2011年03月21日

震災がつなぐ全国ネットワーク


 震災がつなぐ全国ネットワーク 

 震災がつなぐ全国ネットワーク http://blog.canpan.info/shintsuna/

 被災地NGO協働センター( http://www.pure.ne.jp/~ngo/ )の報告です。
 http://blog.canpan.info/shintsuna/archive/894#BlogEntryExtend

 【東北地方太平洋沖地震】レポート No.15 [2011年03月18日(金)]
 被災地NGO協働センターです。
 現在、当センターのスタッフ2名は、山形県米沢市で活動しています。

 厳しい状況の中で、被災者が避難所の自主運営をしていると、3月18日の朝のニュースに出ていました。被災者のたくましさを感じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最新ニュース!
………………………………………………………………………………………
■足湯開始!!
 本日午後から市営体育館で「足湯」を行います。
 米沢の即席足湯隊が結成されました。
 足湯とは、たらいにお湯を張って足をつけてもらい、
 被災者の方に心身ともにリラックスしてもらう活動です。

 追って報告をお伝えします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
吉椿のレポート
………………………………………………………………………………………
<3月14日>
■ご存じのようにこの地震、津波による被災地は広範囲にわたる。
 3月14日、名取の被災地から北上し、南三陸町へと向かった。
 現地に向かう道では、警察車両が列をなして、同じ方向へと向かっていた。
 ラジオのニュースによるとこの日、南三陸の海岸線に約1000体の遺体が打ち上げられたという。南三陸町の中心地、志津川の手前の小森集落でも津波が襲い、住宅は流され、大型トラックは横転し、田んぼもガレキの海と化していた。たまたますれ違ったお父さんが「あの鉄骨のガレキは、建設会社の建物で元々あそこにあったんだ。」と数百メートル先を指さして教えてくれた。1キロ以上先から流されて来た屋根もあるという。おじさんは、「ここでも6人が未だ行方不明だ」といい残して去って行った。
 津波に襲われ、家屋内にガレキが侵入したが、かろうじて流されずに残った家屋に人影を見つけた。近づいて見ると、一人の女性がガレキの中で何かを探していた。
 「お母さん、何しているの?」と訊ねると、「靴を探しているのよ。」と返って来た。
 「おじいちゃんが自宅の中で亡くなったんだけど、遺体は人にだしてもらったんだよ。」
とぼそりと答えた。その後もひたすら靴を探すお母さん。何かをしていないと気が休まらないのかもしれない。

■南三陸町志津川は、海抜0メートルに近いところに町の中心があった。一般家屋だけでなく、町役場、病院などの公共施設もすべて流され、「総合防災庁舎」の字が津波でむき出しになった赤い鉄骨の間から見えていた。3月14日現在でも約1万人の行方が分からない。
 高台に位置している小・中学校に住民の方々は避難している。高台に上がる途中の家屋も傾き、ガレキに呑まれていた。だが、坂の途中のあるラインを越えると地震前とそのままの状態で家屋が残っている。庭にはガレキのひとつさえない。たった数十センチの差でこうも違うのかと思った。坂の上にある志津川小学校のグランドからは津波で廃墟となった志津川
の町が見渡せる。ここには、津波直後、約1000人の住民の方々が避難していたが、現在は約700人ほどに減ったそうだ。過酷な避難所暮らしから逃れるために親戚や友人を頼ってこの地を去って行った。すべてを失くした人達にはこのグランドからの景色はあまりにも酷い。

………………………………………………………………………………………

●東北地方でのボランティア活動資金を募集しています。
●宮崎から東北へ、支援の輪を~「野菜サポーター」を募集しています。
   振込口座:郵便振替01180-6-68556
   口座名義:被災地NGO恊働センター
   通信欄に、「東北地震支援」又は「野菜サポーター」と書いて下さい。
 http://www.pure.ne.jp/~ngo/

 



同じカテゴリー(東北関東大震災情報)の記事画像
6/6(水)、「九州の防災」講師九大4回生田中惇敏さん(気仙沼ゲストハウス”架け橋
5月20日(日)、福島県楢葉町での浜通り合衆国の未来会議
まず知る事から始めよう。福島から日本の未来を考える
福島県双葉町に住んでいた被災者「川崎葉子」さんの講演会
福島県二葉町に住んでいた被災者川崎葉子氏チャリティ講演会
仮住まいの輪
同じカテゴリー(東北関東大震災情報)の記事
 6/6(水)、「九州の防災」講師九大4回生田中惇敏さん(気仙沼ゲストハウス”架け橋") (2018-06-01 18:42)
 5月20日(日)、福島県楢葉町での浜通り合衆国の未来会議 (2018-03-25 19:33)
 まず知る事から始めよう。福島から日本の未来を考える (2017-06-13 19:25)
 原発事故自主避難者への「無理解」と「いじめ」の本質はどこにあるか  (2016-12-26 18:23)
 子どもたちに対してに非人道的な決定 (2011-04-24 15:43)
 福島県双葉町に住んでいた被災者「川崎葉子」さんの講演会 (2011-04-23 21:28)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。