2019年11月28日

12/1(日)【復興寺子屋】【台風19号・21号支援(その26)】とちぎボランティアネットワークから。

12/1(日)【復興寺子屋】【台風19号・21号支援(その26)】とちぎボランティアネットワークから。

 【台風19号・21号支援(その26)】とちぎボランティアネットワークから。

 とちぎボランティアネットワーク( https://www.tochigivnet.com/  https://www.facebook.com/tochigivnet/ )の矢野正広さん( https://www.facebook.com/masahiro.yano.121 )に、いろいろ教えていただきました。

  https://www.facebook.com/groups/786424335113218/permalink/816537255435259/  

 以下、facebook の投稿からです。

 12/1に緊急集会!!  拡散希望!!
 【復興寺子屋】茨城、神戸、栃木、佐賀(8/31豪雨)から―水害&復興支援の現場から
 ・ボランティアがいない北関東的の状況をどうするか?
 ・全国の支援者はどこに行ったのか?
 ・1か月前の水害被災地はどんな復興支援をしているか?
 ・栃木県各地の温度差、地域差、人手不足格差をどうするか?
 ・これから起こる困難とは何か?
 ・自治会や地域でとりくむべきことは何か?

 ●話題提供
 ①村井雅清(被災地NGO協働センター代表)阪神淡路大震災の神戸から24年間、日本の災害復興支援をリードする。
 ②横田洋能(茨城NPOセンターコモンズ理事長)水戸市、大子町での救援活動を行う。4年前の常総市の水害被災地の復興をづづける。
 ③立部知保里(CODE海外災害援助市民センター)8月31日に起こった長崎・佐賀の水害被災地の現状と、市民による復興ボランティアセンターの活動を紹介。
 ④君嶋福芳(日本災害復興学会・副代表/さくら市職員)栃木県内の復興支援についてこれから何が必要かを考える。
 ⑤司会/矢野正広(とちぎボランティアネットワーク)

 ●内容
 ①話題提供(30分)
 ②会場からの話題提供・討論(90分)
 ●日時:12月1日、17:00-19:00
 ●場所:とちぎ市民活動支援センターくらら
 電話:0282-20-7131 栃木市境町19-3



同じカテゴリー(【2019台風19・21号】)の記事画像
床上浸水の場合30cm未満は、10月より半壊の半額程度の30万円でることに。
【台風19号・21号支援(その24)】現状について
【台風19号・21号支援(その23)】ボランティアバス
【台風19号・21号支援(その22)】宮城県角田市支援
【台風19号・21号支援(その21)】宮城県角田市支援
【台風19号・21号支援(その20)】全国の情報共有会議
同じカテゴリー(【2019台風19・21号】)の記事
 床上浸水の場合30cm未満は、10月より半壊の半額程度の30万円でることに。 (2019-11-24 06:31)
 【台風19号・21号支援(その24)】現状について (2019-11-19 18:39)
 【台風19号・21号支援(その23)】ボランティアバス (2019-11-16 07:21)
 【台風19号・21号支援(その22)】宮城県角田市支援 (2019-11-14 18:22)
 【台風19号・21号支援(その21)】宮城県角田市支援 (2019-11-13 14:54)
 【台風19号・21号支援(その20)】全国の情報共有会議 (2019-11-09 06:11)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。