2014年06月09日

code for 浪江のアイデアソン

code for 浪江のアイデアソン
昨日、「code for 浪江のアイデアソン」に、参加してきました。
http://codeforjapan.doorkeeper.jp/events/11111
 全町民に配布されるタブレットの活用を、みんなでアイデアを出そうというイベントで、浪江町民の方も13名ほど参加していました。
 私は、自分では、「浪江町民限定!動画登校サイト」というアイデアを出したんですが、最後は「浪江町に行きます!」というアプリを支援するグループに入りました。浪江町民の方が、浪江町に入るときに、偶然知人と再会することがあるそうで、このアプリは、それを支援するものです。
 このイベントは、引き続き行われるので、ぜひ参加して下さい。



同じカテゴリー(浪江町)の記事画像
震災で町民が0人になった浪江町に人が繋がり集う場所を作りたい
「開沼博氏と福島を語り合う会」に参加してきました。
浪江まちづくり未来創造シンポジウム
東日本大震災復興支援事務所の彌永恵理さんの投稿
大牟田市の彌永恵理の浪江町復興支援
浪江焼きそばがB1グランプリに
同じカテゴリー(浪江町)の記事
 震災で町民が0人になった浪江町に人が繋がり集う場所を作りたい (2018-03-23 18:13)
 「開沼博氏と福島を語り合う会」に参加してきました。 (2017-12-16 04:41)
 浪江まちづくり未来創造シンポジウム (2017-04-25 05:41)
 東日本大震災復興支援事務所の彌永恵理さんの投稿 (2016-12-28 19:53)
 大牟田市の彌永恵理の浪江町復興支援 (2014-10-02 19:18)
 浪江焼きそばがB1グランプリに (2014-09-20 18:10)

Posted by 飯野健二 at 15:16│Comments(0)浪江町
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。