2010年05月10日

身近に図書館がほしい 福岡市民の会(身図会)の5月例会

 あすばる(大名にあるボランティアのための会議室などがある場所)で、「身近に図書館がほしい 福岡市民の会(身図会)の5月例会」に初参加してきました。

 代表の力丸世一(りきまる せい)さんが、素晴らしい方で、子供に本を、触れさせることで、「自分の頭で考え、自分の言葉で話し、自分で行動できるようになる」という信念のもとに、ボランティアでされています。

 その中で、びっくりしたのが、福岡市の予算で、図書館向けの予算が減らされ、司書(図書館の係?)が、減らされていることです。

 一体、福岡市の予算の優先順位は、どこにあるのでしょうか?

 将来がある子供たちに対して、重点を置いていないとは、信じられません。

 みなさんも、ぜひチェックしてみて下さい。



同じカテゴリー(市民運動)の記事画像
全国障がい福祉物産展
コミュニティカフェ
あすみんの「なんでも交流会」
だいこんの会
百道校区の餅つき大会
消費生活フェア2010
同じカテゴリー(市民運動)の記事
 全国障がい福祉物産展 (2016-11-18 15:28)
 コミュニティカフェ (2014-02-27 06:27)
 あすみんの「なんでも交流会」 (2011-01-25 18:54)
 阿久根市長選の結果 (2011-01-17 09:24)
 あすみんの「なんでも交流会」 (2010-12-25 17:21)
 だいこんの会 (2010-12-20 16:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。