部 社会防災学科

 [WS-25] (仮)「今度、マンションつくるの!」
 主催団体 (一社)日本建築構造技術者協会中部支部(JSCA中部支部)
 協力団体 未定

 [WS-31] 地域の災害を伝える地元紙
 主催団体 ぼうさいこくたい2019関連事業実行委員会
 協力団体 名古屋大学減災連携研究センター、中日新聞社

 ワークショップ(屋外)
 [W1-22] 川筋の変遷とその痕跡から防災を考えよう
 主催団体 愛知・川の会
 協力団体 公益社団法人 日本河川協会、愛知県建設局河川課

 [W2-22] 防災用品のご紹介
 主催団体 社会福祉法人 共生福祉会
 協力団体 矢崎総業株式会社

 [W3-22] チーム四日市による被災地支援のつながり~学生機能別消防団員の活躍
 主催団体 四日市市
 協力団体 四日市大学、四日市市社会福祉協議会

 14:30〜16:00
 セッション
 [SS-26] クロージングセッション
 主催団体 内閣府・防災推進協議会・防災推進国民会議

  


2019年08月08日

9/3(火)、福岡県防災講演会 災害ボランティアセミナー(令和元年度)



 【福岡市でのイベント】
 9/3(火)、福岡県防災講演会 災害ボランティアセミナー(令和元年度)

 レスキューストックヤード( http://rsy-nagoya.com/ )や、全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)( http://jvoad.jp/ http://jvoad.jp/about/greeting/ )などの代表理事をされている栗田暢之さんが、来福されます。
 私の災害ボランティアのスタートは、レスキューストックヤードの名古屋発、7泊8日の宮城県七ヶ浜へのボランティアバスです。

 http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/fbk31.html

 以下、福岡県のHPからです。

 目的
 東日本大震災や熊本地震、平成24年および平成29年の九州北部豪雨、平成30年7月豪雨など、近年大規模な自然災害が全国各地で発生しています。このような災害からの被害を最小限にとどめるためには、住民一人ひとりが今後起こりうる災害のリスクについて認識し、自分の身は自分で守る「自助」、自治会や自主防災組織など地域で互いに助け合う「共助」に関する知識を蓄え、いざというときに実践できるよう備えておくことが大切です。 
 このため、福岡県では地域全体の防災力の向上を目的とした講演会を開催します。

 日時
 令和元年9月3日 火曜日
 13時30分から16時00分まで (13時00分 開場・受付)

 会場
 JR博多シティ会議室 大会議室
 (福岡市博多区博多駅中央街1-1アミュプラザ10F)

 内容
 1 「大雨時の危機感を伝えるための気象庁・気象台の取組み」
   福岡管区気象台長 倉内 利浩
 2 「シニア世代ができる災害ボランティア活動」
   認定NPO法人レスキューストックヤード 代表理事 栗田 暢之

 主催
 福岡県、福岡管区気象台、一般財団法人地域社会ライフプラン協会

 対象
 地域住民、自主防災組織リーダー、災害ボランティア、防災士、市町村職員、消防本部の防災担当者等

 参加料
 無料

 申込方法
 福岡県総務部防災危機管理局消防防災指導課まで、下記のいずれかの方法にてお申込みください。
 〇FAX 092-643-3117
 ※チラシに掲載しているFAX申込書にご記入の上、お申込みください。
 〇Email boushi@pref.fukuoka.lg.jp
 ※件名を【セミナー申し込み】とし、本文に参加者氏名(人数分)、所属、電話番号、メールアドレスをご記入の上、送信してください。
 
 令和元年度福岡県防災講演会~災害ボランティアセミナー~ チラシ [PDFファイル/395KB]
 http://www.pref.fukuoka.lg.jp/uploaded/attachment/55803.pdf  


Posted by 飯野健二 at 18:44Comments(0)防災

2019年07月19日

こんなに災害大国なのに,災害対策がちゃんとした争点にならないってこと自体が,とても不思議です。




 【備忘用】最近、連絡を取り合っている、YNF( https://www.facebook.com/YNF-807975562709341/ http://saigaiynf.org/ )のえざき太郎さんの facebook の投稿です。
 投稿の一部です。
 生活再建ということを考えた場合、どの党の公約も災害への理解が進んでいないことがよくわかる。(多分、内閣府や厚労省、総務省あたりも上っ面しか捉えていないから…)

 https://www.facebook.com/taro.ezaki/posts/2087258554713012

 えざき太郎さん( https://www.facebook.com/taro.ezaki )の facebook の投稿です。

 生活再建ということを考えた場合、どの党の公約も災害への理解が進んでいないことがよくわかる。(多分、内閣府や厚労省、総務省あたりも上っ面しか捉えていないから…)
 熊本地震以降の災害時の生活再建において、「地域支え合いセンター」が一つの大きな流れだが、ここの機能を充実させることが重要だと思う。災害ケースマネジメントの導入などは別に今の流れに反するものではないし。
また、一番重要ではないかと思うのは、人材育成。ほとんど災害支援経験ない社会福祉協議会が地域支え合いセンターの業務を(見方によっては)「押し付けられている」というのが現状。外部からやってくるアドバイザーもほとんどが一つの災害経験しか持っていないか(災害毎に使える支援制度は異なるし、地震と水害でも必要な対応は大きく異なる)、生活再建フェーズの経験を持っていないアドバイザーがほとんど…
前にどこかの大学の先生が言ってた「素人が素人を支援するのが日本の災害」という言葉が頭に残る。
 
 津久井進弁護士( https://www.facebook.com/susumu.tukui )の facebook の投稿

 https://www.facebook.com/susumu.tukui/posts/2303019936455884

 こんなに災害大国なのに,災害対策がちゃんとした争点にならないってこと自体が,とても不思議です。
 国民みなさんが,災害は「天災」に過ぎないと思って,「人災」の側面には想像が及ばないのかな。
「 被災者を救う」という行為が,「制度」(=立法)によって行われるというイメージがないんでしょうね。
 いずれにして,被災者生活再建支援制度は,見直してほしいです。
 神戸新聞の見出しは以下のとおりです。
 ■「生活再建」議論置き去り 選挙公約で提示、一部野党のみ
 https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201907/0012525224.shtml?fbclid=IwAR33a85S2nWydT2NcUUHH-pPLO9HYOpXOKJE4LBrgAccuiH81NzjrbtA2Sw
   


Posted by 飯野健二 at 18:39Comments(0)防災

2019年06月22日

6/27(木)、【浜松市でのイベント】、企業のための防災講演会&活動報告会



 【浜松市でのイベント】
 全国各地の被災地で、お会いする鈴木まり子さん( https://www.facebook.com/mariko.taiki )からです。
 企業のための防災講演会、気になります。

 6/27(木)、【浜松市でのイベント】、企業のための防災講演会&活動報告会

 以下、鈴木まり子さんの facebook の投稿からです。

 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=825617071171593&set=a.183668128699827&type=3&theater
 
 【 いよいよ来週 】災害時、会社は従業員にどんな義務があるのだろう?従業員の立場の方もぜひご参加ください。無料です。私もちょっと話します。

 以前の、「はままつ na net 」の私のブログの投稿。https://isindaihyou.yoka-yoka.jp/e2051863.html

 

 
   


Posted by 飯野健二 at 20:00Comments(0)防災はままつ na net

2019年06月18日

あんどうりすさんの「すぐ出来る!やって楽しい防災の知恵」





 【防災情報】
 昨年、ご縁ができた、あんどうりすさん( https://www.facebook.com/andorisu/ )からです。

 国東信江さん( https://www.facebook.com/nobue.kunizaki )とアベナオミさん( https://www.facebook.com/Illustratorabenaomi/ https://www.facebook.com/アベナオミの1日1防災-1664251453601802/ )、参考になります。

 https://www.facebook.com/andorisu/posts/2731040686909548

 以下、あんどうりすさんからの facebook の投稿です。
 
 6月17日、TBSニュースのWEBページ内(下の方にバナーがあります)に 「すぐ出来る!やって楽しい防災の知恵」ページが開設されました。

国崎信江さんや、アベナオミさんと同じページで監修しています♪

私が監修した今回の話題はレインウエアについてです。
防災科研での実験映像、よかったらみてくださいね!!

今後もいろいろな話題をお伝えしていきますので、よろしくお願いいたします!

https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/bousai_gensai/bousainochie/

twitterでも公開されています。
ツイッター:https://twitter.com/tbs_news/status/1140452399959560192


 https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/bousai_gensai/bousainochie/?fbclid=IwAR2QH18ObO_j_AfRxufXEWu-2y6qGmMu2GAyrEYKI0e_STXBHi1uOs-WBlk

 

  


Posted by 飯野健二 at 19:04Comments(0)防災

2019年05月11日

6/8(土)、【東京でのイベント】障がい者、高齢者の避難生活を支える力



【東京でのイベント】
 大阪府立支援学校PTA協議会OB会防災担当、 関西そなえ隊事務局の湯井 恵美子さん( https://www.facebook.com/emiko.nukui.7 )からです。
 福祉避難所など、勉強が必要です。

 一般社団法人福祉防災コミュニティ協会( https://www.facebook.com/fukuboukyou/ )の投稿からです。

 https://www.facebook.com/fukuboukyou/photos/a.1327444017288401/2380061518693307/?type=3&theater

 来たる6月8日、第3回公開シンポジウム「障がい者、高齢者の避難生活を支える力」を開催することになりました。
 本日から申し込みの受付を開始いたします。
 申込方法は、チラシまたはホームページをご覧ください。
 たくさんのご来場をお待ちしております!

 HP http://fukushi-bousai.jp/index.html  


Posted by 飯野健二 at 20:38Comments(0)避難所運営防災

2019年04月29日

非常食は「いつもの味」でOK 被災を経験したママが教える、子供のための防災アイデア






 非常食は「いつもの味」でOK 被災を経験したママが教える、子供のための防災アイデア
https://srdk.rakuten.jp/entry/2019/02/22/103000
 イラストレーターのアベナオミさんから。
 1985年生まれ。宮城県出身、在住のイラストレーター。日本デザイナー芸術学院仙台校を卒業後、地元情報誌のデザイナーを経てイラストレーターに。コミックエッセイを中心に活動中。現在は3児の母。長男が1歳のときに東日本大震災を経験し、防災に関するイラストとコミックがライフワークの一つ。2016年12月には防災士の資格を取得。著書に『被災ママに学ぶちいさな防災のアイディア40』(学研プラス)、『マンガでわかる! 妊娠・出産はじめてBOOK』(KADOKAWA)など。
 ブログ:うさぎとお絵描き 【Illustratorアベナオミの日記帳】 Twitter:@abe_naomi_

 参考になります。
 以下、抜粋です。

 アベ家の「いつもの味」備蓄食材

●乾燥していて常温保存可能な主食
お米、パスタ、マカロニ、うどん、そばなど

●素材のままでもおいしい缶詰、瓶詰め、ドライパック
ツナ、コンビーフ、あんこ、トウモロコシ、トマトの水煮、オリーブ、サバの味噌煮、ジャム、海苔の佃煮、大豆など

●温めておいしいレトルト食品
レトルトカレー、中華丼の具、パスタソースなど

●お湯を注いでおいしく食べられる食品
即席スープ、乾燥わかめ、とろろ昆布、即席ラーメン、干し椎茸、高野豆腐など

●被災時の栄養補給にいい食品
粉末緑茶、粉末青汁、いりごま、きな粉、かつお節、プロテイン、ココアなど

●普段はおつまみに、災害時は保存食にしやすい食品
スルメ、サラミ、チーズなど

●被災後に高騰する野菜
根菜類は停電しても保存が利きやすいのでオススメ。特にニンジン・ジャガイモ・タマネギは必須アイテム!(カレー、シチュー、肉じゃがなど何にでもなれる三種の神器)そのほか、キャベツや白菜など結球している葉物野菜も保存が利きやすいのでオススメ  


Posted by 飯野健二 at 07:54Comments(0)防災

2019年04月10日

防災リーダー養成、博多あん(安全)あん(安心)塾




http://www.city.fukuoka.lg.jp/shimin/bousai/bousai/bosyuannai_3.html

防災リーダー養成講座「博多あん(安全)・あん(安心)塾」募集のご案内

 【目的】
 地域や企業における「防災リーダー」を養成し,地域防災力の向上を目的とします。

 【期間】
 2019年6月15日土曜日~7月27日土曜日の間で全6日間

 【会場】
 福岡市民防災センター (福岡市早良区百道浜1丁目3番3号) 他

 【時間】
 9時15分~17時10分

 【定員】
 80名

 【募集対象者】
 市内居住者,市内勤務者及び市内在学者で全期間の受講が可能な方
 (主に,自主防災組織や自治会メンバーなど,地域や職場での防災の担い手)

 【講座内容】
 19講座 カリキュラム (92kbyte)pdf をご覧下さい
 http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/53254/1/karikyuramu.pdf?20190328140252

 【受講料】
 無料
 ※ ただし,日本防災士機構が実施する防災士資格取得試験の受験を希望する方は, 防災士教,受験料及び登録料(11,500円)自己負担となります。


 【修了証】
 修了者には,修了証の交付を行います。

 【防災士資格取得試験】
  ※希望者のみ
 修了者は,日本防災士機構が実施する防災士資格取得試験が受験できます。
  
 【募集期間】
 2019年4月1日月曜日~5月7日火曜日 ※ 必着

 【応募方法】
 はがき,ファックス,またはEメールで
 1. 郵便番号 2. 住所 3. 氏名(ふりがな) 4. 年齢 5. 電話番号
 6. 職業(市外居住者は,市内事業所(学校)の名称・所在地・所属部署を併記,防災組織関係団体等については,当該組織名称を併記),
 7.普通救命講習Ⅰ以上の受講歴の有無 8. 応募動機
を記載のうえ,お申し込み下さい。

 受講決定者には,5月上旬に通知します。

 募集要領のダウンロードはこちらから (445kbyte)pdf
 http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/53254/1/bosyuuyoukoou.pdf?20190328140252

 問い合わせ先
 部署:市民局防災・危機管理部防災・危機管理課
 住所:〒810-8620 福岡市中央区天神1-8-1
 電話番号 :092-711-4056
 FAX 番号:092-733-5861
 E - mail:bousai.CAB@city.fukuoka.lg.jp

 受講者のうち、希望者は博多あんあんリーダー会に入会できます。
 
 https://www.hakata-anan.org/


  


Posted by 飯野健二 at 22:23Comments(0)防災博多あんあんリーダー会

2019年03月24日

4/11(木)、【東京でのイベント】「頻発する災害、被災地の社会課題に対する企業の対応を考える」



 4/11(木)、【東京でのイベント】「頻発する災害、被災地の社会課題に対する企業の対応を考える」

 http://jvoad.jp/blog/news/20190411-jvoadbenkyo/

 JVOAD賛助会員企業・団体向け勉強会 公開イベント「頻発する災害、被災地の社会課題に対する企業の対応を考える」4/11(木)を開催します
昨今、頻発する災害において、被災地では様々な社会課題が発生しています。
企業・団体は、自社のBCP対策はもちろん、地域連携や被災地支援など考えなければならないことは多くあります。

NPO法人JVOADでは賛助会員企業・団体向けに今年度被災地の状況や被災地の社会課題を学ぶ勉強会を開催してきました。
今回は、特別に公開イベントとして、広く参加者を募集いたします。

テーマ 「頻発する災害、被災地の社会課題に対する企業の対応を考える」

JVOAD賛助会員企業・団体向け勉強会 公開イベント「頻発する災害、被災地の社会課題に対する企業の対応を考える」_PDF

■日時:2019年4月11日(木)16:00~17:30(開場:15:30)

■場所:かがやきプラザ 4階 研修室2(千代田区九段南1-6-10)
地下鉄「九段下駅」(東西線・半蔵門線・都営新宿線) 4番出口 徒歩3分
アクセスhttps://www.city.chiyoda.lg.jp/shisetsu/koresha/026.html

■参加費:無料

■主催:NPO法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)

16:00~16:15 はじめに
JVOAD代表理事 栗田 暢之

16:15~16:45 被災地における社会課題と近年の被災地支援のトレンドを語る
JVOAD事務局長 明城 徹也

16:45~17:00 企業の取り組みとJVOADとの協働事例のご紹介
セコム株式会社 小松原 康弘氏

17:00~17:15 JVOAD全国フォーラムのご紹介
JVOAD全国フォーラム企画委員

17:15~17:30 おわりに
JVOAD代表理事 栗田 暢之



※会場付近で、交流会(会費:3,000円程度)を開催予定になります。
是非、ご参加ください。

■申し込み方法:
atsuko-suzuki@jvoad.jp まで氏名・所属・交流会参加有無を記入の上、
お申し込みください。(担当:鈴木)

  


Posted by 飯野健二 at 19:53Comments(0)防災東京でのイベント

2019年03月12日

3/21(木)、クロスロード熊本編お披露目会&総会



 3/21(木)、クロスロード熊本編お披露目会&くまもとクロスロード研究会(CR2K)総会

 https://www.facebook.com/events/376533679847885/

 以下、facebook のイベントからです。

 『クロスロード熊本編お披露目会&くまもとクロスロード研究会(CR2K)総会』

大変お待たせしました!昨年くまもとクロスロード研究会の活動目標の一つでもあった【クロスロード熊本編】を公開する準備がついに整いました

日時/3月21日 15:00〜18:00
場所/熊本県庁職員研修室
※閉庁中なので守衛室で受付し、入退室をお願いします。事前に名簿管理が必要となります。
定員/33名
参加費/無料
申込日/3月19日(火)まで
詳細/プログラムなど、随時更新していきます。
★最後は、県庁前のルフィ像を囲んで集合写真を撮影します麦わらの一味になったつもりでご参加ください!

[代表コメント]
昨年TEAMクロスロードと覚書を交わした【クロスロード熊本編】の1st版 33問を、設問にエピソードを加えた形で一挙公開する場になります‍♂️
この日は、くまもとクロスロード研究会(CR2K/呼び名「クルクルケー」)の総会も兼ねており、設問作りに携わったCR2Kメンバーも多く集まり、熊本編作成へのエピソードを解説してくれる機会になります。
設問を作るに至った熊本地震ストーリーも語ってもらう初公開の場です。
CR2Kが取り組む熊本地震他の伝承記録【クロスロード熊本編】は、まだまだ未完成な防災学習ツールづくりです。まだ拾い上げきれていない分野の方々から貴重な〝声〟を聴き、そして形(熊本編)にしながら、2nd版、3rd…と、熊本県民だけでなく県外からの支援者のみなさまと共に、成長させたいと考えています
まるで、ONE PIECEのように熊本地震から復興を目指していく仲間を募っています!!!

ーーーーーーーーーーーーーー

【クロスロード相談会】も同会場にてお披露目会の前に開きます。33問の1st版に続いて、追加していく声(物語)を聴く場としても設けてみます
本相談会では、ココでやって欲しい!とか、CR2Kに入るにはどうしたら良い?とか、研究会ってどうやったら作れるの?とか、etc…  


Posted by 飯野健二 at 07:42Comments(0)防災

2019年03月11日

3/16(土)、あれから8年スぺシャル 〜仙台市職員の震災体験を100年後の人たちへ〜



 3/16(土)、あれから8年スぺシャル 〜仙台市職員の震災体験を100年後の人たちへ〜

 https://www.facebook.com/events/312503759407016/

 以下、facebook のイベントからです。

 Team Sendai(仙台市職員の自主的研究グループ)では、東日本大震災発生の翌年から、災害対応業務に従事した職員へのヒアリングや伝承活動に取り組んできました。 本イベントでは、職員の体験を「朗読」「映像」「クロスロード」など、様々な手法によりお伝えするとともに、常葉大、東北大、仙台市の4者により取り組んでいる共同研究(災害エスノグラフィー調査※)の成果もご紹介します是非お気軽にご参加ください!

1 日 時  平成31年3月16日(土) 午前10時〜午後3時30分
2 会 場  仙台市役所本庁舎 8階ホール
3 対象者  仙台市職員、他自治体職員、興味関心のある市民など
4 内 容  
(1)主催者あいさつ及び活動紹介
(2)来賓挨拶
   仙台市長 郡 和子 氏
(3)仙台市職員への災害エスノグラフィー調査報告
   常葉大学 田中聡 教授、 重川希志依 教授
(4)エスノグラフィー調査結果を「朗読」と「映像」で伝える
(5)災害シミュレーションゲーム「クロスロード〜仙台市職員編」
(6)世界初!! 防災−衣★食★住
(7)東日本大震災・熊本 はじまりのごはん
   進行 3.11オモイデアーカイブ 佐藤正実 氏

5 申込み 3月6日(水)17時まで、以下「こくちーず」にてお申込みください。
   こくちーずアドレス  https://kokucheese.com/s/event/index/552687/
(フェイスブック参加ボタンでは申し込みになりませんのでご注意ください!)

6 備考
・会場に駐車場はありません。公共交通機関でお越しください
・閉庁日につき、北側玄関よりお入りください。
・詳細はチラシをご覧ください

【主催】 Team Sendai(仙台市職員自主的研究グループ)
【共催】 わしん倶楽部、東北大学災害科学国際研究所
【協力】 仙台市

※災害エスノグラフィー調査とは、災害現場にいた人の言葉を聴き取り、記録する手法。個人の体験を積み上げて体系化し、将来に残すべき教訓や、他の災害にも活かせる知恵や事実を明らかにするもの。災害現場にいあわせなかった職員でも追体験、共有化することを目的としている。  


Posted by 飯野健二 at 18:04Comments(0)防災

2019年02月28日

3/3(日)、ながす防災塾2019「つながるクロスロード」



 【熊本県玉名郡長洲町でのイベント】
 ndf(ながす減災応急手当救命会)/ながすクロスロード研究会( https://www.facebook.com/ndfnagasu/ )の徳永伸介さん( https://www.facebook.com/shinsuke.tokunaga.9 )からです。

 3/3(日)、ながす防災塾2019「つながるクロスロード」

 https://www.facebook.com/events/1904159273026409/

 以下、facebook のイベントからです。

 今年は、少人数で実践的に開催します!!!

〝ながす防災塾2019「つながるクロスロード」〟
 もしもの災害、待った無しの究極の選択を迫られ「あれか、これか」の決断を下さなければならない時、人は究極の分岐点(クロスロード)に身を置かれることになります。
 阪神淡路大震災の体験談から生まれた防災カードゲーム、災害対応シミュレーションゲーム【CROSSROAD(クロスロード)】
 いろいろな立場や想い、地域や年代、この防災ゲームはBOUSAI(忘災<防災<望祭)を叶えてくれるだけでなく、コミュニティの再生を図れるコミュニケーションゲームです。
 いざという時(まさかといつも)に備えられるコミュニティを整えたい方(地域)には、超お薦めのツールです。
 私たちNDF(ながす減災応急手当救命会)が始まるキッカケとなったのが、この【クロスロード】でした。3/3(日)は、そんな【クロスロード】尽くしの合宿のような一日となります。

 ①AM 11:00〜12:00
 『つながるまつり』@ラウンジアンティーク(荒尾市)※写真参照

 ②PM 14:20〜15:50
 『腹赤小学校 家庭教育講演会 親子クロスロード』@長洲町立腹赤小学校 ※写真参照

 ーーーーーーーーーーーーーー

 町外から「長洲町に研修に来たい!」と言う方々の声に応えて、①〜②の現場見学を受け入れ、夕方【③クロスロード 実践講座(17:00〜18:30)&④望祭交流会(19:00〜21:00終了予定)】を行うことになりました。

 ③夕方 17:00〜18:30
 『クロスロード実践講座』@長洲町赤田公民館
 NDFの防災活動スポットの一つでもある長洲町赤田区の公民館にて、①〜②の見学研修を自ら実践してみる機会を作りました。

 ④夜の部 19:00〜21:00終了予定
 『望祭交流会』を③の後、会場はそのままに①〜③の打ち上げ(19:00スタート)まで行います。

 ーーーーーーーーーーーーーー
 全て現地集合(移動)解散での合宿研修になります。長洲町で防災士を中心に〝ながす防災塾〟を2015年から始め、コミュニティの繋がり作りから成熟を図ってきました。
 今回満を持して【クロスロード合宿】を開催します

 ●集合時間/①②③④開始30分前
 ④は鍋を一緒に突き合いながら望祭トークを考えています。

 ●参加定員/10名

 ●参加費/①〜④各回¥500
 (昼食は含まれていません。ご自由に熊本の美味しい食をご堪能ください。)

 ●参加権/クロスロード体験者
 (初めてで見学希望の方はご相談ください)

 ●申込方法
 Facebookイベントページに参加ポチ

 ◼︎クロスロードとは?
 http://www.bousai.go.jp/kyoiku/keigen/torikumi/kth19005.html (内閣府防災ページ参照)
 さらに詳しく知りたい方は、こちらの特番(クローズアップ現代)をご覧ください。https://youtu.be/rYIt47lIKw8

 ◼︎ながす防災塾とは?
 2015年「防災講演会、クロスロード、TOLAF」※全ての始まり
 https://www.facebook.com/events/1583698795195576/?ti=icl

 2016年「クロスロード」
 阪神淡路大震災編)https://www.facebook.com/events/1643679669237578/?ti=icl
 東日本大震災編)https://www.facebook.com/events/1040871589290666/?ti=icl

 2017年「春まつり 心肺蘇生法コーナー」
 https://www.facebook.com/events/1767386320244551/?ti=icl

 2018年「HUG(避難所運営ゲーム)」
 https://www.facebook.com/events/397905437324954/?ti=icl

 そして、2019年春…

 ◼︎NDF(ながす減災応急手当救命会)とは?
 長洲町でも、いつ起こるか分からない地震やその他の災害から被害を最小限にくい止め、地域住民にとって「いざという時、本当に役に立つ」防災組織のあり方を整えることを目的とする住民主導の任意団体。
 https://www.facebook.com/events/2350819021639690?sfns=mo
  


Posted by 飯野健二 at 18:34Comments(0)徳永伸介防災

2019年01月26日

1/23(水)、アウトドア防災ガイド のあんどうりすさんの講演会を聞いてきました(その1)。



 1/23(水)、アウトドア防災ガイド のあんどうりすさんの講演会( http://isindaihyou.yoka-yoka.jp/e2061519.html )を聞いてきました(その1)。

 あんどうりすさんHP
 https://andorisu.jimdo.com/

 HPからのプロフィールです。

 阪神大震災被災体験とアウトドアの知識を生かし、2003年より全国で講演活動を展開。当時、誰も提唱していなかったが、現在では当たり前になっている毎日のカバンを防災仕様にというアイデアを提案。とりわけ子育てグッズと防災グッズをイコールにしてしまうアウトドア流の実践的な内容が好評。楽しくてすぐに実践したくなる、毎日の生活を充実させるヒントがたくさんあると親達の口コミで全国に広まり、毎年の講演回数は100回以上。
 NHKすくすく子育て 他 テレビ 新聞 ラジオ出演多数
 内閣府、地方自治体、東京消防庁など公的機関での防災イベントでの講演や
 そなエリア(東京臨海広域防災公園)にて定期的に乳幼児の親むけ講座や保育園、幼稚園、学校での先生対象の講座を実施。
 乳幼児を持つ親だけでなく、小学校、中学校、高校での講演や地域の自治体、弁護士会、助産師会、女性消防団、企業研修などでも講演している。
 2017年・2018年 神奈川県座間市危機管理課 子育て世代むけ防災アドバイザー
 好きなアウトドアアクティビティは、 沢登り フリークライミング カヌー(旅系)お散歩。
 野外救急法国際資格WMA(Wilderness Medical Associates)のWFR(Wilderness First Responder)資格取得
 モンベルの布オムツのアイデア提供&開発協力
 著作
 家族の笑顔を守る暮らしの知恵「りすの四季だより」新建新聞社 リスク対策.com
 http://www.risktaisaku.com/articles/-/3395
 リスク対策.comでweb連載中
 http://www.risktaisaku.com/category/andou-risu/
 「自然災害最新サバイバルBOOK」枻出版社 共著(2011年5月28日発売)
 「震災を生き延びる100の知恵」第7章 山と渓谷社
 「ちいさないのちをまもるママのためのナチュラル防災講座」自然育児友の会

引用終わりです。

 とても実践的なお話で、とても参考になりました。

 以下、その抜粋です。

 

 避難所運営の国際基準です。
 


 イタリアの避難所です。

 以前のあんどうさんの「リスク対策.」への投稿。 http://www.risktaisaku.com/articles/-/6286

 

 避難所での性犯罪について。

 「ピンクの服で来ちゃダメ。」というのは、デマ。
 男性も黒い服でも被害にあっている。→被害者のせいではない。
 地域全体が、加害者を作らない状況を作る。
 同意を常にとる習慣を作る。

 

 アウトドア用バーナーも有効。
 乳幼児をお持ちの方は、お湯を自力で沸かすことができるように準備する。

 



 佐久市 教えてドクターのアプリをダウンロードするといいです。
 https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/kosodateshien/osietedokuta.html

 



  


Posted by 飯野健二 at 07:50Comments(0)防災あんどうりす

2019年01月25日

1/27㈰と2/17㈰、 【西東京市での防災イベント】



 【西東京市での防災イベント】
 「要配慮者支援から地域防災を考えた時の西東京市の現状と課題は?」「災害時、だれも孤立しない地域をつくるために」
素晴らしいですね。

 ジョージ防災研究所 ( http://www.j-bousailabo.jp/ https://www.facebook.com/jyojibousailabo/ )代表の小野修平さん( https://www.facebook.com/shuhei.ono.39 )の投稿です。

 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1505037279628087&set=a.170107573121071&type=3&theater

 以下、小野さんの投稿です。

 1/27㈰と2/17㈰の午前中に行う講座です。

 ディスカッションを通して、地域でできることを一緒に考えていきませんか?

 http://www.city.nishitokyo.lg.jp/event/manabu_kangaeru/30chiikibousai.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter
  


Posted by 飯野健二 at 18:53Comments(0)防災

2019年01月21日

1/23(水)、あんどうりすさんのアウトドア防災術@福岡




 1/23(水)、あんどうりすさんのアウトドア防災術@福岡
 
 あんどうりすさんHP
 https://andorisu.jimdo.com/

 https://www.facebook.com/events/119109625646188/

 以下、facebook のイベントからです。


 \日頃の知恵で家族を守れる!/
 【 あんどうりすさんの アウトドア防災術 】
 .
 2019年一発目!!わたしが会いたいとずっと思ってた人をお呼びします♩笑
 .
 防災って今や、誰もが意識すべきものじゃないですか?
 緊急時、災害時、はもちろん。
 毎日から!
 自分の身を守れる・家族の命を守れる自分になろうー!!
 .
 でも、防災って何か備えないと、揃えないと、って思いがち。
 わたし自身もすごく手が遠のいて..そして忘れた頃に、必要になる...
 じゃなくて、日頃持ってるものを活用&自分の体の使い方を学ぶ!
 日常から備えていたら、意識していたら緊急時に動ける自分がいる!
 .
 もっと身近に♩
 それを教えてくれるのが 《あんどうりす さん》♩
 https://andorisu.jimdo.com
 身近なアウトドアの知識から、防災を♩
 . 
 ◎日時:2019年1月23日(水)
 講演 10:30〜12:30 2500円
 ランチ交流会 13:00〜14:30 1000円(お弁当代込
 ※アレルギー対応ではありません
 .
 ◎お申込:チケット手渡し♩本当に聞きたい人に届けたい♩
 気軽にメッセージください♩
 事前フォーム入力にて必要枚数ご準備します。
 https://ws.formzu.net/fgen/S34685792/
 .
 ◎場所:早良市民センター 第1会議室
 お子様連れOKですが、とても内容が濃ゆいため、『集中して聞きたい!』『また聞きたい!』のママが全国で続出なのでよければ、2歳以上のお子様は預けて来られてください。
 1歳以上から別部屋(託児室)での託児もご準備させてもらいます。
 (定員先着20名/お子様1人500円 しばしのゆっくり1人時間にも♩)
 .
 ◎キャンセルについて
 どんな場合でもご返金はいたしかねます。すいません。
 どうぞ、大切な方へチケットをお譲りください。
 .
 123(ワンツースリー!)
 みんなで足並み揃えてレッツ日備!(二チビ!日常から備える)そんな1日にしましょう♩1月23日お待ちしてますー
 主催:もちもち会 ヨシモチユミカ
 インスタ:@mocci.24
 メール:mochimochi.v08@gmail.com
 
  


Posted by 飯野健二 at 05:04Comments(0)福岡の勉強会•交流会防災