2018年09月15日

福岡から倉敷までの運転ボランティア



 【福岡から倉敷までの運転ボランティア】
 石巻市の支援からスタートして、石巻市から、熊本、朝倉などの被災地に車の無償支援をされています。
 https://www.japan-csa.org/
 https://www.facebook.com/japancsa/
 
 https://www.facebook.com/japancsa/posts/1855019627867703

 以下、facebook の投稿です。

 【軽自動車を運搬するボランティアさん募集】
 台風21号や北海道で発生した地震で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
 この度、昨年の九州北部豪雨災害の被災地で、使われていた車が返却されることになり、その車を西日本豪雨の被災地に運び活用したいと考えております。
 車両①:福岡県久留米市→岡山県倉敷市真備町
 車両②:大分県日田市→岡山県倉敷市真備町
 福岡・大分近辺にお住まいの方、ご協力をお願いいたします。
 ご協力いただける方はFBでメッセージをいただくか、teikyou@japan-csa.orgまでメールをお願いします。
 ☆運搬にあたっての諸注意
 運搬の際の交通費(高速代・燃料代)は支給します。
 ※帰りはご自身でご負担ください。
 ※災害支援車両の高速道路無料通行証を使用いただきます。
 ※自動車保険は加入済みです。
 ご協力のほどよろしくお願いします!
 *********************
 その他現在日本カーシェアリング協会が募集している支援は
 こちらから→ https://www.carsharing360.com/h30nishinihon/

 参考資料
 http://uttate.jp/?p=285

 東日本大震災の際にも災害サポートのレンタカー活動を行われた「一般社団法人日本カーシェアリング協会」さんが罹災証明書をお持ちの方に対して、無料での自動車貸出(レンタカー)を行われています。

 1.まずは電話でご予約を!
 電話 070-1143-7799
 岡山災害サポートカーステーション
 受付時間 9:00~17:00
 定休日 毎週火曜日(8/14~)

 2.罹災証明書と免許書のコピーをご用意ください。
 免許書のコピーは運転される方全員のものが必要です。

 3.最長1か月間無料で借りれます!(軽自動車・申込は9月末まで)
 ご近所の方などと共同利用できる方には優先的に貸し出されます。

 4.軽トラックや軽ライトバンは1回につき2日まで借りれます!(10月末まで)
 利用もなんどでも予約可能です。

 5.車は原則、貸出場所まで取りに行く必要があります。
 貸出は真備体育館(地図)まで取りに行く必要があります。
 真備体育館 倉敷市真備町箭田2208-1
 なお、真備体育館まで行くのが大変な方へはスタッフの方が避難先や最寄りの駅まで車を届けてくれますので、ご相談ください。

 7.倉敷市真備町以外の方でもご利用いただけます!
 県内で被災をされた方で真備以外の方でもご利用いただくことができます。

 上記のとおり、真備体育館まで行くのが難しい場合には、新倉敷駅などまで車を届けてくれますので、ご相談ください。

 【保険について】
 日本カーシェアリング協会さんで貸し出される自動車には下記の自動車保険がついています。ただし、補償額を越えたもの免責金額及び保険約款の免責事項に該当する事故は、原則利用者負担となります。
 対人:無制限 対物:無制限(免責額5万円) 人身傷害:3,000万円/人(乗車中のみ) 車両:なし
 ※故意でない外装の破損については基本的に現状復旧を求めないので安心してご利用ください。ただし、修理代等はこちらで一切負担ができないので修理が必要になり、車を乗り続ける場合は、ご自身で対応いただくことになります。

 【日本カーシェアリング協会さんについて】
 東日本大震災発災後、約6万台の車を被災した宮城県石巻市の仮設住宅等で寄付で集めた車を活用して、カーシェアリングによる支援を行ってこられ、また、その後起こった災害においても支援活動も行ってこられています。
 日本カーシェアリング協会 https://www.japan-csa.org/  


Posted by 飯野健二 at 19:16Comments(0)石巻市2018水害・岡山

2018年09月14日

【全国各地のボランティア情報】北海道の情報の抜粋





 【全国各地のボランティア情報】北海道の情報の抜粋です。9月12日(水)更新
 厚真町災害ボランティアセンター 道内の日帰り圏の方(災害ボラセン周辺での車中泊は禁止) 前日正午までに電話で申込
 facebook https://www.facebook.com/atsumavc/
 安平町災害ボランティアセンター ウェブから登録すると、メールで連絡が来ます
 facebook https://www.facebook.com/0906.ibora/
 むかわ町災害ボランティアセンター 9/13より募集開始 100名/日程度
 facebook https://www.facebook.com/mukawavc/

 IT DART ( https://www.facebook.com/itdart.org/ https://itdart.org/ )の佐藤大さん( https://www.facebook.com/satodainu )の投稿です。

 https://www.facebook.com/groups/1139273456123095/permalink/2009914282392337/

 IT DARTでは、ボランティア募集状況一覧を作成し、(ほぼ)毎日更新しています。これまで他のグループにシェアしていましたが、こちらでもお知らせします。

 https://docs.google.com/spreadsheets/d/e/2PACX-1vRGGBT0joKJQJNmMEy5LOvH2k_5nAz6A5coXeMro6Itum_mQFvOo-wv9FJg9hKckKdLEfOUNv3HCW6f/pubhtml

 https://www.facebook.com/itdart.org/posts/640830589585476

 (9/10追記)#北海道 の #地震 についてもボランティア募集が始まりました。一緒に掲載しています。
#大阪 での #地震 に関する #災害支援 #ボランティア の募集状況をお知らせしていましたが、西日本を中心とした #豪雨 災害に関するボランティア募集も始まりました。そこで、こちらについても同じ一覧表にまとめました。これまでどおり、毎日更新します。
 https://docs.google.com/spreadsheets/d/e/2PACX-1vRGGBT0joKJQJNmMEy5LOvH2k_5nAz6A5coXeMro6Itum_mQFvOo-wv9FJg9hKckKdLEfOUNv3HCW6f/pubhtml
 なお活動する際は、事前に地元でボランティア活動保険への加入の上、軍手や厚底の靴(できれば安全靴)などの必要な装備を持参して下さい。またボランティアは自己完結が大原則です。食事や飲み物、宿泊場所、移動手段などは、自分で用意して下さい。
 出発前の準備には、「災害ボラの予備知識」が便利です。ぜひご一読下さい。
 http://rsy-nagoya.com/volunteer/volknowledge.html  


Posted by 飯野健二 at 20:56Comments(0)平成30年北海道地震

2018年09月14日

広島市安芸区 矢野町復興支援 生活物資支援ささやかフェア



 【広島市安芸区矢野町支援】
 9月30日(日)、広島市安芸区矢野公民館で、被災された方に無料で物資配布あります。
 矢野町で、支援物資の募集と配布を続けている、Fumi Date さん( https://www.facebook.com/fumi.date.7 )からです。

 https://www.facebook.com/fumi.date.7/posts/1199632710174875

 以下、Date さんのfacebook の投稿です。

 9月30日!!
 (当日9時集合~16 時くらいまでのお手伝いを募集しております!!子連れオッケー!!前日も人手がほしいです)
 広島市安芸区矢野公民館で、被災された方に無料で物資をお配りされるそうです。お母様達が大奮闘しておられます。
 家電、おふとん、毛布、食器、文具、おもちゃ、お洋服とじゃんじゃん集まっております。
 被災されていない方は、13時から、ワンコインで10点です。20点でも30点でもご支援お願いします!!
 物資のご寄付もよろしくお願いします。食器は集まっております。
 義援金も受付しております。お財布から魔法の紙を取り出してくださる方!!メッセージくださいませ。矢野の町をどうぞご支援くださいませ。

 矢野町復興支援 生活物資支援ささやかフェア
 http://www.a-net.shimin.city.hiroshima.jp/anet/event/archives/post-12978.html  


Posted by 飯野健二 at 19:03Comments(0)2018水害・広島

2018年09月13日

9/23(日)、KIDS NOW JAPAN みんなで防災~助かるために行動しよう



 【東京での防災イベント】
 ふんばろう東日本プロジェクト( http://fumbaro.org/ )で、ご縁ができた、長田香さん( https://www.facebook.com/kaorin1971 )からです。

 KIDS NOW JAPAN みんなで防災~助かるために行動しよう

 https://www.facebook.com/events/1718507344944213/

 以下、facebook のイベントからです。

 http://www.kids-now.net/?p=3178
 毎年のように各地で災害が起き、被害が報告されています。
 自分の地域は大丈夫、という保証はどこにもありません。
 私たちはどこにいようといつも次の災害の前にいるのです。

 KIDS NOW JAPANの今回の企画は、昨年、一昨年に続き、防災士の長田香さんをお迎えし、トークと非常時調理実習を行います。

 東京で生き延びるための避難、今日からできる備えのアイディア、そして「生き抜くためのレシピ」毎年盛り上がるポリ袋調理。
 今年もみんなで挑戦しましょう!
 ・・・・・・・・・・
 日時 2018年 9月23日(日) 13:50~16:30(受付13:30~)
 会場 東京都大田区 池上会館 調理室 大田区池上1−32−8(池上本門寺隣)
 《電車》東急池上線、池上駅下車 徒歩7分
 《バス》JR大森駅西口 本門寺前停留所下車 徒歩5分
 対象 誰でも参加できます(小学生以下は大人同伴)
 参加費 1000円 (学生500円 小学生以下無料)
 持参する物 エプロン、三角巾(バンダナ)
 申込 KIDS NOW JAPAN東京支部 (9月21日まで)
 TEL 090-5634-6350  Mail:kids-now-japan-tokyo@docomo.ne.jp
 ※学生の方は、お知らせください。 例) 中学生、高校生等
 ※フェイスブックからも申込ができます。
  


2018年09月13日

広島県坂町、呉市天応地区支援



 「大間努」で、google の画像検索をしたら、この写真が。

 南相馬市での夏祭りでのツーショットです。

 【広島県坂町、呉市天応地区支援】amazon欲しいものリスト、よろしくお願いします。 http://amzn.asia/bjmauEg
 東北でご縁ができた、チーム府中( https://www.facebook.com/Teamfuchu/ )の大間努さん( https://www.facebook.com/tsutomu.ohma )からです。
 チーム府中、『中学生から参加できる東北スタディツアー』を続けています。https://www.facebook.com/Teamfuchu/posts/1950354278361877
 9月9日(日)締め切りでした。
https://www.facebook.com/Teamfuchu/photos/a.525870667476919/2025049820892322/?type=3&theater

 以下、チーム府中の投稿からです。

 《ご支援のお願い》
 9/14日夜発~17日の間で、広島県坂町にて西日本豪雨災害支援ボランティアを行います。
 現地活動に合わせて、現地で活動をしている「子ども応援イベント」のお手伝いを行います。
 「子どもたちに元気と笑顔を!」を届けたい!
 イベント当日におみやげとして使わせていただくお菓子などをご支援ください。
 以下のamazon欲しいものリストよりご選択いただきご支援いただければ幸いです。
 よろしくお願いいたします。
 http://amzn.asia/bjmauEg
 ~追記~
 ①、呉市天応地区にある避難所「呉ポートピア」「天応まちづくりセンター」にてお年寄りの方々へゼリー飲料をお渡しすることにもなりました。
 ②、坂町災害たすけあいセンターへの差し入れとして小さいサイズの飲料を追加させていただきました。

  


2018年09月12日

【呉市安浦町支援】 9月13日(木)~15日(土)、信楽寺で、支援物資のフリーマーケット。



 【呉市安浦町支援】
9月13日(木)~15日(土)、信楽寺で、支援物資のフリーマーケット。

 https://www.facebook.com/groups/1121114504694424/

 Oka Ayu さん( https://www.facebook.com/karin.0502 )のfacebook の投稿からです。

 9月13~15日は、安浦町で支援物資のフリーマーケットを開催!呉市安浦町内海北1-5-5 「信楽寺(しんぎょうじ)」さんで、10時~16時。
 被災者さんであれば、安浦町以外の方もok❣️
 ※家電や家具などは、希望者リストから抽選になります。
 皆で力を合わせて声掛けをし、沢山物資が集まりました。
 お茶も用意しますので、フリーマーケットの合間に、寛いで下さいね。
 #呉市 #西日本豪雨 #支援物資 #フリーマーケット #無料 #安浦町 #拡散希望

 KUREP ( https://www.facebook.com/kurep90/ ) の投稿です。

 https://www.facebook.com/kurep90/posts/480394429126423

  


Posted by 飯野健二 at 20:34Comments(0)広島県呉市

2018年09月12日

9月14日(金)、午後6時から、坂町仮設住宅集会所で、海自カレーの炊き出し



 【広島県坂町支援】
 9月14日(金)、午後6時から、坂町仮設住宅集会所で、海自カレーの炊き出しです。

 https://www.facebook.com/groups/228237391128048/permalink/272672590017861/

 Ryoko Kawano さん( https://www.facebook.com/ryoko.taguchi.09 )の投稿からです。
 海自カレーHPより
 9月14日(金) 18:00〜 坂町仮設住宅 集会所にて炊き出しがあります。
 場所→坂町平成ヶ浜五丁目2番(平成ヶ浜中央公園)
 SNSを利用されてない方々に伝えて下さい

 https://www.kaijicurry.com/news/other/2417.html

 以下、HPからです。

 2018.09.10
 9月14日 坂町仮設住宅に炊出し支援活動に伺います。
 9月14日(金)18:00~ 坂町仮設住宅の集会所にて、炊出し支援活動させていただきます。
 仮設住宅生活者の皆様に提供させていただきます。
 カレー提供は、補給艦とわだ(クレイトンベイホテル 呉濤)
 練習艦せとゆき(おぼろ月)
 呉教育隊(たまや)の3種類のカレーを召しあがって頂きます。
 ご飯は呉市からお預かりいたしました支援米をシティプラザすぎやで炊き上げてお持ちいたします。
 初めて仮設住宅での炊出し支援となります。呉海自カレー横断幕・のぼり旗が目印です。
 カレーを食べて一瞬でも笑顔になっていただけたら幸いです。
 呉海自カレーは笑顔を繫げてまいります。

《呉海自カレー復興支援商品》
呉海自カレーでは、下記の商品をご購入いただきましたら、売上の一部を復興支援に寄付させていただいております。
ご注文はこちらのBASEよりお願いいたします。
https://kaijicurry.thebase.in  


Posted by 飯野健二 at 18:00Comments(0)ボランティア(坂町)

2018年09月11日

【北海道厚真町・安平町ボランティア情報】



 「北海道胆振東部地震・情報共有グループ」からです。
 https://www.facebook.com/groups/hokkaido.saigai/




 https://www.facebook.com/hokkaidovc/posts/2116916681896896

 厚真町社協災害ボランティアセンター(以下、「センター」)では、本日(10日)からボランティアの募集が始まりました。
 募集に関しては、こちら(http://www.town.atsuma.lg.jp/office/news/news/14147/)をご確認ください。
 また、センターのFacebook(https://www.facebook.com/atsumavc/)が開設されましたので、併せてご覧ください。
 なお、本格的な活動の開始は13日(木)からの見込みです。



 https://www.facebook.com/hokkaidovc/posts/2116871175234780

 安平町災害ボランティアセンターでは、本日(10日)よりボランティア活動が始まりました。
 安平町でのボランティアを希望される方は、センターのホームページ(https://0906ibora.wixsite.com/abiraborasen)より、必ず事前登録をしてください。

 9月11日(火)、更新 わかりやすく、まとめられています。
 支援Pネット
 https://iburi.shienp.net/  


Posted by 飯野健二 at 17:41Comments(0)平成30年北海道地震

2018年09月10日

10/6(土)、7(日)、チャレキッズ秋キャンプ2018 選択するチカラを育もう




 【福岡でのイベント】
 障がいのある子どもたちの夢をかなえるプロジェクト、チャレキッズ( https://www.facebook.com/challekids/ )の秋キャンプです。
 代表理事の中嶋一顯さん( https://www.facebook.com/kazuaki.nakashima.52 )からです。

 https://www.facebook.com/events/292205124904847/

 以下、facebook のイベントからです。

 チャレキッズ秋キャンプ2018 選択するチカラを育もう

 《ワクワクと達成感を感じまくる2日間! 》
 昨年も大好評だった、チャレキッズの秋キャンプ、今年はさらにグレードアップして戻ってまいります!
 ☆詳細情報記載HPURL→https://goo.gl/trozrg
 子供達の「選択する力」と「自発性の芽を育む機会」を得ること、またライフスキルと言われる生活に必要な基礎的な力の向上を目指す秋キャンプ。
 親元から離れ、集団の中で生活をすることで、自発的な行動が促され、かつ集団の中での行動やコミュニケーションを学ぶ機会になります。

 《 つくる、みせる、うごかす、まなぶ 》
 募集は小学生から高校生までと幅広く、年代を超えてのコミュニケーションの場となります。
 児童生徒の宿泊研修を踏め、創作活動や野外調理活動、体を使ったコミュニケーション、言語聴覚士による母子合同参加のワークショップを企画し、選択する力、創造力、ライフスキルを磨く場としていきます。

 《 プログラム内容 》
 〜 1日目 6日(土)〜
 時間行事内容
 9:30受付開始
 10:00 オリエンテーション
    1、ごあいさつ
    2、スタッフ、ボランティア紹介
    3、プログラム発表
    4、班分け発表
    5、班内で自己紹介
 11:00昼食準備    野外調理活動
 12:00昼食
 13:00昼食終了〜休憩 昼食後の片付け➡️ 教室移動➡️ お手洗い
 14:00スポーツプログラム スタート
 15:00スポーツプログラム 終了
 15:30 ワークショップ1  まほうつかいになろう! スタート
 17:00  ワークショップ1  まほうつかいになろう! 終了
 17:10入浴準備開始  
 17:30入浴
 18:30入浴終了
 19:30夕食
 20:30夕食修了    就寝準備
 20:45 就寝室へ移動  寝具の準備パジャマへの着替え ハミガキ 
 おやすみの会 明日の起床時間、予定の確認 
 21:30消灯

 〜 2日目 7日(日)〜
 時間行事内容
 6:30起床洗顔 トイレ 着替え お布団の片付け 
 7:00体操移動 体操 朝の会
 7:30移動 朝食(食堂)
 7:45朝食
 8:15朝食終了〜片付け
 8:30お散歩班毎に分かれお散歩へゴミ拾い
 9:30帰宿部屋の片付け
 荷物まとめ、帰宅準備
 10:00保護者集合お迎えの保護者の皆様集合
 10:15ワークショップ2“伝わる”コミュニケーション
 11:30閉会式
 12:00解散

 《 ワークショップ1 魔法使いになろう! 》
 マジックのアイテムとなる小道具を自分たちで制作し、そのマジックに挑戦。
 やりたい!という子は、お友達の前でマジックを披露してみよう!
 《 野外調理活動 》
 野外調理でビーフカレーを作ります。
 作業を分担し、割り振られた役割の中で作業を行います。自発的選択、共同作業、個人作業を体験し、力を併せてゴールへたどり着く楽しさを経験とします。
 《 スポーツプログラム 》
 体を使って楽しむことは、言葉だけではない、コミュニケーションの楽しさを体感します。
 普段運動が苦手なお子様にも楽しんで体を使っていただけるプログラムです。
 《 “伝わる”コミュニケーション 》
 言語聴覚士、船越晶先生による、"伝わる”コミュニケーション講座。
 親御さんとお子様とご一緒に参加していただいて、伝えていくためにどのようなスキルが必要か。
 それをどのようにご家庭の取り組みで身につけていくかをレクチャー、ワークショップで体感していきます。

 【 開催日時・参加費 】
 平成29年 10月6日(土)9:30 〜 平成30年10月7日(土)12:00
 【参加費 】
 15,000円〜(材料費含む)
 【 事業スケジュール 】
 〜9月7日  参加者募集
 〜9月20日 参加者選定
 〜9月28日 説明会開催

 内容は後日WEBにて公開します。
 (参加者のご承諾をいただきます)

 事業終了後、内容の報告書を作成し、各学校に配布をおこないます。

 《 参加申込フォーム 》https://goo.gl/forms/D6dqUmZ44KLcTs662
 ☆詳細情報記載HPURL→https://goo.gl/trozrg

 《 概要 》
 チャレキッズ秋キャンプ2018 「選択する力を育もう」
 2017年 10月6日 (土)10:00 〜10月7日(日) 12:00
 会場;海の中道青少年海の家 
 住所:福岡県福岡市東区大字西戸崎(海の中道海浜公園内)
 参加費:15,000円
 対象者:特別支援学校、小学校特別支援学級、通級による指導を受ける児童
 主催:一般社団法人チャレキッズ
 後援:福岡市教育委員会発達教育センター
 申込締切:9月7日(金)
 参加のお申し込み・問い合わせ先
 一般社団法人チャレキッズ 担当:中嶋
 E-mail:challekids01@gmail.com

 <共同旅行企画・実施> 
 ㈱ネオ倶楽部 ツアークリエイションオアシス
 福岡県知事登録旅行業 第2-533号 
 全国旅行業協会正会員

   


2018年09月09日

【平成30年北海道胆振地方地震】  北海道被災者支援ボランティア情報



 【平成30年北海道胆振地方地震】
 北海道被災者支援ボランティア情報
 https://www.facebook.com/hokkaidovc

 各災害ボランティアセンターは、受け入れ体制を整える準備中です。
 https://www.facebook.com/1739152049673363/posts/2115754388679792/

 facebook の投稿からです。
 厚真町、むかわ町、安平町各災害ボランティアセンターについてのお知らせ

 各町災害ボランティアセンターを下記のとおり、それぞれ開設いたしました。
 厚真町災害ボランティアセンター  9月7日(金)15時30分
 むかわ町災害ボランティアセンター 9月8日(土)12時00分
 安平町災害ボランティアセンター  9月8日(土)14時00分
 なお、現在、各災害ボランティアセンターは、受け入れ体制を整える準備をしております。
 各災害ボランティアセンターの開設場所や受け入れ体制等が整いましたら、改めて、Facebook等でご案内いたしますので、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

 むかわ町 9月8日(土)
 https://www.facebook.com/hokkaidovc/posts/2115699365351961
 むかわ町災害ボランティアセンターからお知らせいたします。
 ・現在、町外からボランティアセンターの開設及びボランティア等の支援の申し出が多く寄せられています。
 ・しかし、むかわ町では未だ停電、断水等が続いており、また、むかわ町までの道路も損傷、停電による信号機の機能不全があるため、これらの課題が解決せずに多くの支援を受け入れることができません。
 ・住民はもとより、支援に来られる方々の安全を第一に考え、ライフライン機能が回復するまでの間は、ボランティアセンターの受け入れ体制を整える準備期間といたします。
 ・なお改めて、センター設置場所、受け入れ体制等が整いましたら、本日、開設予定のFacebookでご案内させていただきますので、ご理解の程、よろしくお願いいたします。
 問い合わせ先:0145-42-2467

 厚真町 9月7日(金)
 https://www.facebook.com/hokkaidovc/posts/2115284645393433

  厚真町社会福祉協議会災害ボランティアセンターからお知らせいたします
(現在、町社協事務所が停電のため、しばらくの間、当ページでお知らせいたします。)
 現在、町外からボランティアセンターの開設及びボランティア等の支援の申し出が多数寄せられています。 しかし厚真町では未だ停電、断水が続いており、また厚真町までの道路も破損、停電による信号機の機能不全があるため、これらの課題が解決せずに多くの支援を受け入れることができません。 住民はもとより、支援に来られる方々の安全を第一に考え、ライフライン機能が回復するまでの間は、ボランティアの受け入れを開始しない判断をいたしました。
 何卒、ご理解とご協力をお願いいたします。  


Posted by 飯野健二 at 05:38Comments(0)平成30年北海道地震

2018年09月08日

朝倉災害復興支援 あさくら杉おきあがりこぼし展



 朝倉災害復興支援
 あさくら杉おきあがりこぼし展


 9月2日(日)~9日(日)、福岡市中央区大名のスタートアップカフェギャラリー(旧大名小学校内)。
 3日(月)~9日は、福岡市天神の新天町北通りギャラリー風でも開催。

 昨年7月の九州豪雨で特に被害が大きかった福岡県朝倉市の復興を、アートの力を結集して支援するプロジェクト。朝倉産のスギを使用して作られたおきあがりこぼしに、アーティストやイラストレーター、デザイナーがアートを施した作品を展示する。ギャラリー風では販売も行い、売り上げの純益を復興支援金として同市に寄付する。実行委員会事務局=092(918)1133(日曜休み)。

 西日本新聞の記事から。 
 https://www.nishinippon.co.jp/nlp/event_art/article/445861/

 facebook ページ
 https://www.facebook.com/asakuraokiagarikoboshi/

 
   


Posted by 飯野健二 at 16:41Comments(0)朝倉市

2018年09月07日

【大阪支援】土嚢袋を使わない 風に強いブルーシートの貼り方講座


 【大阪支援】
 2018大阪北部地震の時から、茨木市で、茨木ベースを運営している、中島武志さん( https://www.facebook.com/takeshi.nakajima.129 )からです。
 「土嚢袋を使わない 風に強いブルーシートの貼り方講座」をするそうです。

 9月8日(土)更新 youtube
 https://www.youtube.com/watch?v=2Z_pG_mObb4&feature=youtu.be

 https://www.facebook.com/takeshi.nakajima.129/posts/1880419662044842

 以下、中島さんの facebook の 9月7日(金)の投稿です。

 本日より四日間雨が続きます。
 ブルーシートを貼られるボランティアさん、住人さん、業者さん 茨木ベースへお越しください。
 土嚢袋を使わない 風に強いブルーシートの貼り方講座を四日間 毎日行います。
 10時、11時、13時.14時 雨の場合のみ
 雨が降らなければ活動致します
 30分程度の講習3名以上で開始致します。
 少人数の場合、実際に練習できます。
 また 【茨木ベース方式屋根応急処置】本日写真を撮って簡単なマニュアルをフェイスブックにアップ、動画を撮りこの四日間の間になるべく早く アップ致します。
 電話での細かい質問などは出れない可能性がある為 お越し頂くか 返事は遅くなりますがメッセンジャーにてよろしくお願い致します。
 茨木ベースの住所
 茨木市宿久庄3-20-9
 車駐車場 20台位あり
 モノレール 豊川駅 徒歩10分
 バス降り口 清水 徒歩5分  


2018年09月07日

2018年09月06日

広島県三原市支援、今必要なもの(シェア・拡散希望です) 「家具・鍋・フライパン・寝具」



 【広島県三原市支援】

 赤川直美さん( https://www.facebook.com/vesilove2009 )からです。

 https://www.facebook.com/vesilove2009/posts/1946884248688332

 以下、赤川さんの facebook の投稿です。

 今必要なもの(シェア・拡散希望です)
 「家具・鍋・フライパン・寝具」  
 9月に入りました。9月より私自身も新たなスタートを切りましたが、 遊ぼう会ぷらす( https://www.facebook.com/asoboukaiplus/ )として相変わらず三原市本郷町船木に通っております。
 もうすぐ発災から2ヶ月。
 異常な暑さで熱中症対策に必死だった船木地区も、朝晩は毛布が必要なほど冷えるようになりました。確実に季節は流れているのですね。
 さてさて、いつもお願いばかりで申し訳ありませんが、またしてもシェア・拡散希望です。
 8月に呼びかけさせていただいた「食器急募」には、本当にたくさんのシェアをいただき、たくさんの食器が集まりました。
 今でも日々届きます。本当にありがたいことです。
 一階がなくなってしまったみなさん、毎日食器を取りに来られます。
 
 そんな日々ですが、最近注目されているものは・・・
 
 タンス・姿見・棚などの家具!
 
 先日船木地域支援センターに家具が数点運ばれました。現在は予約済みになって移動待ちですが、その家具を見ながら「家具欲しいわねぇ」の声が多いのです。
 確かに・・・みなさん1階にあったものは全てなくなりました。食器などを持ち帰っても、置く場所は限られています。
 
 もちろん、まだ床を剥がして乾燥中のお宅が多く、すぐに家具を運ぶことは難しいのですが、それでも「家具を部屋に置く」と考えるだけでも元気が出るのです。
 その日を励みに、また今日も頑張れる。
 
 カラーボックスなど収納できるものは何でも需要があります。
 カラーボックスは新品をネットでご注文いただき、船木地域支援センター宛に送っていただくことも可能です。
 
 また、フライパンやお鍋など調理器具もありませんか?とよく聞かれます。
 フライパンやお鍋は新品または新品同様の物をお願いできればと思います。
 
 疲れも相当に溜まって来て、なかなか進まない生活再建に気力も落ちている時期です。
 どうぞ全国のみなさまの力をお貸しください。
 
 ※家具は船木地域支援センターにお持ち込みいただくか、送っていただくのがベストですが、地域によっては取りに行くことも可能ですので、ご相談ください。
 また、送っていただくのも大歓迎です。
 
 送り先
 〒729-0411
 三原市本郷町船木1972
 旧船木小学校 船木地域支援センター内
 遊ぼう会ぷらす 赤川宛
  


Posted by 飯野健二 at 05:00Comments(0)広島県三原市

2018年09月05日

呉市・運営ボランティア協力




 【呉市・運営ボランティア協力】
 呉市の岩木正浩さん( https://www.facebook.com/mashr.iw )からです。
 以下、くれ災害ボランティアセンターの投稿の一部です。
 活動内容:ボランティア受付業務(登録方法や注意事項の説明、送り出し・迎え時の声掛けや消毒等)
 呉市役所1Fへのアクセスです。 http://isindaihyou.yoka-yoka.jp/e2051231.html
 
 以下、岩木さんのfacebook の投稿です。

 https://m.facebook.com/groups/1121114504694424

 ガテン系の方でも、そうでない方でも、ボランティア受付班(広い意味で)への運営ボランティア協力をお願いいたします。
なるべく現地へ行っていただきたいのですが、運営ボランティアも必要なのです。
 屋内作業だけではありません、屋外で長靴を洗ったり、靴底消毒を手伝ったり、もあります。
 私もボランティアです、市職員でもなく、社協職員でもなく、団体職員でもないのです。
 くれ災害ボランティアセンター ボランティア受付班

 2018年7月大雨災害・くれ災害ボランティアセンターの投稿
 https://www.facebook.com/kuresaigai/posts/425475107976163

 ・運営ボランティア募集について
 これまで地域の各団体や組織を通じて運営してきましたが、この度個別に日にちごとの運営ボランティアを募集させていただくことにしました。
 つきましては、下記により募集しますのでご協力をぜひお願いします。
 1.募集期間:9月末まで毎日
      8時30分〜16時30分(昼休憩有)
     (10月以降につきましては、9月下旬に判断します)
 
 2.活動内容:ボランティア受付業務
    (登録方法や注意事項の説明、送り出し・迎え時の声掛けや消毒等)
 3.募集人数:毎日10人程度
 4.連絡先:TEL 0823-25-3860(9時〜16時)
 または、kurebora@kuresc.netへお願いします。詳細は申し込みいただいた方へ個別にお話しさせていただきます。
 お電話がつながりにくい場合はメールでご連絡ください。参加できる日程、お名前、ご連絡先をお伝えください。
 折り返し総務より連絡をさせていただきます。  


Posted by 飯野健二 at 22:43Comments(0)広島県呉市

2018年09月04日

9/12(水)、第34回フクコン



 【福岡でのイベント】毎月第2水曜日です。
 面白法人カヤック( https://www.kayac.com/ )の柳澤大輔さん( https://www.facebook.com/daisuke.yanasawa )たちが始めた、カマコン( https://www.facebook.com/kamacon/ http://kamacon.com/ )の福岡版です。
 フクコン https://www.facebook.com/FUKCONVALLEY/ https://fukucon.com/
 5人のプレゼンターのプレゼンを、グループに分かれて、応援する仕組みです。
 ちなみに、私は、昨年4月に「未来会議」で、プレゼンしました。

 https://www.facebook.com/events/234186927268593/

 以下、facebook のイベントからです。


 FUKUCONとは?
 福岡を愛する者のアイデアが募る場所!
 参加者全員のブレストで福岡をより楽しく活気のある街へ!
 ”全部ジブンゴト化”のFUKUCONを楽しんでください☆

 ・FUKUCONの流儀
 ⑴全力で面白がる
 ⑵とにかくアイデアをたくさん出す
 ・みんなが輪になるブレストを体験してみよう!!
 ⑶全部ジブンゴト化
 ・全てを自分のことだと思って考え、アクション、応援する!
 ・フクコンが開く定例会は、福岡をより良い街にするアイデアをプゼンし、みんなでブレストし合い、そのアイデアが実際のアクションにつながる機会となることを目的としています。

 ======================
 日時:2018年9月12日(水)受付18:30
 開始:19:00~ 初参加者オリエンテーション
    19:20~ 本会
 ※当日5分前着席でお願い致しますっ!!
 ※時間厳守!
 場所:カノビアーノ福岡 福岡市中央区大名1-1-12
 参加費:1,500円
 ※当イベントをシェアして頂いた方は500円の定例会のシェア割を行っております。懇親会には使用できませんのでご注意下さい!
 ======================

 【オリエンテーション】19:00~19:20
 ☆初参加の方はこちらから!
 【定例会】19:20〜21:00
 ◆第一部:フクコン説明&プレゼン全5組
 19:20〜
 【プレゼン内容】
 福岡を盛り上げる様々なジャンルのプレゼンが続々登場!
 ***************
 ◆第二部:ブレスト&アイデア発表
 20:00〜
 参加している皆でいろいろなアイデアをたくさん出そう!
 ◆第三部:懇親会
 21:15~
 場所:未定
 参加費:3,000円 学生1,500円
 ※シェア割の対象となりません。

 <目次>
 ・福岡盛り上げアイデア、プレゼンテーション!
 ・ブレインストーミング
 ・各アイデアグループからブレストで出たアイデア発表
 ・フクコンからコメント
 ・懇親会

 ======================
 -応募・お問合せ先-
 https://www.facebook.com/FUKUKONVALLEY
 担当:事務局
 ※事前にFBイベントページでの「参加」表明または
 omoshirofukukon@gmail.comへご連絡をお願いします


  


Posted by 飯野健二 at 19:57Comments(0)フクコン

2018年09月03日

2018年09月03日

9月11日(火)、100年後も続く「福マルシェ」・「さがつく」は志金をデザインするコミュニティ財団(第69回参プレ)



 【福岡でのイベント】
 今年の7月から、境美希さん( https://www.facebook.com/profile.php?id=100002050461291 )が始めた、福マルシェ。第3日曜日、鳥飼八幡宮です。
 福マルシェウェブサイト https://fuku-marche.com/
 福マルシェ Facebook https://www.facebook.com/fuku.marche/

 https://www.facebook.com/events/275062583313163/

 9月11日開催! 100年後も続く「福マルシェ」・「さがつく」は志金をデザインするコミュニティ財団(第69回参プレ)

 以下、facebook のイベントからです。

 ソーシャルビジネス創出 九州・アジア
 【参加者評価型ビジネスプランプレゼンテーションVol.69】

 誇れる仕事! よのなか人、ひとの行動で変えられる
   ~100年後も続く『福マルシェ』 + 『さがつく』は志金(休眠預金・遺贈)をデザインするコミュニティ財団~

 ~チェンジ!感動する人・共感ビジネスで 九州から「よのなか」をよりよく変える!~
 *********************************************************************************
 ■日時:2018年9月11日(火)19:00~21:00
 ■会場:フラウコミュニティルーム
    福岡市中央区大名2丁目11-22 若林ビル2F(Coco壱番のあるビルの2階です)
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ■プログラム
 主催者挨拶・参加者自己紹介 19:00~19:15(15)
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------
 第1部 ビジネスプランプレゼンテーション
 ◇プレゼンテーションⅠ  19:15~19:55(40)
 境 美希氏 (株式会社Tryfe 取締役)
 タイトル:「100年後も続くマルシェを福岡につくる!~住みたい街も理想の未来も、自分たちの手でつくる!~」
 概要:「住みたい街も理想の未来も、自分たちの手でつくる」
 2018年7月より毎月【福マルシェ】を開催しています。
 私たちがこの福マルシェを通じて、実現したい理想の未来は、生産者と消費者という関係ではなく、生産者と応援者が直接繋がって、応援し合う世界。
 作る側は「食べる人の幸せ」「作る人の幸せ」「地域の未来」を考えたものを作り、買う側はそれらを購入することで、より良い未来や環境を選択することに繋がる。
 そういった仕組みをマルシェという楽しい空間で、実現したいと思っています!   

 <プロフィール>
 「100年後も誇れる仕事をしよう」をコンセプトに、心から誇れる仕事をしたいと日々挑戦中。
 25歳の時に東京で起業。福岡に惚れて、福岡と東京のダブル拠点を始める。「知り合い0!仕事も0!」のスタートの中で、福岡でたくさんの人に助けられ、支えてもらう。ますます福岡が好きになり、「福岡に何か恩返しができる仕事がしたい!」と、長年の夢でもあったホテルづくりを、福岡の志賀島で始める。ホテルZABaNを2017年7月にオープン。ホテルづくりの過程で、農家さんや漁師さんと出会い、生産者のかっこよさに心を奪われる。2018年、福マルシェづくりに仲間と共に挑む!
 福マルシェウェブサイト https://fuku-marche.com/
 福マルシェ Facebook https://www.facebook.com/fuku.marche/

 質疑応答・意見交換
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ◇プレゼンテーションⅡ (19:55~20:35)(40)
 山田 健一郎氏(公益財団法人佐賀未来創造基金(愛称:さがつく) 代表理事) 

 タイトル:「佐賀未来創造基金とコミュニティ財団~休眠預金や遺贈など地域の志金をデザインするソーシャルイノベーション~」
 概要:休眠預金や遺贈など、全国でのお金を取り巻く様々な動きがある現状で、地域社会のお金の流れのデザインと地域課題の解決、そして新しい価値を創造していく存在として「市民コミュニティ財団」や「NPOバンク」という存在が期待されている。

 九州で最も小さい!?佐賀県で、持続可能な地域と組織支援、そして地域社会に必要なお金の流れやその活用にチャレンジする佐賀未来創造基金の取り組みを通じて、ソーシャルビジネスのイノベーションについて改めて考える。

 <プロフィール>
 公益財団法人佐賀未来創造基金(愛称:さがつく)代表理事(理事長)、特定非営利活動法人さが市民活動サポートセンター理事長、佐賀県CSO誘致アドバイザー、佐賀県まち・ひと・しごと総合戦略委員、さがラボエバンジェリスト(産業企画課支援機関)、一般社団法人全国コミュニティ財団協会理事(九州ブロック担当)、特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会九州チャプター共同代表、公益財団法人さわやか福祉財団インストラクター、唐人町商店街振興組合副理事長、佐賀県地域共生ステーションなど

 公益財団法人佐賀未来創造基金(愛称:さがつく)http://www.saga-mirai.jp/
 facebookページ:http://www.facebook.com/mirai.design.saga

 質疑応答・意見交換
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------
 第2部 ソーシャルビジネスに関する事業紹介など 20:35~20:55(20)

 ・第10回九州ソーシャルビジネスフォーラム振り返り
 ・グッドガバナンス認証についての説明
 名刺交換・アンケート記入
 ----------------------------------------------------------------------------------
 ■参加費:1000円(学生500円)
 --------------------------------------------------------------------------------------------

 ■くるま座交流会 21:15~ 
  会場周辺で行います。 2500円以内目標で、みんなで割り勘です♪
 ------------------------------------------------------------------------------------------

 <お申込み>
 下記、専用フォームからお申込みください。

 ■主催:一般社団法人SINKa(社会的起業家創出ネットワーク九州・アジア)
 HP:http://www.sinkweb.net/ 
 FB:https://www.facebook.com/SINKaSB
 TEL:092-762-3789 e-mail:info@sinkweb.net 

 共催:九州ソーシャルビジネス促進協議会(Sofi) 
 FB:https://www.facebook.com/kyushu.sofi/

 遠賀町起業支援施設(PIPIT ピピット) 
 HP:https://pipit-onga.jp/ 
 FB:https://www.facebook.com/pipit0932932616/  


Posted by 飯野健二 at 18:58Comments(0)福岡の勉強会•交流会

2018年09月02日

9/9(日)、小屋浦地区で、できたて料理の提供



 【小屋浦地区で、できたて料理の提供】9月9日
 https://www.facebook.com/events/540528836360940/
 被災された方も、ボランティアの方も、どなたでも。
 できたての料理と、新鮮な野菜、新品の食器も待ってます。

 以下、facebook のイベントからです。
 
 安芸郡坂町小屋浦三丁目2-20
 ちぐさ美容室横 駐車場

 小屋浦地域住民の方、ボランティアの方、その他、どなたでも食べにいらして下さい。

 出来たてのお食事をご一緒に。
 カレーライス、焼きそば・たこやき、うどん・麺類、かき氷・フルーツ、デザート・お飲物 等をご用意して、お待ちしております。
 お子様も是非お越しください。

 《全て無料》
 お持ち帰り用、新鮮野菜。お持ち帰り用、新品食器 あります!

 シェア・拡散歓迎します。
 #西日本豪雨

 連絡先:Uluru
 〒7300853
 広島県広島市中区堺町1-1-8
 082-233-0322
 廣中 祐二  


Posted by 飯野健二 at 10:00Comments(0)ボランティア(小屋浦)

2018年09月02日

9/7(金)、【福津市でのイベント】地域のミツバチ・井上貴至さんを囲むbar丸屋



 【福津市でのイベント】
 福津市副市長、松田美幸さん( https://www.facebook.com/miyuki.macri )からです。松田さんは、福岡県男女共同参画センターあすばる( http://www.asubaru.or.jp/ )の、前センター長です。http://www.asubaru.or.jp/76441.html
 以下、今回のゲストの井上さんに、2017年3月27日に、お会いしたイベントの投稿からです。現在、総務省から、愛媛県に出向中です。
 お招きしたいのは鹿児島県長島町の副町長,井上貴至さん。
 総務省の方ですが,霞が関時代に自ら作った「地方創生人材派遣制度」の第一号として若干29歳で2015年に長島町に赴任。
 「ぶり奨学金」や「長島大陸食べる通信」などの奇抜な取り組みで地域を盛り上げているとても面白い方です。
 リンク先のインタビューをお読みいただくと,どんな方かお分かりいただけると思います(^o^)
http://www.holg.jp/interview/inouetakashi/
 井上さんのブログ http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/
 私のブログの投稿 http://isindaihyou.yoka-yoka.jp/e1985867.html


 9/7(金)、地域のミツバチ・井上貴至さんを囲むbar丸屋


 https://www.facebook.com/events/248216976034572/

 以下、facebook のイベントからです。

 2018年9月7日(金) at 19:00 – 21:00

 みんなの縁側 王丸屋 福津市津屋崎4-11-15 
 https://pietoro1211.wixsite.com/ohmaru-ya

 津屋崎千軒のコミュニティハブとして「場」の力を発揮中の「みんなの縁側 王丸屋」が毎週金曜日の午後7時から開催しているBAR丸屋。
 ここに、素敵なゲストをお連れします。
 ワクワクするまちづくりを実践している井上貴至さん。
 総務省から地域に出向して、さまざまな革新を起こしています。
 29歳のときに、総務省から出向して鹿児島県長島町の副町長。ブリ奨学金をはじめとするユニークな施策を次々と導入。2年後、愛媛県庁に出向し、現在32歳。
 https://forbesjapan.com/articles/detail/16690

 福津の未来づくりの仲間にたくさん会えますよー。
 参加費やルールはいつものBAR丸屋と同じです。
 初めての方もゆるゆるとご参加くださいね。

 ◆BAR丸屋  店長 王丸屋店主の冨永透さん
 参加費 500円。食べたいもの飲みたいものは自分で持ってくるスタイル。王丸屋は場所を提供します!みんなで持ち寄って、一緒にのんびり楽しい夜を過ごしませんか?得意料理をふるまったり、逆におすそ分けしてもらったり…。いつ来て、いつ帰ってもOK!別に手作りじゃなくて、あるものや買ってきたものでもOK!家族で来てもOK!お酒もOK!人と人とがつながる場所になればと思っています。(一品持ち寄り。入店料500円+王丸屋にあるものを飲んだり食べたりした分のお気持ち代。)  


Posted by 飯野健二 at 05:00Comments(0)松田美幸井上貴至