2019年08月05日

8/24(土)、【福岡市でのイベント】教育Meet up ~これからの学校教育やキャリアについて~


 
 8/24(土)、【福岡市でのイベント】教育Meet up ~これからの学校教育やキャリアについて~

 https://www.facebook.com/events/711361522619171/

 以下、facebook でのイベントからです。

  ---------------------------------------------------------------------
札幌新陽高校校長、Teach For Japan CEO 来福!!
   
      特別対談イベント

       教育Meet up
~これからの学校教育やキャリアについて~
----------------------------------------------------------------------

人生100年時代、どんなキャリアを歩んでいきたいですか?

これからの社会は複雑性が増し、未来を予測することは難しいVUCAと呼ばれる社会が来ます。そのなかで、自分自身のキャリアをデザインするためには必要なことは何か、考えませんか。
教育や人に興味関心がある方はぜひお越しください。

このような方にはぜひ来ていただきたいです。

▶︎就職活動に意味が見出せず、悩んでいる。
▶︎企業から内定が出た・教員採用試験に合格したが、異なるキャリアを模索している。
▶︎働くことの目的を明確にしたい。
▶︎教育分野に興味がある
▶︎社会に影響を与える仕事がしたい
▶︎何かしたいけど、何をしていいか分からない
▶︎自分の可能性を広げたい
▶︎突き抜けた存在になるためにはどうしたらいいか知りたい
▶︎いろいろしてきたけど、一度立ち止まって今後を考えたい
▶︎学校の経営とは?


======= イベント概要 ========
■日時
2019年8月24日(日)16:00~17:15(開場 15:45)

■会場
fabbit Global Gateway "ACROS Fukuoka"  
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1丁目1−1
https://fabbit.co.jp/facility/global-gateway-acros-fukuoka/

●地下鉄空港線天神駅16番出口から徒歩5分
●地下鉄七隈線天神南駅5番出口から徒歩7分
●バス停アクロス福岡・水鏡天満宮前から徒歩0分


■登壇者プロフィール
・中原健聡 (なかはら たけあき)
(認定NPO法人Teach For Japan CEO/札幌新陽高校 校長の右腕/フェローシップ・プログラム フェロー修了3期生)

1987年大阪生まれ。スペインのサッカーリーグ(4部〜2部B、1部の練習生)で活躍し、2014年に帰国。それからは日本の教育機関で「自分の人生の切り拓き方」を講演して回る。多くの子どもと関わる中で、日本の教育を発展させる学校を作りたいという目標を抱く。その目標の実現のため、自身で学校現場を経験する為に、2015年からTeach For Japanのフェロー3期生として小学校教師として勤務。2年間のプログラム修了後、2017年4月から、札幌新陽高等学校で校長の右腕として赴任。2019年3月より、Teach For JapanのCEOに就任した。

ブログ記事:
先生はプロサッカー選手!? (前編)
https://teachforjapan.org/2019/04/07/interview-nakahara1/

先生はプロサッカー選手!?(後編)
https://teachforjapan.org/2019/04/07/interview-nakahara2/

・荒井 優 (あらい ゆたか)
(東明館学園 理事長 / 札幌新陽高校 校長)
1975年2月28日生まれ札幌市立三角山小学校を卒業し、中学からは神奈川県横浜市育ち。1993年に神奈川県港南台高校を卒業し、1994年に早稲田大学政治経済学部経済学科入学。2年次に第5回YOSAKOI ソーラン祭り実行委員会委員長を務め、全国展開の中心となる。
卒業後には(株)リクルートに入社。2008年にソフトバンク(株)に入社し、社長室に配属。通信・教育事業に携わる。グループ会社の SB プレイヤーズ(株)、(株)エデュアス、(株)さとふるの取締役を歴任し、2011年7月より公益財団法人東日本大震災復興支援財団の専務理事を兼務し、ソフトバンクが行う復興支援活動の責任者となる。
ルース前米国大使と協同して実施した東北の高校生300人が米国カリフォルニアで、リーダーシップを学ぶ「TOMODACHI ソフトバンクリーダーシッププログラム」を実施、経済的に困難な高校生への給付型奨学金「まなべる基金」を創設し、2000人に給付、特に福島県双葉郡に昨年開校した「福島県立ふたば未来学園高等学校」の開校に唯一の民間委員として関わり、子供たちの声を反映させる「双葉郡子供未来会議」を取り仕切り、新しい教育観を提案し実現するなど東北復興の最前線で活躍してきた。

経歴
公益財団法人 東日本大震災復興支援財団 専務理事 (2011-2016)
福島県双葉郡教育復興ビジョン協議会 外部委員 (2012-2013)
福島県双葉郡教育復興ビジョン推進協議会 委員 (2013- )
公益財団法人 東京子ども図書館 評議員 (2014- )
大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2015 オフィシャルサポーター (2015- )
南相馬市教育振興計画 有識者会議委員 (2015- )
OECD 日本イノベーション教育ネットワーク 理事 (2015- )
文部科学省 平成 27 年度「地域政策等に関する調査研究」委員 (2015- )
福島復興公民館大学 発起人 (2015− )
公益財団法人 東日本大震災復興支援財団 理事 (2016- )
札幌慈恵学園 札幌新陽高等学校(2016-)
東明館学園 理事長(2019/7-)


======= 団体概要 ========
Teach For Japanでは、「教室から世界を変える」というスローガンを掲げ、独自の選考・研修を通過した方が全国の公立小中学校に赴任し、2年間教師として働く、フェローシップ・プログラムを運営しています。

教育への情熱を持ち、リーダーシップを活かして学校現場や子どもたちが抱える問題に向き合い、一緒になって日本の教育をより良くしていくために活動する仲間を募集しています。

   


Posted by 飯野健二 at 22:40Comments(0)福岡でのイベント