2020年02月07日

2/20(木)、「もしもに備えるいつもの大切さ」東日本大震災の被災地支援を続けられてる彌永恵理さん。




 【福岡市のイベント】
 東北大震災で、ご縁ができた、つなぎteおおむた( https://www.facebook.com/tunagiteoomuta/ )の彌永恵理さん( https://www.facebook.com/eri.iyanaga )がゲストです。

 2/20(木)、「もしもに備えるいつもの大切さ」東日本大震災の被災地支援を続けられてる彌永恵理さん。

 https://www.facebook.com/events/2453403724909269/


 以下、facebook のイベントからです。

 第2回目のチャレンジトークのゲストは大牟田を拠点とするNPO法人「つなぎteおおむた」彌永恵理さん、「綺羅星」のような方です。
 東日本大震災を見て、矢も楯もたまらず、南三陸、松島に飛び込み、塩害を被った杉の木で、「絆」ベンチとテーブルをつくって、被災地の方々の集いと助け合いの場をつくりました。
 被災後、「なぜ自分が残った?自分だけ生きていていいのか?」と自分の命を肯定できない被災地の方の心を、杉の木の手触りや音、灯篭の光て、暖め続けてこられました。
 恵理さんは、目立つためでも、誉められるためでもなく、ひたすらに「人を支えたい」という一心で、知らない土地でも飛び込んで動き始める、地域の人と心を通わす、そして積み重ね、継続する。
 そんなチャレンジを続けてきた恵理さんに、人と繋がること、支え合うこと、そして人の命、人生の意味、まで、とことんお話しし、考える会にしていきたいと思います。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日時 2月20日(火)19時〜21時
  ベーストーク 19時〜20時
  懇親会 20時〜21時  軽食と飲み物(アルコールとソフトドリンク)をご用意します。

 会費 大人 4000円(懇親会費込み)
    大学生 懇親会費のみ1000円
 会場 株式会社大賀薬局4階会議室
   〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目9−1 大賀博多駅前ビル
 定員 30名
 協力 株式会社大賀薬局
 主催 武内和久、井上和久、伴 克子  


Posted by 飯野健二 at 03:53Comments(0)