2019年06月11日

バングラデシュの上田代里子さん「The Life School 」

 6/8(土)~9(日)、自然の中でビジネスと人生を学ぶ!「The Life School いいオトナ決別 -芦ノ湖自変2019-」( https://www.facebook.com/events/2211868595740379/ )に参加してきました。

 1泊2日の中で、豪華講師陣のお話や、多彩な参加者の方たちとの出会いで、大変刺激を受けました。

 その中でも、上田代里子さんのお話、とても感動しました。




 上田代里子さんのプロフィールを引用します。

 VENTURAS LTD Founder and CEO
 
 バングラデシュ在住歴6年。
 リクルートグループ(株)ネクスウェイで、B2B企業向けマーケティングオートメーション新規事業立ち上げ・推進の責任者を勤めた後、ダッカにて起業。
 「主体的に未来を選べる社会をつくる」をミッションに掲げ、公平な学習機会・情報の普及を目指す。現在、バングラデシュ高校3年生80万人に向けた進学情報プラットフォーム(CampusBD.net) を運営。
 またバングラデシュ初となるロボットコンテストの主催、高校生ウルトラクイズ選手権の主催、ロボットスクールの立上げ等、様々な経験機会の提供を、官民横断し巻き込みながら行っている。
 2018年から、バングラデシュ新卒エンジニアの日本就職を支援する新事業をスタートさせ、既に100名近いバングラデシュエンジニアと日本企業とのマッチングを成功させている。
 http://venturas-bd.com/ 

 別のインターネットの記事

 https://freelance.levtech.jp/freelance/detail/25/

 引用終わり。




 上田さん、6歳の時に、「世界平和に貢献する」ことを決心したそうです。

 大学に在学していた5年間のうち、4分の1くらいは世界中を旅。

 エクアドルのスラムエリア開発プロジェクトに参画したとき、NGOという非営利組織における資金面の問題や、自分の当時の能力や経験のなさに限界を感じて、民間企業でビジネススキルや問題解決能力を研鑽。

 民間企業で、新規事業立ち上げ・推進の責任者を勤めた後、現在、ご縁ができた、バングラデシュで、ご活躍中です。

 写真にもあるように、志は、「生まれた国、親、環境によって、なんで人生がこんなに変わってしまうのか?そんな世界は嫌だ。この構造を変えることを仕事にしたい。」です。

 また、会社が目指していることは、「すべての人が自由に夢を語り、未来を選択できる社会を作る」だそうです。

 実際、バングラデシュ高校3年生80万人に向けた進学情報プラットフォーム(CampusBD.net) を運営などをされています。

 志や、されていることが、素晴らしく、感動しました。

 バングラデイシュならではの事情もあり、かなり大変なことも、多数あるんですが、それを乗り越えて、ご活躍されています。

 将来的には、パキスタンや、アフリカなどでの、事業展開を考えているとのことです。

 日本の女性が、こんな活躍をできていることを誇りに思い、自分自身のやる気にも、つながりました。

 ありがとうございました。

 2018年から、バングラデシュ新卒エンジニアの日本就職を支援する新事業をスタートさせています。

 日本語習得の教育も充実しています。

 福岡のIT企業への就職も決まっている方がいるそうです。福岡の関係者の皆様、よろしくお願いします。

 


  


 

 

 
 

 
  


Posted by 飯野健二 at 21:56Comments(0)上田代里子