2019年09月18日

【20190910台風15号災害情報・千葉県(その10)】ブルーシート張り講習会



  【2019千葉支援】
 明日、19日(木)、木更津市民総合福祉会館にて災害ボランティア団体【愛・知・人】さんがブルーシート張りの講習会。
 【愛・知・人】の方とは、JVOAD( http://jvoad.jp/ )で、よくお会いします。



 Yoshi Ozawa さん( https://www.facebook.com/profile.php?id=100008189831851 )の facebook の公開グループ 「2019年台風15号 千葉 災害情報支援グループ」( https://www.facebook.com/groups/480303072522823/ )への投稿から。

 https://www.facebook.com/groups/480303072522823/permalink/484585715427892/

 以下、投稿の内容です。

 (クロスポストご容赦ください)
 【拡散希望】です!
 明日19日13:30より木更津市民総合福祉会館にて災害ボランティア団体【愛・知・人】さんがブルーシート張りの講習会を行います。【愛・知・人】さんは熊本や大阪府岸和田市で数多くのブルーシート張りを行って来られた団体です。
 今回木更津市の講習会は100名限定となっておりますので、気になられている方は是非この機会にご参加ください。
 リンクのYOUTUBE動画は【愛・知・人】さんが愛知県春日井市で行ったブルーシート張り講習会の内容です。
 (なお、木更津市での講習会はこの内容と異なる場合があります。ご容赦ください。)

 https://youtu.be/nwL9cUG2Fu0

 【愛・知・人】さんは今後、木更津市市内市外を問わず、上記の動画のような内容の講習会を行う予定であるそうです。会社、業者、自治会や個人の集まり、各地社協からの要望があれば応えていきたいとのこと。ブルーシート張りがこれからの方はもちろん、すでに張った方もいずれは劣化により張り替えの必要が出てきます。素材や張り方にもよりますがしっかり養生してあっても半年から一年程度で張り替えは必要となります。本格的な瓦変えには一年以上先でしか業者の方はできないという話も耳にします。
また、数ヶ月先には雪の季節にもなります。雪が降ってしまうと屋根上作業は慣れたものでもとても危険で、出来ないと考えておかれた方がいいです。本格的な雪の季節の前に今一度見直しの必要がある場合もあります。
 今後の為にも是非こうした講習会を受けられることをオススメします。

 また【愛・知・人】さんは今後木更津市を中心に木更津市社協さんとともに活動をされるようです。実際のブルーシート張りの活動もされるようです。
 基本、信用がある業者にブルーシート張りの依頼をしていただくこととなりますが、何らかのご事情で困難な場合は木更津市社協さんにご相談ください。

————————————

 住民同士の助け合いで実践できる『ブルーシートの張り方講習会』
 日時:令和元年9月19日(木)13:30~15:30
 場所:木更津市民総合福祉会館 1階 市民ホール
 内容:講習『安全に長持ちするブルーシートの張り方』 
    講師 災害ボランティア団体 【愛・知・人】
      代表 赤池 博美 氏
 対象:一般市民
 定員:100名(当日の先着順)
 主催:木更津市災害ボランティアセンター
   問合せ先 0438-25-2089

 https://www.youtube.com/watch?v=nwL9cUG2Fu0&feature=youtu.be&fbclid=IwAR0MfftcyRsEseBy1n0NHaLz7t5ZieTxhgJaYRt23Gk-e4NWrGQ9VKQkD1o
 災害時屋根の応急処置のブルーシートの貼り方講習 初級編


 別件です。

 南房総市災害ボランティアセンター、「屋根へのブルーシート講座」来週9/22(日)に、レスキューアシスト( https://facebook.com/rescueassist/ https://rescue-assist.net/ )の中島武志さん( https://www.facebook.com/takeshi.nakajima.129 )が開催予定。

 世田谷ボランティア協会( https://www.facebook.com/setabora/ )の高橋亜弥子さん( https://www.facebook.com/ayako.saigai.vc )の投稿から。

 https://www.facebook.com/ayako.saigai.vc/posts/509444536537286

 2019.9.16 千葉県佐倉市社会福祉協議会にてレスキューアシストの中島さんによる「屋根へのブルーシート講座」が開催されました。
 安全を確保することについて、様々な工夫について。わかりやすいスライドと丁寧な説明、そして気持ち溢れるお話。
 南房総市災害ボランティアセンターでも、来週9/22(日)に開催予定です!詳しくはもう暫くお待ち下さい。
 講座のお手伝いくださるかたを数人募集しています。私の方にメッセージください^_^
 (災害ボランティアセンターへの直接のご連絡は、お控えくださいね)



【追記】正式発表


 https://facebook.com/story.php?story_fbid=2253102334798626&id=943164785792394

 



   


2019年09月17日

 【20190828九州北部豪雨災害・災害ボランティア情報】 【武雄市の民間のボラセン】



 【20190828九州北部豪雨災害・災害ボランティア情報】 【武雄市の民間のボラセン】

 https://www.facebook.com/omoyaivc/posts/121755452536740

 9/15(日)、午後8時半の投稿

 【スマートサプライなどでの支援のお願い】

 おもやいボランティアセンターでは、以下の物資について、募集しています。 
 ご協力いただけましたら、ありがたいです。
 どうぞよろしくお願い致します。
 《募集資材》
 ①12mmコンパネ(仮床のため)
 ②扇風機、サーキュレーター(床下乾燥のため)
 ③スマートサプライライでの物資提供リスト
  https://smart-supply.org/?fbclid=IwAR3TE8ltwjyG1mGwSt1fhRMsZoK69J15l296zMPxNy8jeUZ9-fDPkJm4tAg#/spf201908/5d74d9aae6719800063a1ed8

 《支援金の振込口座》
 佐賀銀行 北方支店
 店番661 口座番号3021676
 チームおもやい
 代表 鈴木隆太
 おもやいボランティアセンター
 電話:080-1500-0001
 住所: 849-2201
 佐賀県武雄市北方町大字志久高野1591−4

 「★『おもやいボランティアセンター』の設立」について、名古屋のレスキューストックヤード( http://rsy-nagoya.com/ )のブログ( http://rsy-nagoya.com/rsy/ )の一部です。

 http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2019/09/0907.html

 佐賀県武雄市への対応
 ————————————————————–
 ★『おもやいボランティアセンター』の設立
 —————————————————————
 佐賀県武雄市では、東禅寺さんはじめ、地元の支援者が中心となり、地域密着型の民営支援拠点『おもやいボランティアセンター』を立ち上げました。
 そのきっかけとなった「武雄市情報共有会議(9月4日開催)」には、地元ボランティア団体と共に震つなメンバーも参加。当面は、被害のひどかった朝日町高橋地区を中心に、その後は順次、周辺地域にも活動場所を広げながら、長期的ニーズにも対応していける体制づくりに取り組まれています。本日は約250名のボランティアを受け入れ、支援に対応に当たっています。
 ▼災害後の生活を考える生活再建のためのミニ相談会
 9月8日(日)朝日町高橋地区で相談会を行います。RSYは震つなメンバーとして、開催準備や炊き出し資材・食材費の提供で協力。
 10:00~12:00、13:00~15:00の2部構成で、床下の効果的な消毒方法や、罹災証明書の説明などを行います。その他、昼食の振る舞いや、佐賀県弁護士会、佐賀県建築士会による個別相談もあり、きめの細かい対応に取り組まれます。

 九州地方の水害対応について(9月13日)
 
 http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2019/09/0913.html

 みなさま
 お世話になります。RSY事務局です。

 台風15号の影響で、千葉県でも断水・停電等が続き大変な被害が出ています。
 被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます。
 現在、震つなメンバーが現地入りし、情報収集や今後必要な支援について検討を重ねています。
 一方で、佐賀県の水害被災地も過酷な状況が続いています。
 以下、9月9日~10日にかけて佐賀県武雄市入りした浦野からの報告です。
 —————————————————–
 ★『おもやいボランティアセンター』
 https://www.facebook.com/omoyaivc/
 —————————————————-
 佐賀県武雄市では、地元の支援者による民設民営型VC「おもやいボランティアセンター」を立ち上げ、震つなメンバーもこれを応援しています。
 立ち上げ直後の土日には述べ800人近いボランティアが駆け付け、主に朝日町を中心に活動。現在は、次の3連休に向けた受入準備の他、長期的支援を見据えた体制づくりに向けて話し合いを重ねています。おもやいVCは、市社協VCと連携を図りながら活動しています。
 おもやいVCの活動は大きく「作業支援」と「生活支援」に分かれています。
 「作業支援」は家財道具の運び出し、床下の処理(床板はがし、泥かき、消毒など)、「生活支援」は、子ども支援、相談会開催、サロン活動、食事(炊き出し)提供、健康支援など、生活基盤を支えるために必要な支援をテーマ別で洗い出し、
活動可能な支援団体と共に取り組みを進めています。
 RSYは、常に震つなメンバーである被災地NGO恊働センター、NFP、ピースボート災害ボランティアセンター、災害NGO結に加え、OPEN JAPANらと連携協働し、『災害後の生活を考える生活再建のためのミニ相談会』開催に向けた調整を行っています。
 現在までに、
 ・9月13日(金)18:30~ 高橋公民館
 ・9月14日(土)10:00~17:15 朝日公民館(△)
 ・9月15日(日)10:00~17:15 橘公民館(△)
 ・9月16日(月・祝)10:00~17:15 北方公民館(△)
での相談会の実施が決まっています。

 △印は、市が設置する罹災証明書等申請受付窓口に併設する形で開催。
 佐賀県の弁護士会や建築士会にも、全面的に協力頂いています。
 会場には、地元支援者と共に無料喫茶や炊き出し、足湯などもオープンし、休憩スペースや相談に関するフォローの場として機能できるよう準備を進めています。
 ・り災証明って何? 何に活用できるの?
 ・乾燥させるといっても、どこまで乾かせばいいの?
 ・消毒用にと消石灰が配られているけど、取扱いに注意が必要、と言われてもどうしたらいいのか・・・
 ・和室は床を外せたけど、洋室はどうすればいいのか
 ・工務店に見積もりとってもらったら、3か月待ちといわれてしまった。それまでにやっておかなくてはならないことがあるなら、今からやっておきたい
 大まかな掃除がひと段落ついた今、修繕、お金、食事等の基本的な生活環境の整備、疲れや不安、焦りなどへの心身のサポートが求められます。
 9月上旬に、激甚災害に指定され、被災者生活再建支援法の適用も認められました。
 とはいえ、多くの世帯が半壊以下の被害判定が想定されるため、受けられる支援制度も少ない中で、自力再建を余儀なくされる方も多いと予測されます。
 住民の皆さんの不安が少しでも軽減できるよう、専門家との連携や、悩みを気軽に相談したり、一息つける場づくりに力を入れ、心身の活力の低下を防ぎ、先の生活に見通しが持てるような取り組みの重要性を感じています。

 小松政、武雄市市長の投稿
https://www.facebook.com/tadashi.komatsu.98/posts/2461610463906383

 これまで、たくさんの災害ボランティアの皆さんに助けていただいています。ありがとうございます。 
 想像をはるかに超える数のため、災害ボラセンを運営する社協の皆さんは、毎日フル回転。本当にお疲れ様です。
 そのような中、災害ボラセンに加え、市民と民間ボランティア団体による民間ボラセン「おもやいボランティアセンター」が、明日9時からスタート。社協をサポートし、ニーズの取りこぼしを無くすために開設するとのこと。受付場所は、旧北方幼稚園。
 今日も被災現場を歩きましたが、ボランティアの皆さんが現場に入ることで、被災現場の空気が変わります。ニーズはまだまだありそうです。
 「武雄市災害ボランティアセンター」と「おもやいボランティアセンター」。ボランティアの皆さんのお力を、引き続きよろしくお願いします。
 ・武雄市災害ボランティアセンター
 http://takeo-syakyo.com/publics/index/114/
 ・おもやいボランティアセンター
 →画像をご覧ください。
 https://www.facebook.com/omoyaivc/

   


2019年09月16日

【20190910台風15号災害情報・千葉県(その9)】



 【2019千葉支援】
 昨年の大阪北部地震で、ブルーシート貼りの支援などを続けている、レスキューアシスト( https://facebook.com/rescueassist/ https://rescue-assist.net/ )の中島武志さん( https://www.facebook.com/takeshi.nakajima.129 )、千葉県入りされました。中島さんのタイムラインを見ていただいたら、わかりますが、多数の知人の方が、応援しています。

  9/13(土)のレスキューアスストの投稿

 https://www.facebook.com/rescueassist/posts/953494921696398

 【9月14日 土曜日】
 〜鴨川市長に感謝〜
 昨晩ダメ元で、ある方に連絡をしました。
 すると本日鴨川市長がボランティアセンターに直接足を運んで下さって、鴨川にある元保育園を支援活動中貸してくださる事になりました。
 お風呂は今調整中ですがクーラーがあり20〜30人は泊まれるとの事です。明日から使えますので遠方から鴨川市にこられてら方は、宿泊にお使い下さい。現地でレスキューアシストにお話し下さい。
 本日は館山市の状況も調べさせて頂きました。
 館山で活動している団体さんにお邪魔をし、安全面や住人の為にどうするべきかを自分の経験からお話しさせて頂きました。
 他のメンバーは「一級建築士、大工、瓦葺き技能士」と社協職員さんでチームを組み、屋根のニーズ調査を行いました。すぐ直る案件はその場で応急処置を施し、ブルーシート張りを3件活動しました。
 緊急案件の倒木を、東京から来てくれたDEF TOKYOが片付けて下さいました。
 またビニールハウスで生活されてる方の所を綺麗にシートで防水をする事が出来ました。
 明日は千葉の高所看板屋さんが持ってきてくれたクレーンを使い、出来るだけ多くの要配慮者宅のブルーシートを張ることができればとおもいます。
 本日 大阪北部地震支援に来てくださった皆様
 九州北部豪雨被害へ支援に来てくださった皆様
 台風15号支援にかけてきてくれた皆様
 早々に「ほしいものリスト」の支援をしてくださった皆様
 本当に本当にありがとうございます!
 力をお貸しくださっている皆様の支えのおかげで本日も活動することができました。本当にありがとうございます。
 ○茨木市
 ブルーシート 1件
 ニーズ調整
 ボランティア…8名
 スタッフ…1名
 ●千葉
 ブルーシート3件
 ニーズ調査 多数
 他団体との調整などなど
 ○佐賀
 レスキューアシスト熊本をご覧下さい。
 アドレスはこちら ↓
 https://www.facebook.com/pages/category/Community/レスキューアシスト熊本-432409593773391/
 ◇◇◇お知らせ◇◇◇
 〓 9月の活動について〓 
 ★土曜〜日曜 【活動】
 旧茨木ベースの使用が土日のみとなりました。
 9月14日(土)〜16日(月) *祝日のため活動
 9月21日(土)〜23日(月) *祝日のため活動 
 9月28日(土)〜29日(日)
 ・雨漏りなどで緊急依頼が来た場合は平日に活動する場合があります。
 ・朝から雨が降ってる場合、危険な為屋根活動は中止とさせていただきます。
 ・ボランティアさんが少ない日は安全に活動できず、中止になる場合があります。必ず来られる日を連絡ください。
 〓〓〓 土曜、日曜日 〓〓〓
 土曜日、日曜日は旧茨木ベースに8時半までに集合となります。
 旧茨木ベースの住所は
 茨木市宿久庄3ー20ー9です。
 活動中は旧茨木ベースの駐車場が使えます。
 次回の食堂ボランティア
 15日 割烹ちり
 ★レスキューアシストは災害時、要配慮者救援を最優先に取り組む団体です。 _______________________________
 大阪北部地震救援
 技術系プロボノ茨木ベース
 事務局 070-3149-9333
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ①⌚毎日朝8時半時までに集合
 ※雨の場合活動中止
 ②服装 : 長袖、長ズボン、スニーカー
 ③ 持ち物:手袋、帽子、飲み物、腐らない昼食
 ※ヘルメット、空調服は貸し出しあり
 ④モノレール豊川駅下車、徒歩約10分
 ⑤阪急茨木駅からバス停「清水」下車、徒歩約5分
 *************
 ★住人さんへの連絡や打ち合わせ、活動中は、ご質問にすぐに答えられない場合があります。ご了承ください。持ち物や住所、時間等は上記をご覧ください。
 *************
 ◆Amazonの「ほしい物リスト」を公開しています。アシスト瓦(ダンボール瓦)に使用するシルバーシートおよび関連商品のご支援をどうぞよろしくお願いします。
 https://www.amazon.co.jp/gp/aw/ls/ref=cm_sw_r_fa?ie=UTF8&lid=2GXY2UL4QVCE6&ref_=cm_sw_r_fa&ty=wishlist&fbclid=IwAR2yaQ76k8ZTE1O4TCDneLJjjFj2Bqz51nGperOXtq8W-e9mo2Alddd_iiA

 https://rescue-assist.net/
 【今月の連携団体】
 ・茨木市社会福祉協議会
 ・大阪府社会福祉協議会
 ・大阪市社会福祉協議会
 ・東成区社会福祉協議会
 ・茨木市民活動センター
 ・大阪ボランティア協会
 ・大阪府赤十字ボランティア
 ・レスキューアシスト熊本
 ・災害ボランティア チーム茨木
 ・DRT JAPAN
 ・OPEN JAPAN
 ・DEF TOKYO
 ・IVUSA
 ・NGO ぬち
 ・災害NGO 結
 ・BIGUP大阪
 ・BIGUP石巻
 ・UPEACE
 ・チーム中濃
 ・JPFSF
 ・たすけあいネットしまとみ
 ・震災が繋ぐ全国ネットワーク
 ・日本財団
 ・M.F.P
 ・JDSO災害支援ネットワーク
 ・JVOAD
 ・支援のわ
 ・スマイル国領
 ・OSNおおさか災害ネットワーク
 ・災害時要配慮者を支える吹田市民会議
 ・ボランティア有志のみなさま

 以下、別件です。
  JVOAD( http://jvoad.jp/ ) の上村貴彦さん( https://www.facebook.com/takahiro.kamimura.52 )から。
 【週末のボランティア活動で必要だった資機材】 

 https://www.facebook.com/groups/480303072522823/permalink/483485538871243/



 【週末のボランティア活動で必要だった資機材】
 各地で災害ボランティアセンターが開設されて、初めての週末となりました(16日は荒天のため、多くは活動中止)。
 各災害VCで、資機材不足をご覧になったかと思いますが、今、色々なルートで調達が進められています。清掃道具やスコップなど、持ち運可能なものは、ある程度持参するのも、現地は助かるかと思います。
 同時に、週末、ボランティア活動をされた方で、こういう道具があったら良かったというのがありましたら、教えてください。
 画像のような一般的な資機材、一輪車(ネコ)、土嚢・ガラ袋(災害ごみ・がれき用)、丈夫なヒモ、清掃道具等、また、軽トラ、軽ダンプなどの車両などの準備は進められているとことも多いと思いますが、その他、ありましたら、災害ボランティアセンターにお伝えいたします。
 ※画像は「活動資機材調達虎の巻」(災害ボランティア活動支援プロジェクト会議モノ部会)より

 以下、別件です。

 東北でご縁ができた、チーム府中( https://www.facebook.com/Teamfuchu/ )の大間努さん( https://www.facebook.com/tsutomu.ohma )から。

 https://www.facebook.com/tsutomu.ohma/posts/2472873166132146

 鋸南町保健センターすこやか にて
 支援物資を取りにみえる方に炊き出しをしています

 以下、別件です。


 南相馬市ボランティア活動センター( https://ameblo.jp/v-home-net/ )で、ご縁ができた、高田昭彦さん( https://www.facebook.com/takada.akihiko )から。

 https://www.facebook.com/takada.akihiko/posts/1896248830477610

 ご縁があり、9/14(土)日帰り、9/15(日)-16(月祝)と
 ・大房(たいぶさ)岬自然公園  (千葉県)
 http://taibusa-misaki.jp/camp/camp.html
 ・南房総市自然の家  (南房総市)
 http://taibusa.jp/ourfacility/
 ・千葉自然学校 (NPO法人)
 https://www.chiba-ns.net/oshirase?id=945603
に微力ですがお手伝いしてきました。
 ・情報提供いただきながら、行けませんでした別ニーズ大変申し訳けございませんでした。また、別ニーズにご対応いただいた方、まことにありがとうございました。
 ・今回、私が携わったのは主に、チェーンソー作業です。道路/野外炊事場啓開(接地した倒木を撤去、掛かり木撤去)でした。
 ・なお、補助者として運搬を手伝ってくれた方が多数居て、早急にかたずけることができました。
 ・小学校等の野外学習に利用されており、今回被災に対しても、予約を先延ばしして待っていてくれるとのこと。そのための営業再開への準備ボランティアでもありました。
 ・ブルーシート張りニーズもありました。たまたま、経験者数名居て一瞬「口出し」しようかと思いましたが止めておきました。そもそも、人間関係ができていないし、私らの能力証明も困難です。
 ・現住家屋や超重要産業でも無いので、人家ニーズを優先すべしとの意見もいただきましたが、そもそも調整中(木曜深夜)では、社協ボラセンの募集情報はほとんど無く、民間のつながりの情報のみでしたので、こちらに向かうことを決めました。
 ・現地に行って解ったのですが、「南房総市自然の家」は広域避難所とのこと(災害の種別など、細かいところは聞いてきませんでしたし、webでも上手く調べられておりません)
 ・公園内に弾薬庫跡、砲台跡があります。東京湾対岸の三浦半島にもありますね。
 ・なお、次の3連休(9/21(土)-23(月祝))にも、こちらに携わる「つもり」は私自身あります。しかし、未定です。
 ・申し込みは↓のように受入「不可」の可能性もあるとのこと。
 https://www.chiba-ns.net/oshirase?id=945603
 >支援ボランティアの募集受付を千葉自然学校の繋がりのある方々に対し開始しますので
 >応募後、担当者より受入の可否と集合場所等の詳細を連絡します。
 高田の私見ですが、ニーズ情報は2日で変わるし、同一キャラが被った場合は、元々のお客さん等ボランティアが優先されそうな気がしま す。 
 【参考資料】
 令和元年台風15号災害(千葉県)に伴う災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について
 https://www.e-nexco.co.jp/road_info/important_info/h31/0913b/
 災害ボランティア車両の高速道路無料措置における
 手続きの簡素化について
 https://www.e-nexco.co.jp/road_info/important_info/h31/0701/
 令和元年台風15号災害(千葉県)に伴う災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について 2019.09.14
 http://www.chibakenshakyo.com/info.php?cate=saigai&id=2019091415171018
 ボランティア車両証明書(令和元年台風15号災害).pdf
 【解説】 千葉自然学校等の方々へ
 復路の用紙には、南房総市災害ボランティアセンターの証明印を貰います。これで、高速料金が無料になります。
 では往路(行き)は?
 ボランティアに参加したという証明印が事前には貰えないので、証明印のぶんは後日に提出するんだよ!ということで仮に無料で通行させてもらいます。(ズルが可能と言えば可能です。311後には逮捕者もありました。決して、ズルはしないでください。) 用紙は上記載の、
 「ボランティア車両証明書(令和元年台風15号災害).pdf」
 
を記載します。
 とのことなので、ETCはOFFにして(カードう抜いて)、一般レーンに行きます。
 なお、この運用は、7/1からで、佐賀の水害が1例目、千葉の台風15号が2例目です。   


2019年09月15日

【20190910台風15号災害情報・千葉県(その8)】



 【2019千葉支援】
 サイボウズの柴田哲史さん( https://www.facebook.com/sshibata2 )から。

 ネット上でボランティア保険加入ができるようになります。<今年度のボランティア保険未加入の方>でカナリアリリース,気になります。

 https://www.facebook.com/sshibata2/posts/10162195471725573

 以下、facebook の投稿です。

 おはようございます!今日も千葉県社協で千葉災害ボランティア情報関連の作業を開始します。
 ▼Facebookページ更新(←拡散お願いします!)
 ▽特設サイト公開
 ▽ボラ活動人数グラフ公開
 ▽よくある質問ページ公開
 ▽ボラ募集状況マップ公開
 ▽ボラ保険ネット受付準備
 【ご協力のお願い】
 いよいよネット上でボランティア保険加入ができるようになります。<今年度のボランティア保険未加入の方>でカナリアリリース*にご協力いただける奇特な方を10名程度募集します。メッセージにてお知らせください。
 *カナリアリリース:サービスの新機能を一部ユーザーのみが利用できるようにリリースし、新機能に問題がないことを確認しながら段階的に全体に向けて展開していくこと。
https://www.facebook.com/chiba.vc/  


2019年09月15日

【20190910台風15号災害情報・千葉県(その7)】



 ロハス南阿蘇たすけあい( https://rohasuminamiasotasukeai.jimdo.com/   https://www.facebook.com/%E3%83%AD%E3%83%8F%E3%82%B9%E5%8D%97%E9%98%BF%E8%98%87%E3%81%9F%E3%81%99%E3%81%91%E3%81%82%E3%81%84-1578281299135935/ )理事長 のおやっさん(井出順二さん https://www.facebook.com/profile.php?id=100010961190666 )から。

 館山市の応援に。佐賀の応援も続けています。

 https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=882440935464605&id=100010961190666

 以下、おやっさんの facebook の投稿です。
 
 【台風15号災害。千葉県館山市北条地区。】
 千葉県チーム阿部社長。千葉きこりーず深江さんで屋根ニーズ6件片付けました‼️6/60
 活動の中でニーズ調査も並行して活動しました。
 屋根被害が多いので目を伏せてしまいます。
 千葉の阿部社長様より、2トンダンプと軽トラックを提供して頂きました!
 ありがとうございます‼️
 熊本地震で大変お世話になりましたので、しっかりと活動で体現させて頂きます!
 又、館山市社会福祉協議会様より徒歩圏内に宿舎と、プロボノベースお借りできました。
 宿泊可能です。
 プロボノニーズ希望の方は、前もって連絡下さい。
 社会福祉協議会様に、8時30分集合して、現地に向かいます!
 申し込みはメッセンジャーでお願い致します!
 集合場所
 294-0045
 千葉県館山市北条402
 社会福祉協議会
 おやっさん係
 がまだせ‼️千葉県‼️がまだせ‼️佐賀‼️

 【社会福祉協議会関係】 千葉県と東京都大島のボランティア募集状況
 https://www.saigaivc.com/chiba-tokyo/
 最新情報は、「全社協 災害ボランティア」で、検索

  JVOAD( http://jvoad.jp/ )の上村貴広さん( https://www.facebook.com/takahiro.kamimura.52 )からです。

 https://www.facebook.com/groups/480303072522823/permalink/482613022291828/

 【災害ボランティアセンターの運営支援】
 ※追記:地元職員さんも被災しています
 現在、被災された方の支援のために、災害ボランティアセンターが各地で立ち上がりつつあります。設置の社会福祉協議会さん、地元の団体、ボランティアさんなどで、初めてで不慣れな中で、なんとか、被災された方のお困りごととつなぐ活動が、ようやく本格化しつつあります。
 それと同時に、初期の初期で混乱や、本来、地域や福祉と繋がっている社協が、気になる方(いわゆる要配慮者)のお宅に個別訪問などに、災害VCの運営に手いっぱいで伺うことができていない状況も生まれています。
 そうならないためにも、災害ボランティアセンターの運営を担う・お手伝いする、ボランティアスタッフというのも、ぜひ、目を向けていただけましたらと思います。
 本日も鋸南町災害ボラセンにて、設営準備や、駐車場の誘導や、受付・報告の補助、また、地元の方による地図案内など、多くのボランティアさんによって、運営が支えられました(ボランティアさんは、250人以上、お出ででした)。
 また、声を出せない方からのニーズ(お困りごと)をお聞きするため、地域を回る(災害ボラセンの周知とニーズをお聞きするなど)活動も始まっています(被害が大きく、車で行けないところは、個別に地元社協職員さんが回りました)。
 声の出せない被災された方に、今後にも続く地元の支援となるためにも、ぜひとも、災害ボラセンの運営ボランティアというのも、現地にて名乗り出ていただけましたら、大変助ります。



 

   


2019年09月14日

【20190910台風15号災害情報・千葉県(その6)】遠方からの物資支援



 
 ‎白井崇裕さん( https://www.facebook.com/takahiro.shirai.33 )さんのfacebook の公開グループ「 2019年台風15号 千葉 災害情報支援グループ( https://www.facebook.com/groups/480303072522823/ )」からです。

 https://www.facebook.com/groups/480303072522823/permalink/481773452375785/

 【スマートサプライ千葉県内の支援を開始】2019年9月13日20時
 必要な物資を必要な数だけ送ることが出来る災害支援システム、スマートサプライによる千葉県内の災害支援が2019年9月13日(本日)夕方より始まりました。
https://smart-supply.org/!/npoclub201909?lang=ja

 被災地から離れたところに居ても出来ることがあります。
 県外からも応援ができます。
 支援先の第一弾は、ちば市民活動・市民事業サポートクラブ様になります。
 ちば市民活動・市民事業サポートクラブ様を通じて、被災地支援を行うNPOや災害ボランティアセンターを支援します。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

   スマートサプライビジョン( https://www.facebook.com/smartsupplyvision/ )の矢崎淳一さん( https://www.facebook.com/junichi.yazaki.3 )から。

 https://facebook.com/story.php?story_fbid=2401718236588083&id=100002497896247

 【 シェアお願い: 千葉を全国から支援する方法 】
 台風15号の影響による停電から今日(2019/09/12)で4日目になります。現時点で千葉だけでも約34万軒が停電しています。(2019/09/12 06:49 東京電力Webより)
 僕自身、生まれも育ち(19歳まで)も千葉ということもあり、困難な状況にある千葉を助けたいです。
 これだけ広範囲で長期の停電になると、量質スピード全てにおいて公的支援だけでは足らないことは容易に想像できます。できるひとができることをできるだけ、自律的に動きながらも結果的に協力しあう方法が必要です。また、現地に行けなくても少しでも何かをしたいという想いを全国から集めることで、大きな支援に変換する方法が必要です。さらに、水害等に比べて停電被害は、停電解消後に急速に状況改善することが予想されるため、スピード重視の短期集中型の支援が有効と考えています。

 その具体的な方法を図にしました。
 図の「支援実行者」になれる信頼できる方がいれば、全国から千葉を支援する方法が構築できます。
 以下が可能な方であれば誰でも一人から「支援実行者」になれます。
 
 ・現地にいける(図の1、3)
 ・購入資金(図の2)を一時的に負担できる(図の5で後から回収を期待)
 ・全国からの支援(図の5)が集まらないリスクを負える
 ・メールやSNS等でのコミュニケーションがとれる(図の4でレシート画像の送信等)
 
 この方法のメリットを一部列挙します。
 ・ニーズを聞いて、買って、届けるという一人でも完結するシンプルな方法なので、スピードが速い。
 ・誰でも資金には限度があるが、全国から後払いという形で資金を回収できれば、次の支援が可能になる。
 ・公的支援では難しい細かいニーズに個別対応できる。(公的支援や企業支援ではたった一人の為のニーズへの対応は難しい)
 ・必要以上に支援物資が集まらない。(そもそも物資の募集はしない)
 ・全国の支援者の方は、お金がどう使われたかがこれ以上なく明確にわかる。
 ・全国の支援者の方は、何をどこにいくつ支援するかを選ぶことで、すこしだけ気持ちを送ることができる。(応援メッセージも送れます)
  
 図の「支援実行者」の方(複数)と連携することで、全国の皆さんと協力しながら千葉を応援する仕組みを構築したいです。支援実行者になれそうな方は、一般社団法人Smart Supply Vision (info@smart-supply.org) か、僕 (yazaki@smart-supply.org)に連絡をください。
 


    


2019年09月14日

【20190910台風15号災害情報・千葉県(その5)】ブルーシート関係



 昨年の大阪北部地震で、ブルーシート貼りの支援などを続けている、レスキューアシスト( https://facebook.com/rescueassist/ https://rescue-assist.net/ )の中島武志さん( https://www.facebook.com/takeshi.nakajima.129 )、千葉県入りされました。

 中島さんのタイムラインを見ていただいたら、わかりますが、多数の知人の方が、応援、頼りにされています。

 9/12(金)のレスキューアスストの投稿
https://www.facebook.com/rescueassist/posts/952028231843067

 災害救援 レスキューアシスト
 【9月12日 木曜日】

 〜皆様の支援の力〜
 本日千葉県に入りました。
 千葉県社会福祉協議会様とお話しをさせて頂き大阪北部地震での対応や問題だった事、住人さんの気持ちなどを話させて頂きました。
 その後鴨川市社会福祉協議会、また南房総市社会福祉協議会ともお話しをして、社協として火災保険の事を住人さんに知らせる事と罹災証明の事、その為必要となる屋根の写真をドローンを使って撮影する事を提案させて頂きました。また茨木社会福祉協議会にはその経験がある為、是非聞いて欲しい事もお伝え致しました。
 その後停電が続いている地域に入り、そこで生活している障がい者施設、特養施設約300人の所に菓子パン350個、水750本を支援する事が出来ました。
 皆様から支援して下さった支援金で買わせて頂きました。300人は多くの被災者の数として決して多い人数ではありませんが、皆様の支援がなければ声を出したくても出せないこの300人に水やパンを届ける事が出来ませんでした。心から深く感謝申し上げます。ありがとうございました。
 その後仲間からの連絡で、茅葺屋根の雨漏りの所にブルーシートの支援をしました。また、一人で屋根にのってブルーシートをはっている住人さんがいるとの知人からの連絡があり、お手伝いをさせて頂きました。
実は本日だけでも3人の住人さんが屋根から落ちて救急車で運ばれたと社協から聞いています。
正式に鴨川社協から依頼を受け、明日より鴨川社協さんと一緒にドローンを使ったニーズ調査をし写真を住人さんに渡して少しでも多くの方が火災保険で瓦の本修理が出来るようにベストを尽くして行きます。

 以下、別件です。

 堀 泰明さん( https://www.facebook.com/yhori )の投稿

 https://www.facebook.com/yhori/posts/2428505840758469 
 昨日は出発の投稿後からゆっくりスマホを操作する時間がなく、また夜に寝落ちしてしまい報告が遅くなりました。少し長いですが、報告させていただきます。
 昨日は大量に購入したミネラルウォーター(500ml×560本、パンなど50人分)と武ちゃん、おーちゃんが仕入れたパン300個、水2L×6本を8ケース、そして大量のブルーシートと共に千葉を目指しました。
 まずは千葉市内の県社協を訪問して情報収集と武ちゃんからブルーシート作業について説明を行い、その後鴨川市の社会福祉協議会を訪ねて被害状況などを伺いました。ニーズの大半は瓦屋根損傷による雨漏り被害が想定されるとの事です。
 ここでも社協職員の方へ武ちゃんよりブルーシート張りに関する説明が行われました。熊本地震から本格的に屋根のブルーシート張りを始め、昨年発生した大阪北部地震では1,200件以上の施工実績のあるレスキューアシスト。その経験に基づいた説明は的確で、しかも被災者の立場を最優先に配慮した内容は説得力があり頼もしい限りです。
 ・台風被害による屋根の補修は火災保険が適用できる
 ・屋根上で行うブルーシート張りの作業は非常に危険なため、安全確保が必須である事
 ・災害直後の今、一般ボランティアにも出来る活動として、家屋内で雨漏り箇所の家財をブルーシートで覆う、または濡れないよう移動すること
 ・被害件数が多い場合は、武ちゃんを始めとしたレスキューアシストのメンバーが講習会を開催して、建築関係者などへ施工方法を広めて対応出来ること
 ・最新の施工方法は土嚢袋を一切使わないが、応急対応として件数をこなすのであれば野地板+土嚢袋が有効であること(慣れていない方でも施工が簡単)
などなど説明が行われました。鴨川市の社協さんでも、我々が訪問する直前までボラセン開設の打合せをされており、また前日まで停電していた電気が復旧した直後などあり明らかに混乱した状況が伺えましたが、今週末の三連休から災害ボラセンを開設されるようです。
 その後停電と断水が続く近隣の高齢者施設を訪問して水と食料を提供させていただきました。
 その後は事前に情報があった茅葺き屋根被害のお宅へ。ガルバリウムの屋根が風で剥がれ、中の茅葺き屋根のかやが飛ばされ雨漏りしているとのこと。おーちゃんがドローンを飛ばし、住人さんへその場で屋根上の状況を確認していただきましたが、茅葺き屋根は通常の屋根とは全く異なるため作業は難しく、また住人さん曰くブルーシートの入手が厳しいとの事でしたので、10m×10mを2枚と3.6×5.4mを何枚か提供させていただきました。今後は茅葺き職人の方が対応されるようです。
 鴨川市から海沿いを移動して館山市へ移動しながら被害状況を確認していましたが、主に屋根瓦が飛ばされた被害が多く見られます。移動中も携帯は頻繁に圏外となり、消灯した信号機から停電箇所が広範囲に渡ることがわかります。
 交通量が多い大きな交差点では発電機で対応していますが、まだ消灯した信号機の交差点が多いため運転は注意が必要です。特に夜間は真っ暗なので、優先度合いが微妙な交差点では進入する直前で左右から車が進入してきたため、ひやっとした瞬間が何度かありました。
 館山市に入ると、ブルーシート作業のSOSが急遽入ったため現場へ向かいました。屋根作業が未経験のボランティアさんが屋根上で作業されていましたので、急遽我々が作業する事に。今回は被害調査のつもりでしたが、みんなで取りかかり何とか暗くなる前に半分ほど仕上げました。来週から雨予報のため、今日も継続して仕上げる予定です。
 報道の通り、停電復旧には時間がかかっていますが、被災した電信柱を一本一本直されており、その本数の多さが復旧を妨げているようです。またこれまであまり報道が無かったため被害状況がここまでひどいとは認識していませんでしたが、件数が多くかなり深刻だと思います。また被害の多くが屋根瓦の破損のため、大阪北部地震と台風21号による被害状況と似ています。最近は瓦屋根減少による職人不足の状況で修復依頼が殺到するため、復旧には時間を要するかもしれません。
 この三連休から鴨川市などボラセンが開設されると思いますが、南房総は平時でも陸の孤島であり、交通渋滞は必須です。また停電により物資が不足しているコンビニも多いため、活動に来られる方は自己完結装備をしっかり備えてからお越し下さい。
 ダラダラとまとまりない文章ですいませんでしたが、とりあえず報告させていただきました。長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。m(_ _)m


 馬場美織さん( https://www.facebook.com/babamiori )の投稿

 https://www.facebook.com/babamiori/posts/3020497574688084

 ◉現地情報0912朝◉

 今、南房総市役所の相川さん(千倉に住む)とようやく連絡とれました。さっき通じるようになったとのこと。そして夜勤明けとのことでふらふらっぽかったです。市役所の方々本当にお疲れ様です。
 彼からの情報。
 ・千倉は通電してきていて、流通も始まり、店もひらき始めている。食べ物困っていない。館山市もけっこう大丈夫になってきたと聞いている。
 ・ブルーシートや土嚢袋などは千倉方面では足りてきている印象。他県や他市からどっさり入った模様。ただ、他のエリアではまだ足りないのかもしれなくその情報はぜんぜんわからない。
 ・今本当に困っているのは、屋根の上に登って作業してくれる人材の不足。もうそれに尽きるといっていいくらい。相川さんの実家も被害に遭い瓦屋さんに連絡したら、200人待ち、やってもらえるのは12月とのこと。雨が怖い。
 ・南房総市はこれから社会福祉協議会と連携してボランティア受け入れ窓口をつくる。社協がいいのは、高齢者の家庭など1軒1軒の状態が分かっているから。市ではマッチングまでできないが、社協であればそれをすることができる。
→この連携が組め次第、南リパに連絡入れてもらうことに
 ・どうしてもお願いしたいのは、屋根にのぼって作業する人を集めてほしいこと。ボラではなくお金出してでも来てもらいたい。「ただ、その人達の寝る場所を確保できないかもしれなくてー。民宿もどこもやってなくて」と言っていたので、それは今一旦考えなくてもいいのではないか!とお伝えしました。
・・・・
 あと、南房総市の物資の受け入れ先は以下に決まったと今連絡入りました。
 『南房総市富浦町青木28 南房総市役所別館1』→【追記:一時受けいれは、現在休止中です。】
 市役所の方々もようやく通信できるようになって、かなーりバタバタです。そして、通信ができず誰も市内全体を見渡せる状態ではなかったみたい。ご理解を!
 物資の足りる/足りないは、地域によって本当に温度差があり、情報もまちまちです。もう食べ物は大丈夫という声もあれば、水も食べ物もこれからがすごく不安という声もある。
 むしろ「ここ足りてない!」「こういうものが欲しい!」という具体的なモノと場所の声が欲しいです。
 でも電波ないから伝えられないんだよね。もし現地行って帰ってきた方、もしくは電波ある場所から発信できる方がいたらぜひ。情報出せない高齢者ほど厳しい状況だと、うちのNPOの島崎さんも昨日現地行って確認してきたそうです。
 


 以下、別件です。
https://www.facebook.com/sakurashakyo/posts/2100399493595076

 佐倉市社会福祉協議会
 屋根上」から発信された「困った!」を支えあおう
 「みんなでできるブルーシート張りボランティア講座」を開催します
 台風15号で屋根などに大きな被害を受け、応急処置すら困っている方たちを地域で支えあうために、講座を開催します。

 ○日時  令和元年9月16日(月・祝)午後1時~
 ○場所  社会福祉センター地下研修室(佐倉市役所敷地内)
 ○対象  一般住民の方、とくに庭師や建築業など、高所作業に慣れている職業の方歓迎
 ○定員  30人(先着順) 要申し込み、9月15日(日)午後5時締切
 *ファクスまたは電話で受け付け。ファクスには、氏名、住所、電話番号、生年月日、高所作業の経験有無、ボランティア保険加入の有無 を記入
 ○費用  無料
 ○その他 動きやすい服装で参加してください

 【お申込み・お問い合わせ】
 
 佐倉市社会福祉協議会
 電話 043-484-6033  
 FAX 043-486-2518

 応急処置!やね屋が教える瓦屋根へのブルーシートの掛け方
https://yane3.com/column/9926/

 以下、別件です。

 DRT JAPAN( https://www.facebook.com/drtjapan/ )
 https://www.facebook.com/drtjapan/posts/1638698696266927

 【台風15号関連①】
 屋根のシート張り作業について
 私たちが災害系のネットワーク団体と行なってきた屋根へのシート張り講習会の資料です。
 本資料は講師の伝えたい技術を補完する資料であるため、内容には不十分さも伴いますが、台風15号の関連にて屋根からの転落事故の報告などもあり、事故防止と的確な施工を目的として、一般に公開させて頂くこととしました。
 ©︎震災がつなぐ全国ネットワーク

 













  別件です。ブルーシートを抑える土嚢袋の件
https://www.facebook.com/groups/480303072522823/permalink/482709132282217/

 ブルーシートを押さえる土嚢袋ですが、可能であればUV対応の土嚢袋(真っ白ではなく黒や緑の色付き、もしくは線が入ったタイプ)がおすすめです。
https://amzn.to/2kkUtIE
https://bit.ly/2lUvQ5M
と言いますのは、通常の白い土嚢袋は紫外線での劣化が早く、置く場所や陽の当たる時間にもよりますが、だいたい1か月~2か月で破れてしまうためです。(画像参照)
 しかし先日(9/12)行った館山のパワーコメリでは販売しておらず、電話で問い合わせたジョイフル本田でも「取り扱っていない」と言われました。そこで入手が難しい場合の対処法として、白い土嚢袋を一枚ではなく二枚重ねて(もしくは三重)にして砂を入れて使うことで、一枚で使うよりも長持ちさせることができます。
 もうひとつ注意点ですが、土嚢袋には割れた瓦を入れないことです。前述のとおり白い土嚢袋は劣化が早いことに加えて、割れて鋭利な瓦の瓦礫がすぐに土嚢袋を破ってしまいます。
 熊本地震後から2か月ほど経って、割れた瓦を入れた土嚢袋が破けて屋根から瓦が落ちる被害がありましたが「通学路で子供の頭に落ちそうで危ない」といった事例もありましたので、土嚢袋には必ず砂を入れることをおすすめします。






  


2019年09月13日

【20190910台風15号災害情報・千葉県(その4)】



 【2019千葉の現状】
 南房総リパブリック( https://mb-republic.com/ https://www.facebook.com/MBrepublic/ )の馬場美織さん( https://www.facebook.com/babamiori )の facebook のタイムラインから。

 春日広樹さん( https://www.facebook.com/profile.php?id=100005374206726 )の facebook の投稿

 https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1169542413234888&id=100005374206726

 東京に帰ってきて一日いつも通り過ごしてみて、気づいたこと。

 昨日の投稿は、(自分のために)備忘録がてら自分の身に起こったことをありのままに書いたのですが、想像以上に反響が大きい。東京に帰ってきて家族や事務所の人と話すも、現地の状況がほとんど伝わっていない。「停電大変だね」くらい。いやまぁ本当に大変なんだけど「暑い中、断水や停電で困ってる」くらいの認知。報道の仕方が間違っている!と言うつもりは無いが、本当は電柱や看板、標識は倒れ、木も根こそぎ倒れて道を塞ぎ、建物は瓦屋根がほとんどの家で飛ばされ、壁や窓ガラスが壊れてしまっている家もあります。車庫や倉庫は潰れています。車は窓ガラスが割れています。そんな家やまちを自分たちで猛暑の中、屋根に登って直したり、道端のゴミや倒木を切ったりしてる状況です。だから「停電」が相乗的に辛いのです。みんな何も言わずに日常を取り戻そうと片付けをし始める。家を直し始める。たぶん人間の生存本能に従った行動だと思う。(ここら辺はまた落ち着いたら考えたい)

 そもそも現地からすると伝わってないことすら伝わってません。いつ電気が復旧するのか、どこにいけばご飯や飲み水が手に入るのか、どこのガソリンスタンドが空いてるのか、といった必要な情報すら地域によっては伝わってない状況。みんな人伝いに聞いて動いてる。少なくとも房総半島の先っぽに昨日までいた僕は全くわからない状況でした。車でどこにいけば電気と電波はあるのだろうか?ガゾリンはもう半分切ってるので往復を考えるとどこまで行けるのか、そもそもこの台風の被害はどこまで拡がっているのか、など全く不明だった。手回しラジオを買っておけばよかった。東京でテレビをつけるとどうやら今日になって少しづつ報道されている模様。とくに房総半島南側についての被害状況が。

 まずは知ることから初めてみましょう。新宿からアクアラインを渡って、ドライブすれば先っぽまで2時間ほどで行けます。ちょっといつもより水や食べ物を持って。できたら役に立ちそうなものも。帰りはそれら重い荷物は置いていっちゃいましょう。帰りは手ぶらで。

 台風ルポ3


 以下、別の内容です。

 防災・減災 りす便りのあんどうりすさん( https://www.facebook.com/andorisu/ )から。



 千葉県富津市で被災した「被災者」が想うこと

 https://yugaswiftly.com/life/victim-typhoon/

 別の内容です。

 yahoo のヘッドラインニュースから。

「電話も繋がらない、テレビも見られない、情報が手に入らない」停電続く千葉県鋸南町の住民のいま

 https://news.yahoo.co.jp/byline/horijun/20190912-00142282/

別の内容です。

 facebook の公開グループ「2019年台風15号 千葉 災害情報支援グループ」へ( https://www.facebook.com/groups/480303072522823/ )のPheonix Furukawaさん( https://www.facebook.com/furukawa.chiharu.1 )の投稿

 https://www.facebook.com/groups/480303072522823/permalink/480868619132935/

 【千葉県君津市久留里の状況】
 ★9月11日夕方時点の情報★
 現地に入ったボラ仲間の現場情報。海ホタルまで到着し、電話が繋がり情報入手。
 ◎昨日、30Aの発電機運搬
 ◎本日、重機とチェーンソーを使い道路上の倒木を撤去。距離200m
 ●道路は倒木だらけで、救急車もトラックも通行できないということから、チェーンソーで200m開通させてきた。
 ●風害で屋根や外壁、またビニールハウスが倒壊している。電線には、風で飛んだ屋根等がひかっかている為、電気の普及は容易ではないという印象。
 ●携帯電話のアンテナも被害を受けているので、仮に電気が通電されてもスマホが使えない、同時に進行しないと使えない。
 ●ボラセンは立ち上がっていない、というよりも、発信ができないので、情報がわからない。
 ●よって情報収集ができないため、全貌がわからない。明日は機材を積みかえてユニックで向かう予定。
 ●電話が繋がらず、南房総など南部は状況がわからない。
 ★土屋さんの住まいは山梨。千葉まで通っています。
 
 以下、別件です。
 
   ロハス南阿蘇たすけあい( https://rohasuminamiasotasukeai.jimdo.com/   https://www.facebook.com/%E3%83%AD%E3%83%8F%E3%82%B9%E5%8D%97%E9%98%BF%E8%98%87%E3%81%9F%E3%81%99%E3%81%91%E3%81%82%E3%81%84-1578281299135935/ )理事長 のおやっさん(井出順二さん https://www.facebook.com/profile.php?id=100010961190666 )から。

 現在、おやっさんは、佐賀県武雄市などで、活動をされています。

 https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=881686725540026&id=100010961190666

 千葉の仲間からの情報です!
 御参考までにして下さい。
 【拡散希望】
 『南房総を助けてください』
 9月11日 南房総市 丸山・和田地区、正午頃から断水が始まりました。
 給水槽のポンプの故障によるそうで、電気が通じていない今は治せず、これからもっと範囲拡大していくそうです。
 公民館に給水車が出ているものの、果たして住民がそれを知っているか疑問です。
 先に報告したように 固定電話は台風の日から通じず、次の日から携帯電話も圏外になりました。
→ちなみに国道128号線では 今日現在も鴨川市太海〜館山市稲(九重)まで 圏外地域です。
 停電解除も千倉地区で一部のみ。
 館山市も大幅に遅れているので、「翌日以降」となっている南房総市は 更なる遅れが懸念されます。
 この上、断水となった今、南房総市は完全に陸の孤島と化してしまいました。
 なんとか手助けしてあげたいものの、館山市内には物資がありません。
 コンビニ・スーパー等、たまに商品が並んでも 道路にまで駐車場入りする車が渋滞をつくる程で、当然中でもレジ待ちに30分以上はかかり  そうな行列、開店後数時間で無くなってしまうため、16:30〜17:00には閉店してしまいます。
 もっとも 館山市内ですら未だ停電の場所があるので、隣の町まで余裕がないとも言えます。
 仮に入手したところで、運ぶ手立てもありません。
 営業しているガソリンスタンドは連日長蛇の順番待ちで、勿論 制限があります。 
 食料・飲料・ガソリン・電池・ブルーシート等々、全てが足りてません。
 房総は台風以降、連日の猛暑です。ライフライン全てが凍結している南房総市は、二次災害が大いに考えられます。
 ネットの声では、テレビ等では県中央部〜県北の被害ばかり報道されていると聞いています。
 安房の被害は甚大です。3.11の時よりも過酷で辛辣です。
 『安房は被災地です』
 館山市・南房総市・鴨川市・鋸南町の被害を どうかより多くの人に伝えて下さい。

 【追記】
 台風災害支援物資受付
 JANIS(ジャニス)
 〒294-0014
 千葉県館山市山本252-14
 
  


2019年09月12日

【20190910台風15号災害情報・千葉県(その3)】

 写真は、中野宗さんの投稿から。



 【2019千葉の現状】
 松村雅生さん( https://www.facebook.com/profile.php?id=100010325013986 )のタイムラインから。

 青木純さん( https://www.facebook.com/junaoki1103 )の投稿
 https://www.facebook.com/junaoki1103/posts/2432974400090453

 いてもたってもいられず館山。
 ボランティアは冷静に迷惑にならないように必要なことを必要なだけ。
 でも雨降るかもしれないって言うじゃない。ブルーシート足りないって言うじゃない。都内はホームセンターでたくさん売ってるよ。ガソリン足りないって言うじゃない。たくさんあるよ、都内なら。あっちでガソリンいれないで帰ってこれるよ。道路、そこまで混んでないよ。だから買って持って行こう。
 房総に。都内から近いよ。80分だよ。館山まで。
 信号はまだついてないし、道路に看板とか落ちてるし、危ないところもあります。
 自己責任で。
 今日の予定は今日絶対に優先しなきゃいけないことだろうか。でなければ、動こう。
 欠席させていただいた会議の関係者ごめんなさい。
 電気はちょうど復旧し始めました。
 まだまだ全然全域ではありません。
 ブルーシートもたくさん送られてきているようです。
 でもまだ行き渡ってません。
 送られてもガソリンないし、人手もないし、暑さでみんなバテバテだし、行き届きません。
 車を運転できない、携帯持ってないお年寄りはだれも頼れません。
 たまたま出会えたリノベーションまちづくり担当の館山市職員の島本さんに相談して、高齢者の多い地区の公民館にブルーシート直接運びました。
 車に積んできた分、あっという間になくなりました。90代のおばあちゃん、神様仏様って手を合わせて持っていかれました。一緒に運ぶといってもバチがあたると固辞されてもっていかれました。裏の家だったので見送りました。
 とにかくブルーシートです。足りないの。明日もきます。
 ブルーシートもってきます。厚手のです。
 #3000の規格の3.6m×3.6m以上のもの。
 追記▼▼▼
 まず誰でもできる寄付。
 【ふるさと納税 寄付】
 南房総市、館山市、鴨川市でふるさと納税制度を使った寄付が始まっていますので是非よろしくお願いします。
 https://www.furusato-tax.jp/saigai/detail/659
 https://www.furusato-tax.jp/saigai/detail/663
 https://www.furusato-tax.jp/saigai/detail/664
 館山駅へは東京と新宿からバスでてます。
 宿泊ならTu.Ne.Hostel(ツネホステル館山)がはじまりました。今日から。
 https://tune.co.jp/
 お隣、白井豆腐BAITENは16時まで営業してます。ランチも食べれます。
 http://bosotown.com/archives/34596
 でもまちなかのお店は基本閉まってます。
 ホームセンターもユニクロも。
 何軒かだけ空いてるコンビニは品薄です。
 自分の食料は自分でまかなってください。なるべく。
 地域のお店にはお金落としてください。
 地域の人が必要なものは買わないようにしてください。ぼくは駅前のお土産もの屋さんで地元の方々持って帰るには重そうで地元では飲まなそうなびわソーダ買いました。
 いま館山市の社会福祉協議会からお電話いただきました。名刺をどなたか届けてくださったようです。
 これから欲しいものは「日持ちのする食料品」だそうです。
 ぜひ社会福祉協議会に送ってあげてください。
 http://www.fukushi-tateyama.or.jp/
 南房総リパブリックがボラセン立ち上げるようです。こちらもチェック!
 https://www.facebook.com/211917202165577/posts/2648783035145636?sfns=xmwa
 停電 全面復旧はあさって以降に 東京電力が会見 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190911/k10012076781000.html

 中野宗さん( https://www.facebook.com/nakanohajime )の投稿
 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10157128091524504&set=a.10150237732809504&type=3&theater
 
 【台風15号 千葉県内の被災市町(不完全版)】
 (ボランティアチーム援人( https://www.facebook.com/v.t.engine/ ) Facebookページに投稿しようと思ったけど、ざっと調べただけの内容であること、未だインフラ復旧中であるといった状況を踏まえ、個人として投稿する。)
 「千葉県の被害がすごい」というTweetを多数見かけ、いくらなんでも主語が大きすぎるだろう…と感じ、40分ぐらいかけてTwitterで調べてみた。
 停電・断水・倒木・家屋損傷・農業用ハウス損傷などが確認できた市町は画像の通り(網ら的なものではないので注意を)。これは酷い…と思ってしまった。
 現在(9/11時点)では無用な混乱を避けるため、
 * 近助
 * (何らかのつながりがある場合の)共助
が重要な段階ではないだろうか。
 該当する市町に家族、友人、知り合い、取引先などがいる人は、困っていることがないか、何かできることはないかを聞くため、ぜひ連絡を取ってみてください。

 猿田彦一也さん( https://www.facebook.com/kazuya.shinto.52 )から。
https://www.facebook.com/kazuya.shinto.52/posts/1167575320110035
 一刻も早く復旧出来ますように!
 ・千葉県南部(館山、南房総)ここまで甚大な被害にも関わらずメディアは停電、断水しか報道しない。開店してくれているスーパーやコンビニ、ガソリンスタンドは数時間待ち店頭に並ぶ品もほぼ無い状態。
 https://twitter.com/mi03_614/status/1171308020468342784?s=21
 
 AbemaTIMES から。鋸南町。 https://times.abema.tv/posts/7019097

 須藤英児さん( https://www.facebook.com/eiji.sudo.1 )の投稿
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2510548805700634&id=100002366187244

 令和元年台風15号被害状況・千葉県②(9月11日)
 〇本日、内房線不通区間である木更津から岩井まで、徒歩・バス・自動車・バイクで移動しながら現状確認しました。
 ◎屋根被害で今回の台風の被害の大きさを考えた時、浜金谷から下り方面にかけ、明らかに被害家屋の頻度が高くなり、屋根の無い、窓が無い、壁が無い建物を多く確認できました。
 〇保田駅手前で、船乗りの方のバイクに拾われ、事情を話すと岩井まで、バイクの乗せて細かく案内して頂きました。
 ◎鋸南町竜島は家屋も多く、大部分の家屋が被災しています。
 ◎昨日も、今日も非常に暑く、しかし、水も、電気も止まっています。
 ◎何から手を付けて良いか分からないというお宅の片付けを船乗りの方と共に行い、早く、多くのボランティアに来て欲しいと言われ、写真もたくさん撮らせて頂きました。
 〇船乗りの方は生まれ育った鋸南町竜島に大型のアイスボックスにロックアイスをたくさん詰め、近所や避難所にくばっていて、避難所にもロックアイスを届けに行きました。
 ◎現地からは携帯電話が使えませんでした。しかし、フェースブックは使えました。
 ◎9月11日、安房郡鋸南町竜島、ボランティアらしき人は一人も確認できませんでした。
 ◎このままだと、確実に関連死が増えていきます。現地の方は疲れ切っています。いまこそ、国も、自治体も、民間も動くべきと感じます。
 
 鶴田二郎さんの投稿
https://www.facebook.com/jirokichi92/posts/2115844228522352

 2019/9/11
 千葉が報道されている以上に被害が大きそうなので、見てきました。やっと今日位から報道も増えてきましたが、思った以上に被害広大。。
 以下箇条書きのような感じですが、纏め。
 本日時点まだNTTの電話線も切れてて、固定電話もネットも使えないという所すらあり、被害状況はまだまだこれから沢山あがってくると思われます。
 電気、水道、携帯の電波も、場所によりけりという状況。電気の全面復旧は13日以降との事。
 1番多く聴いたのは、食べ物とガソリンが無い!
 他にも水はあるけど、それ以外の飲み物が無い、お風呂入れないのがしんどい等々。
 1番被害が多いと感じたのは内房。鋸南町~富浦付近。
 ただ屋根の破損やビニールハウスの倒壊等は全域に点在
 今後ボラニーズとしては屋根の応急処置がメインかと。
 主に海沿いでしたが山中(君津から鴨川まで)は倒木も多く、鴨川有料道路付近では車は通れるものの片側だけ何とか通れるように木を切ってどかした!みたいな所多数。
 本日時点各社協から直接聴いた情報
 鴨川市
 現時点ボラセン立ち上げの予定はなし。
 今後電気、電話等復旧して、ニーズ上がってきたら再検討はするかも。
 ※鴨川は市内は電気来てるものの、他はほぼ電気不通。社協も自家発電で対応中
 南房総市
 西側が被害甚大なので、ボラセン開設協議中。
 社協は電気来てるが明日から断水の予定。
 ネックは電話線が切れていて、社協の固定電話、ネットが使えず、情報の受信も発信も出来ない。
 館山市
 週明けからボラセン立ち上げ決定。
 富津市
 いわゆる災害ボラセンは立ち上げず、市役所内社協スペースにてボラセンとして運営予定。
 団体等登録してもらって個別に案件こなせれば理想。ただ今後電話復旧して、ニーズ増える可能性あり。
 上記四市回って来ました。
 館山、南房総はボラセン立ち上げるにしても、今まで経験なく、ボラセン立ち上げに不安との事。
 携帯電話接続可能範囲について
 auはかなり広い範囲で使用可能
 docomoは逆でかなり広い範囲で使用不能
 SoftBankはその中間位
 向かう時の注意点
 ガソリンは現地で給油できる所も僅かにありますが、地元の方が大行列&1台10リッターまで等制限してる所が多いようなので、他地域から向かう時は絶対現地で給油しない事。自分の今日のルートだとアクライン渡って君津インターから帰りの木更津南インターまで開いてるスタンドは数える程。開いてるスタンドは全て大渋滞。
 コンビニ等もやってる所は地元の方が使用するので、自分たちの食料、水等は房総半島に入る前に確保した方が良いです。
飲食店も同様。ただし電気復旧後は一気に営業再開の可能性もあるので、その際は状況把握した上で、積極的に利用してお金を落としましょう!
 なんせ範囲広い。少なくとも電気復旧まではお上が動いてくれないと対応出来ないのでは?
という印象でした。
 西も大変ですが、千葉にも目を向けて頂ければ幸いですm(_ _)m
 
   


2019年09月11日

【20190910台風15号災害情報・千葉県(その2)】【まったく報道されない千葉県館山・南房総の様子】


【20190910台風15号災害情報・千葉県】






台風15号で甚大な被害を受けたのに、まったく報道されない千葉県館山・南房総の様子

naver まとめ

https://matome.naver.jp/odai/2156808762096005401

 昨年の大阪北部地震で、ブルーシート貼りの支援などを続けている、レスキューアシスト( https://facebook.com/rescueassist/ https://rescue-assist.net/
)の中島武志さんから。
https://www.facebook.com/takeshi.nakajima.129/posts/2457728907647245

 以下、中島さんのfacebook の投稿。

 台風15号の被害でSOSが届いています。
 熊本地震、大阪北部地震、台風21号で経験した、知識で1人でも多くの被害に遭われた方々に為になれるようにベストを尽くします。
 佐賀での活動ですぐに現地には行けてませんが、屋根活動経験のある仲間達に声をかけて今早急に準備をしています。
 千葉の要配慮者【災害弱者】支援をメインに活動を考えています。
 困っている要配慮者の確実な情報をお持ちの方は私にご連絡下さい。早急に対応致します。
 また佐賀での活動はレスキューアシストの長期スタッフが残り引き続き支援を致します。
 まず1日でも早い通電を願ってます。
 少しの事しかできないかもですが何もやらないよりやらなかった事に後悔したくないので動きます。どうか他人事と思わず助けて下さい。
いつ皆様の所が災害になってもおかしくないんです。 大きい災害が起きると今回の台風15号のように何日もライフラインが止まり、携帯電話やインターネットが使えないのは想定内と思って、自分達でどうすれば良いのか考えて下さい。

 チーム絆の山野勝之さんから。
https://www.facebook.com/groups/team.yazawa/permalink/2528770690517129/

 以下、山野さんの facebook の投稿。
 
 台風15号により現在も56万世帯が停電が続き断水されてる地区があちらこちらと!
 日が暮れますと住宅地他、あかりがなくスーパー コンビニエンス 商店も閉鎖状態です!
 ガソリンスタンドには3時間4時間待ちの車で大渋滞があちらこちらの街道に!
 東日本大震災を思い出させる光景が目の当たりに飛び込んで来ました!
 私達チーム絆の友人知人らが沢山暮らします千葉県!!
 そして君津市並びに九十九里へと原本氏とともに出来る限り回れます限り支援物資を届けに走りました。
 支援物資
 □発電機!
 □電源ドラム
 □ガソリンタンク
 □ポリタンク
 □飲料水
 □ウェットティッシュ除菌用
 □ガスボンベ
 □他
 君津市では「旬鮮屋 こうすけ」様では営業用冷蔵庫を始め様々な機械を動かせるよう発電機の設置を始め近隣の皆様へと飲料水他の支援物資を届け九十九里へと走りました。
 一日も早く復旧されます事を願います。
 私達を待ってる人がいる限り…  


2019年09月10日

【20190910台風15号災害情報・千葉県(その1)】



  【20190910台風15号災害情報】
 全国災害ボランティア支援団体ネットワーク( JVOAD http://jvoad.jp/ )で、ご縁ができて、全国の災害情報の中で、情報をいただいている、上村貴広さんからです。千葉県の状況、全国放送では、少ない分、気になります。

 上村さんの、9/10(火)13時の facebook の投稿

 https://www.facebook.com/takahiro.kamimura.52/posts/10218466468760564

 午前中は、千葉県内の被害状況や対応状況を、県社協さんと共有しながら確認中。
 南房総エリアや、香取市などを含めて、停電・断水・通信環境悪化・道路障害・渋滞への対応が続けられています。
 また、被害報には入っていませんが、自らの倒木処理で高齢の方が亡くなる、千葉市美浜区の自宅で酸素吸入の「在宅酸素療法」を受けている60代女性が、停電の影響で吸入できなくなり低酸素で医療機関に搬送されたが重傷なども、報道されています。
 被害の全貌もなかなか明らかになっていません。

 上村さんの一つ前の投稿 9/10(火)、午前0時

 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10218462175333231&set=a.2501041212926&type=3&theater

 【千葉県内の停電・断水等の状況】

 館山市や南房総市、停電や物流が途絶え、情報が入ってこない。そもそも、報道量が圧倒的に少ないという課題。

 鴨川市の大規模断水のその後も気になるところです。ほぼ、市域が停電の市町村も。その他、電柱の倒壊や建物被害も、かなりありそうですが、全体像がつかみにくい(報道もゴルフ練習場や太陽光発電などに偏る)。
病院の対応は、連絡がつかなかったところを、DMATの方が見に行ったりとありますが、在宅や高齢者・障がい者施設など、確認が進めばと思います。

 復旧見込みが明後日以降の市町村(9月9日22時34分現在の停電軒数):木更津市(約20,800軒)、君津市(約37700軒)、鋸南市(約5200軒)、富津市(約26200軒)、南房総市(約23000軒)

 また、千葉県内、00000JAPANで、無料wifi使えます。
 
  【別件】「地獄だ」「どうすれば」 その時、成田空港では何が起きていたのか
 https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakashinji/20190910-00141943/
 
 台風の影響で交通機関がまひし、1万人を超える人々が成田空港で足止めとなった。「地獄だ」「どうすればいいの」など悲痛な声が聞かれた現場に、筆者は偶然居合わせた。現場では何が起きていたのか。

 「陸の孤島」と化した成田空港
 9日午後4時半ごろ、筆者を乗せたシカゴ発のJAL便は、予定より遅れて成田空港に到着した。早く都内の宿で休みたい。そんなことを考えながらふとスマートフォンを見ると、知人からこんなメッセージが届いていた。
 「成田空港が陸の孤島と化しているようです」
 自動入国ゲートと税関を抜け、第2ターミナル到着ロビーに出る。そこには、大勢の人で混雑していた。スーツケースに座りスマホをいじっている人。床に寝転がっている人。インフォメーションの列に並んでいる人。表情は一様に疲れている。
 鉄道の切符売り場付近も、人であふれかえっていた。列に並ぶ人の顔ぶれを見ると、外国人の姿が目立つ。観光目的で来日した人も多いことだろう。小さな子供を連れた母親の姿もちらほら見られ、胸が痛む。
 そこで得られたのは、JRは終日運休、京成電鉄も運行を見合わせているという情報だった。鉄道をあきらめ、どうしようかと思案していたところ、準備が整い次第、一部のバスが運行を再開するとのアナウンスが聞こえてきた。急いでバス乗り場へ行くと、すでに長い長い列ができている。これではいつ乗れるか分からない。タクシー乗り場も同じような状況だった。そんな折、京成電鉄が成田空港からの運行を一部再開するとの情報が流れた。人々は乗り場に向かって動き出し、筆者もそれに呼応した。

 首都圏の「災害に対するぜい弱性」
 列に並んだまま2時間が過ぎた。数百メートルはあろうかという列に並んでいる間に、次々と国際線欠航のアナウンスがこだまする。乗組員が空港までたどりつけていないことなどが理由だという。飛行機の到着を知らせるアナウンスも次々と流れる。そして、人口密度が増していく。深刻度は増すばかりだ。
 2時間で列が進んだのは5メートルほど。並びながらも、何か代替案はないかと、成田エリアで利用可能なレンタカーやホテル、路線バスなどを検索したが全滅だった。前に並んでいた20代とみられる女性2人組は、腕時計に目をやり「これだけ待ってほとんど前に進んでないね…。もう家に帰りたいよ」と絶望した様子だった。周囲の人たちも「地獄だ」「どうすればいいの」などと口にしている。私も、同じ気持ちだった。
 水とクラッカーと配布するとのアナウンスが流れた。空港で夜を明かすことを覚悟した人たちが、空港の隅でごろりと横になっている。このまま朝を待つしかないのか。
 ふと、ツイッターで「成田空港」と検索すると、空路で成田空港外に退避したという人物の話を見つけた。急いで調べてみると、時間的に乗れそうな便を発見。すぐさま決済した。

 きわどいタイミングではあったが、飛行機にはなんとか間に合った。搭乗してシートベルトを締める。飛び立って数分後、「あっ」と思った。成田市、いや千葉県が広域にわたり真っ暗だ。遠くに見える東京のものであろう光があまりに明るく感じる。その対比が、首都圏の「災害に対するぜい弱性」を表しているようで、急に怖くなった。

 災害対策を「仕組み」としてつくる
 東京一極集中が叫ばれて久しい。これだけ人や情報が集まっている以上、完全なる是正は難しい局面に来ているようにも思える。しかしながら、東日本大震災がそうだったように、こうした環境下で大規模災害が発生すれば、都市機能は完全にまひする。それでも、時が過ぎれば人々の災害の記憶は薄れていく。
 ではどうすべきか。最終的にはやはり災害で交通がまひした際の対策を「仕組み」としてつくっておくほかにない。今回、混雑する人と車を見て、ライドシェアリングやタクシーの乗り合いが簡単にできる仕組みが必要だと感じた。また、鉄道が動かなければ空港の輸送機能が一気に低下するため、広域的にバスを融通し合うこともあってよいかもしれない。
 もちろん、これらの案は素人が考えたものであり、実現可能性は分からない。しかしながら、皆の記憶が薄れないうちに、取り組んでおくべき課題だと強く感じる。これからラグビーW杯や東京五輪も控えている。議論するなら、今だ。

 田中森士
 ライター・元新聞記者
 株式会社クマベイス代表取締役CEO/ライター。熊本市出身、熊本市在住。熊本県立水俣高校で常勤講師として勤務した後、産経新聞社に入社。神戸総局、松山支局、大阪本社社会部を経て退職し、コンテンツマーケティングの代理店「クマベイス」を創業した。熊本地震発生後は、執筆やイベント出演などを通し、被災地の課題を県内外に発信する。個人的なミッションは、誰もが「納得」した人生を歩める世界の実現。バックバッカー時代に培ったフットワークの軽さが取り柄。

夜の熱中症対策
https://tenki.jp/forecaster/r_anzai/2019/09/10/5904.html
  


2019年09月09日

 【20190828九州北部豪雨災害】 【武雄市復興支援】

 【20190828九州北部豪雨災害】 【武雄市復興支援】





 ロハス南阿蘇たすけあい( https://www.facebook.com/%E3%83%AD%E3%83%8F%E3%82%B9%E5%8D%97%E9%98%BF%E8%98%87%E3%81%9F%E3%81%99%E3%81%91%E3%81%82%E3%81%84-1578281299135935/ https://rohasuminamiasotasukeai.jimdo.com/ )理事長 のおやっさん( https://www.facebook.com/profile.php?id=100010961190666 )から。家電、物資などの無料配布です。

 以下、おやっさんのfacebook の9/8(日)の投稿です。

 https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=878873989154633&id=100010961190666

 以下、facebook の投稿です。

 北部九州豪雨災害。生活再建プロジェクト。
 佐賀県武雄市北方地区
 家電。物資無料配布所開設‼️佐賀県武雄市‼️
 中村電気さんのご協力を頂き今月いっぱいは、倉庫をお借りして無料配布配達させて頂きます。
 罹災証明書と身分証明書をお持ち頂けましたら、無料でお渡しさせて頂きます。
 場所。中村電気倉庫
 時間。10時から5時
 がまだせ‼️佐賀県‼️‼️



 おやっさんの9/9(月)の投稿です。 

 https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=879530205755678&id=100010961190666

 北部九州豪雨災害支援活動‼️
 生活再建プロジェクト第二弾‼️
 災害で畳を捨てて板張りのままの状態の方、フローリングが痛んで畳を敷きたい方、事務所のフロアーに仮に敷きたい方、いらっしゃいましたら、ご連絡、メッセージ下さい‼️
 限定、先ずは200枚で締め切らせて頂きます。
 提供して頂きました。山本様。繋いで頂いた彦にい❣️ありがとうございました!
 又、愛媛から冷蔵庫、洗濯機を運んで頂きました、みずぐち様ありがとうございました‼️
 区長さんも喜んでくれました!^_^
 がまだせ‼️佐賀県‼️


  


2019年09月08日

10/6(日)、【福岡県福津市でのイベント】場ぁサミット2019・イン・福津(b20)



 10/6(日)、場ぁサミット2019・イン・福津(b20)

 福津市副市長、松田美幸さん( https://www.facebook.com/miyuki.macri )から。

 残念ながら、私は、セミコンでプレゼンするので、参加できません。
 バーサミット2018 の私の投稿 https://isindaihyou.yoka-yoka.jp/c58351.html
 セミナーコンテスト福岡大会 
 http://personal-brand.jp/seminar-contest/fukuoka/

 https://www.facebook.com/events/1318504878327356/

 以下、facebook のイベントからです。

 第2回場ぁサミット、全国からママやオーナーを迎えて開催します。昨年の第1回目はSDGs未来都市に選定された大牟田市がホストシティ。今年のホストシティもSDGs未来都市、福津市です。何という未来志向のイベントなんでしょ!!
 昨年は7名のママが揃い、別名B7会合でした。今年は20名近くのママが集ってくださるかも!!ということで、B20! 
 全国に広がる各地の「場ぁ(バー)」では、フラットでオープンな多世代交流、地域の担い手発掘、多様性の出会いによるイノベーションなどが生まれています。そんな「場のデザイン」に関心のある皆さま、場ぁ(バー)○○を始めたいという皆さまの参加、大歓迎です。

 <参加要件>
 参加者の皆さんとシェアする食べ物・お料理を1品と、お飲み物をお持ちよりください。

 会場の大きさの都合で、定員40名を超えたら、受付を締め切らせていただきますこと、ご了承ください。

 <概要>
 2019年10月6日(日)15:30~18:30  受付15:00から
 15:30~16:30 サミット  
   バー○○の軌跡  バー洋子のママ 中村洋子さん
   参加ママの1分間自己紹介
   トークセッション「バー○○に見るオープンイノベーション」
 16 :30~18:30  交流会
 ※大きな冷蔵庫とキッチンがあります。事前に食べ物や飲み物を冷やしておいたり、食べる前に温めたりできます。
  津屋崎漁港には、お魚センターがあります。
  新鮮なお魚料理やおすしなどを購入いただけます。
  津屋崎千軒の豊村酒造では日本酒を購入いただけます。

 <事前プログラム(無料)>
 ※10:00~12:30 津屋崎街並みフォーラム@豊村酒造
  (伝統的な建築物と街並みについての勉強会)
 ※13:30~15:00 波折神社のおくんち見学と藍の家訪問 
  (歴史的まちなみと人情豊かな津屋崎のまち歩き)

 <会場へのアクセス>
 日々の家たねの木(福津市津屋崎1丁目27-32 海心寺のすぐ前)
 事前ツアーの藍の家から会場の日々の家たねの木まで徒歩15分

 ●最寄の駅:JR福間駅  博多駅から快速で22分 小倉駅から快速で42分
 ●西鉄バスで、JR福間駅から所要10分 190円 宮地嶽神社から所要5分 170円
 [5]津屋崎橋行き・津屋崎中のバス停下車・徒歩5分(20~30分に1本程度)
 [1-2]JR東郷駅行き・東町のバス停か下車・徒歩1分(本数少ない)
 ●駐車場:敷地内10台程度  
 福津市複合文化センター・文化会館カメリアホールの駐車場も利用可能

 <現時点で参加確定の皆さま 都市名50音順>
 荒尾市  バーゆみ  
 壱岐市  バーハルミ 
 大牟田市 バーさくら 
 小城市  バー真理子 
 春日市  バーふみよ 
 釧路市  バー妄想  
 ハノイ市 バーハノイ
 福岡市  バーなな  
 福岡市  バーロコ  
 福津市  バー美幸  
 宗像市  バー洋子   


2019年09月08日

 【佐賀県基山町でのイベント】9/21(土)、立命館アジア太平洋大学(APU)の出口治明学長



 【佐賀県基山町でのイベント】基山町長、松田一也さん( https://www.facebook.com/kazuya.matsuda.351 )から。
 ライフネット生命の創業者、立命館アジア太平洋大学(APU)の学長、出口治明学長が、基山町に。
 https://www.town.kiyama.lg.jp/kiji0032336/index.html
 ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E5%8F%A3%E6%B2%BB%E6%98%8E

 出口さんの著書「世界一子どもを育てやすい国にしよう 」
https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%82%92%E8%82%B2%E3%81%A6%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%84%E5%9B%BD%E3%81%AB%E3%81%97%E3%82%88%E3%81%86-%E5%87%BA%E5%8F%A3%E6%B2%BB%E6%98%8E%E3%83%BB%E9%A7%92%E5%B4%8E%E5%BC%98%E6%A8%B9/dp/48631016860


 以前、福岡に来られた時の井上恵美さんの投稿
 https://www.facebook.com/emiinoue9024/posts/2374685139484758

 1/27 APU立命館アジア太平洋大学 学長 出口治明先生をお招きし、講演会と懇親会を行いました❣
 今回お願いしたテーマは『未来のために いま大人ができること』。
 「タテ・ヨコ・算数」で考えると、世界はとてもシンプルにとらえることができるのですね✨
 古今東西、人口が減って栄えた国は皆無。
 ですから、日本の未来を考えるとき、最大の問題は【少子化】です。
 欧米の先進諸国と比べても、日本の少子化は深刻。
 なぜか?
 日本では、いまだに【男女差別】が激しいからです。
 はい、問題は少子化❗️ その原因は男女差別❗️
 出口さん、こともなげに言い切りました。
 なんてシンプルな真理。スッキリですね
 「男女差別があると、多くのしわ寄せが女性にいく。
 最近も “ 子連れ出勤 ” を後押ししようという話がありましたが、“ 子連れ出勤=母親がするもの ” という前提で話す人が多い。これで、女性は赤ちゃんを産みたいと思うでしょうか?」
 男女平等の度合を示すジェンダーギャップ指数、
 日本は149か国中、110位。
 「GDP世界3位の国が、男女平等では110位。なぜこれをガマンしなければいけないのでしょうか? 
 女性の皆さん、もっと怒ってくださいね」
 モンスターなクレームと、まともな抗議は違うのだ、と。
 出口さん、このくだりで「怒りましょうね」と3たび繰り返されましたよ
 “怒り” についてまた1つ、尊敬できる方からの素敵な言及をいただきました!
 では、男女差別を是正していくにはどうしたらいいか❓
 これまたシンプルな話です。
 「クオータ制しかありません」
 取締役や議員など、一定の割合をあらかじめ女性に割り当てる。
 日本ではまだまだ「逆差別では?」「女性も嫌がってる」と賛否両論あり、そもそもクオータ制という言葉すら知らない人も多いのでは…? と井上は思うのですが、
 「クオータ制は成果につながる。これはハッキリしたファクトです」
と出口さんは断言します。
 極論すればあみだくじでもいいから、議員や役員の女性を増やすべきだそうです(笑)。
 「女性が管理職はしんどそうと敬遠してしまうのは、ロールモデルがいないからなんですよ。男性は、男性同士で飲みに行ったら、「部長は権限もあるし面白そうやなあ」と教えてもらえるでしょう」
 確かに❗️
 後半、質疑のコーナーにて、不肖わたくし、
 「私も含め、女性は “男性に比べ収入もキャリアも人脈もない自分が、意見を述べたり前に出ていいんだろうか?” と思いがち。どうしたら女性は自信をもてるでしょうか❓」
とお尋ねしたところ、明るいご回答でした。
 「今なんも持ってないから、これから何だってできるんですよ だって、のびしろしかないじゃないですか。
 既得権をもつ人ができることなんて、たかが知れてたりするもんです」
 “今、日本で希望があるとしたら女性の存在だ ” とまで言われてましたよ。
 以下は、ビジネスと教育が密接に関係するところでもあり、とても興味深いお話です。
 これからの日本は「幸福度」を追い求めよう、という人がいるけれど、
 これからの日本にこそ、経済成長が必要。
 なぜなら、世界一の高齢社会だから。
 高齢社会は、莫大な年金や医療費を必要とする。
 経済成長がなければ、国はみんなで貧しくなるしかない。
 今、世界をリードするGAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)はすべてアメリカ企業。
 それを追う綺羅星のような予備軍・ユニコーン企業すら、日本にはゼロ❗️ これは世界のメディアや調査機関の共通認識だそうです
 GAFAやユニコーンの創業者や役員は、
・めちゃ高学歴(Wマスター=修士以上、しかも「数学と歴史」「物理と文学」のように文理の垣根を超越するダブル)
・めちゃとがった変人(ex スティーブ・ジョブズ)。中退など学歴は低い。
このどちらかである。そして、例外なく、多国籍企業。
 Googleでは、履歴書や人事考課のための個人資料から、学歴はもちろん、国籍、年齢、顔写真すらdeleteしているそうです。偏見の原因になるから。
 「今までその人が何をしてきたか❓」
 「今、何をしているか❓」
 そして「将来 何をやりたいか❓」
その3つだけで十分なんだ、と。
 翻って、日本では未だに製造業向きの教育をしている。
 素直で我慢強く協調性があり、上司に従順な人間が良しとされる。
 決まった工程を、疑問を持たず粛々とこなせる人間。
 「もちろん、ものづくりは大切です。けれど今やGDPで製造業が占める割合は2割弱。従順で空気を読む能力に長けた “製造業向き” の人材がイノベーションを起こせるでしょうか❓」
 一斉講義で教師が教えるのではなく、子どもたちに考えを言わせる。子どもたちが教え合う。
 ヨーロッパではそれが教育のスタンダードになっている。
 クラス全員の顔が違うように、心の中も当然違う。
 だから、子どもには「考えてることは言わなきゃわからないよ」と教える。
 親は「我が子と他の子を比べない」ことが必須。
 後半、ご参加の方から子育てについていろいろな質問が出るたびに、
 「比べない」
ことを出口さんは繰り返し説明されました。
 1人1人、脳は違うのですから。
 (日本が誇る脳科学者、池谷裕二 著『パパは脳科学者』が出口さんの激推しです❣)
 「今、日本で価値があるとされているものを持っていなくても、なんてことないんだな。むしろ希望の種かもしれない」と思いましたよ。我が子もそうだし、女性である私自身も。
 なんたって、出口さんに言わせれば
 「だから、『東大か、APUか』なんですよ」ですから(笑)。
 すさまじく引きの強いフレーズに痺れました(笑)。
 めちゃ高学歴を目指す人は東大へ。
 そうではない、とがった変人(←日本的に言えば変態やオタク!)は、APU立命館アジア太平洋大学へ!
 わかりやすい❣
 そして、子どもたちに「自分の考えを言いなさい」と教えるのなら、まずは私たち大人がそういう姿を見せたい、と あらためて思いました。
 ワークライフバランス研究所では、月に一度のプレゼン勉強会にて、多様な参加者でカジュアルなディスカッションをしていますよ❣ 次回は2/11(月)10:00~です。どなた様もお気軽にご参加ください
 https://www.facebook.com/events/141366750113157/
 さて、出口さんからは、質問に答える形で「働き方改革」にも言及がありました。
 定年はいらない❗️ 人間、元気なうちは働けばいい。
 働くことは健康にも役立つ。元気な高齢者が増えれば医療費も減る。
 ナベツネさんを見てごらん、あんなに元気で稼いでいる人に年金は必要ないでしょ?
 定年をなくすには、年功序列をなくさなければらなない。もちろん新卒一括採用も。
 高齢化の日本。だからこそ、
 young support old から、【all support all】 へ。
 「〇才以上に給付」という一律ではなく、年齢関係なく、困っている人に給付する。
 「所得税と住民票」による社会保障から、「消費税とマイナンバー」へ。
 必要なのは、そのパラダイムシフトなのです。
 ◆
 出口さんは言います。
 『大人の仕事は、次世代を育てること。』
 そのためには、「行動」しなければならない。
 行動しなければ世界は変わらない。
というか、行動しても そう簡単には変わらない(笑)。
 賢い人は、可愛がられて生きていくため、自分を世界に適応させる。
 けれど、賢くなれない人が黙らずに声を上げ、行動し続けたから世界は変わってきた。
 (町おこしをするのは、「よそ者・ばか者」と相場が決まってる!とのこと)
 行動するときに必要なのが「知識」です。
 知識を得るためには、「人・本・旅」。旅とは現場に行くこと。
 これも本当に、シンプルな理論ですね✨
 「どうやって声を上げたらいいでしょう❓」と質問が出ました。
 「SNSがあるじゃないですか」と出口さん
 インターネットの普及で、発言コストは限りなく低くなった。弱者が手にした武器です。
 「それに、SNSに書くのは、知識を頭に落とし込むための最良の方法なんですよ。
 facebookやtwitterに書いたって、たいてい誰も見やしません(笑)。
 それでも「誰かに見られるかも」と思うと、自分一人の日記帳に書くのと違って、ちゃんと考えて書くのです。人間の脳はそういう仕組みになっています。
 お客さんが来るから綺麗にそうじする。誰も来ない部屋の掃除は適当になるのと同じです(笑)」
 めっちゃわかります❗️
 私、だから20年近く、記録はweb上にしています。
 長文でも雑文でも、今と未来の自分のための文章なのです。
 しかも、それを読んでくれる人がたまにいるから一石二鳥。
 うれしいお墨付きを出口先生からいただきましたので、安心して長文を書きました(笑)。
 最後までおつきあいくださった方がいたら、ありがとうございます
 他にメモしときたいことはコメント欄に書きますね~
 (まだ書くんかい)
 出口さんは、ことさら声を張ったりアジテートしたりはせず、淡々と、でもハッキリと語られます。
 必ずファクトの裏付けがあり、ユーモラスで説得力あるたとえ話を添え、にっこり素敵なスマイル。
 その魅力にみなさんがすっかりまいっちんぐ(古)なのが見てとれました
 続く懇親会でも、いくつもの人の輪で、笑い声や熱心な懇談が
 みなさんが刺激と興奮、大満足の面持ちで帰られる様子が本当にうれしかったです。
 あらためまして、昨日の主催はワークライフバランス研究所、会場はデジタルハリウッドSTUDIO福岡でした。
 みなさまの熱気で、そしてご協力やお気遣いもいただいて、とても充実した時間になりました
 出口先生、みなさま、本当にありがとうございました❣
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします❣

 井上さんがAPUに行った時の投稿
https://www.facebook.com/emiinoue9024/posts/2296570290629577

  「人を成長させるのは人・本・旅である」
 ライフネット生命の創業者であり、今は立命館アジア太平洋大学APUの学長をつとめる出口治明さんの哲学です。まさに私にとって【人・本・旅】の一日となりました。
 雁瀬さんのお誘いで、出口さんをお訪ねするというまたとない機会をいただきました! 
 すばらしい晴天の別府湾に迎えられ、APUのシンボル、ツインタワーをくぐって学長室へ。ご多忙な中、取引先でもなんでもない私たちと会ってくださることも驚きですが(もちろんお約束してうかがいましたよ)、何をお尋ねしても、なんとサクッ・ズバッと答えてくださることでしょう!!
 「もっとたくさんの子育て世代と一緒に学び合いたい。育児に仕事に忙しいみなさんに、どうやってアピールしたらいいでしょうか?」と質問すると、間髪入れず
 「発信量が足りない。発信するしかないですよ」と。
 「質より量ということでしょうか?」
 「量が質になるから。最高のスパイという話を知っていますか?」
 二流のスパイはgiveしてすぐtakeを求める。
 一流は、give & give & give & give & give & give…見返りを求めない。
 こんな洒落たエピソードで説明してくださるなんて! 一生忘れないですよね。
 そもそも、この日、私たちの質問に次々答え、資料や関連書籍を教えてくださる出口さんが、「惜しみなく与え続ける姿」そのものだったのです。
 『子どもをもつ女性が罪悪感なく、生き生きと働き続けられる社会。“孤育て” に苦しむ女性がなくなる社会。』
というテーマについては、
 「当たり前の話ですよね。とにかく“3歳児神話” なんてもんはデタラメやと、もっと知らしめていかな」
 「育児は母親がするもんやなんていう人には、『じゃあアナタ、上司と2人きりでずーーーっと狭い部屋にこもって仕事したいですか?』と言ってやればいい」
 一刀両断!!
 子どもを可愛がる気持ちはオキシトシン・ホルモンによるもの。母親は出産時、すでに大量分泌される。では男性は? 子どもと接すれば接するほど、オキシトシンが分泌される。脳科学でハッキリと実証されていること。だから父親は、子どもが生まれたら育児参加しなければならない。子どもが可愛いから育児するのではなく、育児するから子どもが可愛くなるという順番なんだ・・・。
 日本が誇る横綱級の脳科学者、池谷裕二さんの著『パパは脳研究者』を引いて教えてくださいました。出口さんはライフネット生命時代、社員を集めてこの本について自ら講義していたため(!)、男性社員は2か月、3か月と育児休暇をとる人が多かったそうです。
 まさに博覧強記とは出口さんのためにあるような言葉で、頭の中の膨大なライブラリーから、話者に合わせて自在に取り出して教えてくださいます。
 午後の来客までたまたま時間があるからと、学食でランチまでご一緒させていただいたのですが、そこでたまたまそばに居合わせた1回生の女性が「中東を勉強したい」と言うと、出口さんはすぐにカレン・アームストロングの名著『ムハンマド』をおすすめし、彼女が続けて「APUに入学してイスラムの学生と話して、豚肉を食べるとは彼らにとってどういう感覚なのか初めてわかった」と話すと、「これを読むといいよ」と、お食事の手を止めて八木久美子著『慈悲深き神の食卓』の表紙をスマホで検索して示されました。
 その様子を隣で見ながら、「テレビで見た光景と同じだ! ふらっと学食に現れた出口さんが、学生に親しくアドバイスしてる!!」と内心、興奮を押さえられない私が…(笑)。
 出口さん、「だって(APUは別府の山の上という立地のため)ここしか食べるとこないから。国会議員の人が来たって、ランチはここですよ」と笑います。学食でも、特に海外からの学生さんたちは、「ハーイ!」と気軽に出口さんに挨拶していましたね。
 出口さんにお会いすると、洩れなくたくさんの【本】もご紹介いただける! …というところで、いったんこの長い記事を締めまして・・・(そうそう、私は持参したご著書にサインをいただきましたよ!!)
 この【旅】の話はまだ続きます。立命館アジア太平洋大学のキャンパス・ツアーに連れて行っていただいたのです。そこでは【人】との出会いもあり。また別記事で投稿しますね~!  


2019年09月07日

【20190828九州北部豪雨災害・災害ボランティア情報】 【YNFが、大町町で活動中】



 【YNFが、大町町で活動中】
 えざき太郎さん( https://www.facebook.com/taro.ezaki )のYNF( https://www.facebook.com/YNF-807975562709341/ )が、大町町で、日々活動中で、活動を毎日、投稿しています。
 クラウドファインディングも。 https://camp-fire.jp/projects/view/192840

  以前、朝倉市で、聞き取り調査のお手伝いした時のブログの投稿
 https://isindaihyou.yoka-yoka.jp/e2005362.html

 以下、2019年9月7日(土)の西日本新聞の記事の一部です。
 https://www.nishinippon.co.jp/item/n/524473/
 朝倉市で発足し、今は福岡市を拠点とするNPO法人「YNF」も福岡、愛媛両県で被災者支援に取り組む。朝倉では高齢者や困窮世帯を訪ね、公的支援制度について助言したり、申請を手伝ったりする一方、愛媛県大洲市では行政と協力し住まいに関する相談会を定期的に開いている。江崎太郎代表(39)は「被災者の生活再建を中長期的にサポートするような民間団体は少ない。両地域で困っている被災者を支えたい」と意気込む。

 西日本新聞からの引用終わり

 https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1281084615398431&id=807975562709341
 
 以下、facebook の投稿からです。

 ●活動報告&カンパのお願い
 【8月31日活動報告@佐賀大町町】
 被災したメンバーのご実家を中心にご近所の家屋の荷物だしなどを行いました。
 また、NPO法人うわじまグランマさん(https://www.facebook.com/pg/u.grandma/photos/?ref=page_internal)や今治の阿曽沼さんからお借りした高圧洗浄機やタオルも現地に運び、9月1日から近隣住民さんで必要とされる方に貸し出しをはじめたいと思います。
 現地の様子は、各家庭荷物出しを行う様子が多く見られ、災害ボランティアセンターのボランティアの方々も活動されていました。
全体的な被害の詳細はまだ分かりませんが、浸水の高さは高いところで床上1.5mに届かないのではないか、という印象で、生活再建支援法の適用もされるかどうかが懸念されます。今後の状況次第ですが、適用にならなかった場合、大阪北部地震の時の大阪府のように自治体の独自施策の検討が行われることを期待します。
 また、報道されている油の流出地域ですが、関係しそうな地域の世帯数は100前後ではないかと思われます。大分臭いは薄まったとのことでしたが、場所によっては長時間同じ場所で作業などすると気分が悪くなる方もおられるのではないかと感じました。
 また、外観では大きな油のカタマリが点在している、ということもなく、歩いたりするのに大きな支障は感じませんでした。
 しかし、田んぼの水には油が浮いてるなど農業被害も心配です。
 また、午前10時から福岡で、午後19時から佐賀で情報共有会議が行われたため参加してきました。
 【カンパ金募集中】
 特定非営利活動法人YNFでは、令和元年8月佐賀豪雨の活動のためのカンパ金を募集しています。用途としては、資機材費、交通費、人件費などに使わせていただきます。ご協力いただける方は、下記の銀行口座にお振込みください。
 (メールで振り込んだ旨をお知らせいただいた方には、お礼メールや活動報告を後ほどお送りさせていただきます。また、既にご協力いただいた方も後からで結構ですので、お知らせいただくと助かります。)
 振込先
 銀行名 西日本シティ銀行
 支店名 下山門支店
 口座番号 (普)3045772
 口座名義 特定非営利活動法人 YNF 代表理事 江﨑 太郎
 トクヒ)ワイエヌエフ ダイヒョウリジ エザキ タロウ
 連絡先
 info@saigaiynf.org 

 毎日、facebook で、活動を報告しています。

  


2019年09月06日

9/6(金)、福岡市主催のボランティアバスで、武雄市に行ってきました。



 午前6時45分に、市役所の議会棟前に、集合です。

 今回は、定員が15名で、9/5(木)、6(金)、ともに半日で、定員満員になったそうです。

 午前7時に、出発して、午前8時半には、武雄市のボランティアセンターに到着です。すでに行列ができていました。


 
 武雄市社会福祉協議会HP http://takeo-syakyo.com/

 昨日までは、定員を設けていなかったみたいですが、今日、9/6(金)から、定員を決めてていました。



 今日は、250名で、午前9時25分には、締め切ったそうです。



 昨日までの人数の推移です。定員一杯で、ボアンティアに来たのに、参加できなかった方が、多数いたと思います。

 こういった方たちを何らかの形(無料の入浴券など)で、感謝の気持ちなどを伝えることができないかと思います。

 マッチングをしていると、「2tダンプの運転をできる方は、いませんか?」との呼び掛けが。

 私は、以前、工事現場で、2tダンプを運転したこともあり、朝倉市で、「災害NFO結」さん、呉市で、「コミセンひろしま」さんのお手伝いで、2tダンプを運転していたので、手を挙げました。

 内容は、武雄市駅前の被災を受けたお家から、被災ゴミを、運搬して、「燃えるゴミ」「木材」「不燃物」「冷蔵庫・テレビ」などに、集積場で分けるという仕事でした。





 国道34号が混んでいたので、2往復しかできませんでしたが、全て運ぶことができました。

 午後は、他の場所にいた、福岡市役所派遣のチームの片付けに同行しました。

 午後2時半に、作業を終了して、ボラセンにも戻り、出発、武雄市のご好意により温泉に入り、福岡に戻ってきました。

 昨日よりも、早く進んだので、午後5時過ぎには、福岡市役所に戻ってきました。

 お世話いただいた、福岡市職員、武雄市のボランティアセンターの皆様、ありがとうございました。


 武雄市へボランティアセンターアクセスの記事
 https://isindaihyou.yoka-yoka.jp/e2076218.html

 【この記事での変更部分】
 ボランティアセンターの隣のダイレックスは、9/3(火)から、オープンしています。
 午前9時からのオープンですが、飲食関係は、充実しています。









 

 

   


2019年09月05日

【20190828九州北部豪雨災害支援】岡山のぞうきんプロジェクトについて



 「岡山のぞうきんプロジェクトについて」

 白井 崇裕さんの9/1(日)の投稿。まだ募集中です。

 https://www.facebook.com/takahiro.shirai.33/posts/2521277464631422

 【令和元年8月九州北部豪雨の災害/スマートサプライによる支援開始】
 令和元年8月九州北部豪雨の災害につきまして、スマートサプライによる支援が開始されました。平成30年7月豪雨災害でも活用された必要なモノを必要な数だけ送ることができる支援の仕組みです。遠方からでも現地への協力が可能です。
 https://smart-supply.org/#/spf201908
 佐賀災害支援プラットフォーム(SPF)
 武雄市災害ボランティアセンター支援プロジェクト 

 白井 崇裕さんの9/1(日)の投稿。小城市への支援の報告です。

 https://www.facebook.com/takahiro.shirai.33/posts/2519337651492070

 【みんなで集めよう!ぞうきんプロジェクト】
 【小城市災害ボランティアセンターへの支援について】
 【2019年9月1日11時30分時点】
 九州北部の豪雨災害について、佐賀県小城市の小城市災害ボランティアセンターと調整を行ったところ、雑巾1,000枚欲しいとのオーダーが出ました。
 本日、午後13時より白井事務所にて、真備学校支援用の備蓄雑巾約1,000枚を佐賀県小城市に発送いたします。
 【仕分け・計数のボランティア募集について9/1 13時〜】
 本日、13時より岡山市北区(路面電車清輝橋電停付近)にて作業を行います。
 午後から参加可能なボランティアは現在2名です。
 3,4名居ると有難いのでお手伝い可能な方は、ご協力・お電話を頂けると幸いです。TEL090-3374-0032(白井)
 駐車場に余裕がありません。公共交通機関もしくは、付近駐車場に駐車の上お越し下さい。詳しい場所については、電話にてお伝えします。
 【作業内容等】
 1.雑巾の計数
 2.雑巾の袋詰め・箱詰め
 3.物資品目票の貼付け
 4.ガムテープ梱包等
 5.発送作業
 よろしくお願いいたします。
 ネット検索キーワード「ぞうきんプロジェクト実行委員会」
 情報が決まり次第下記のFacebookグループへお知らせいたします。ボランティアに参加頂ける方は、下記のグループへご参加下さい。
 https://www.facebook.com/groups/2065292787046312/




 「しずおか茶の国会議」では、フェイスタオル募集
 http://www.chabashira.co.jp/~evolnt/pg4682.html?fbclid=IwAR1Y4Y2DLrX9uEpcpMg58yG_KNA6gjuGj4zQL27KDaGcDQaC-DujBIFaRm4
  


2019年09月04日

9/7(土)、【朝倉市高木地区・復興支援】博多ファーマーズマーケット「たかき穂多留市」



 【朝倉市高木地区・復興支援】
 朝倉市高木地区に、みんなの家 みんか(Minka)( https://bit.ly/2jYE3W5 )を作ろうとしている師岡知弘さん( https://www.facebook.com/tomohiro.morooka/posts/3176803042360650 )からです。
  https://bit.ly/2lZ7msl
 9/7(土曜日)のみの出店「たかき穂多留市」。
 「高木薪づくりプロジェクト」の代表もされています。
 https://www.nishinippon.co.jp/item/n/507354/

https://www.facebook.com/tomohiro.morooka/posts/3176803042360650

 以下、師岡知弘さんの facebook の投稿です。

 博多駅前は、準備中!
 9/5〜9 まで行われる博多ファーマーズマーケット
 高木地区の皆さんで直売に挑戦!
 今回は9/7(土曜日)のみの出店ですが、梨をはじめとし高木の農産物だけ持っていきます!
 ブースは 「たかき穂多留市」
 お待ちしてます!  


Posted by 飯野健二 at 20:00Comments(0)朝倉市

2019年09月03日

 【佐賀県豪雨災害支援・日本カーシェアリング協会より】被災地の方への無償提供





 【佐賀県豪雨災害支援・日本カーシェアリング協会より】
 佐賀県武雄市に拠点を作り、被災者の方に、無償で、車を提供されます。武雄市以外の被災地の方も対応します。
 熊本、朝倉、真備でも、提供されています。
 佐賀県や、宮城県石巻市から、車を運びます。
 
 https://www.facebook.com/japancsa/posts/2385499731486354

 <令和元年8月豪雨支援のための軽自動車、寄付、人材募集>
 九州の広範囲を襲った豪雨災害への支援に入ります。
 それともない災害支援特設ページを開設しました。
 https://peraichi.com/landing_pages/view/saigaishien
 被災された方々にとって、移動するのも、失ったものを
 買いに行くにも、避難するにも車は本当に大切な存在です。
 一人でも多くの方に車を届け、生活再建を後押ししていきたいと思っています。
 それともない皆様から以下のご支援をお願いできればと考えております。(詳細は特設ページ・画像をご覧ください。)
 ①車の寄付
 1) 現地で活用する軽自動車の募集
 2)活用が難しい自宅で眠っている自動車の募集
  (車検切れOK、軽・普通自動車問わず)
 ②活動資金の寄付
 ③現場でともに活動するスタッフ・ボランティア
 https://peraichi.com/landing_pages/view/saigaishien
 今回は佐賀県武雄市・大町町周辺を貸出拠点にする予定にしています。また、車のサポートを必要とされていらっしゃる方の情報もお寄せいただけたら大変助かります。地域によっては時間を要するかもしれませんが、準備と体制が整い次第、できるだけ対応できるようにしたいと思っています。
 ・最後になりますが、この度の災害で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
 私たちにできることを精一杯行ってまいります。
 ※お電話での問い合わせは混雑が予想されるため、災害支援に関するお問い合わせは極力メールでお願いします。
 お車の提供については:teikyou@japan-csa.org
 お金の寄付・人材募集については:info@japan-csa.org
 メールが使えない方⇒電話:0225⁻22⁻1453 
 (営業時間9:00-18:00)

 求人募集 https://www.facebook.com/japancsa/posts/2385499731486354

 九州の広範囲を襲った豪雨被害への支援活動のため、現地で活動してくださる方を募集します。
 [日本カーシェアリング協会の支援内容]
 ・車を失った方へ、寄付車を一定期間無料で貸出し、生活再建の後押しをする。
 ・支援活動を行う支援団体へも車を貸出し復旧作業の後押しをする。
 https://peraichi.com/landing_pages/view/saigaishien
 [現地スタッフの役割]
 ※現地でのマネジメント業務全般。ボランティアの方やパートの方、石巻スタッフと連携して活動を行っていただきます。
 ※一定期間OJTを通した研修を行いながら取り掛かっていただきますので、経験不問です。(車に関する専門知識も必要ありません。あればベターな程度です)
 ※4ヶ月間の契約(状況に応じて更新あり)、社会保険、雇用保険、労災保険加入
 ※現地での生活するための宿泊施設(シェアハウス)・車の支給あり。
 [業務内容]
 ・石巻事務所との連絡調整
 ・車の名義変更手続き
 ・車の貸出し、返却対応
 ・問合せ対応
 ・活動情報の発信
 ・ボランティアコーディネート
 ・その他、臨時事務所内の事務作業
 [応募から採用までの流れ]
 こちらのページ、もしくは最寄りのハローワークから応募
 ↓
 書類選考(履歴書、職務経歴書を石巻事務所へ郵送ください)※メール可
 ↓
 面接 ※オンライン可
 ↓
 採用

 <軽トラ10台急募!!> https://www.facebook.com/japancsa/photos/a.404996309536716/2389116767791317/?

 <軽トラ10台急募!!>
※佐賀まで運んでくれるボランティアさんも募集

被災地から軽トラの要望が数多く寄せられています。水をすった畳や家財の運搬・片づけには軽トラが必要です。
佐賀まで運んでくださる方も募集します。

■募集する軽トラックの条件
・車検が3カ月以上残っている。
・安心・安全な走行に支障がない車
(オイル漏れ・エアコン不調・タイヤのスリップサインが出
 ていないなど走行に支障がない車)

■運搬ボランティアさんについて
・現場(佐賀県武雄市)までの交通費は協会で負担します。
・帰りの経費は自己負担となります。
・運んでいただく車でてきたらご案内し、ご都合に合わせて運んでいただきます。

■日本カーシェアリング協会の支援活動について
https://peraichi.com/landing_pages/view/saigaishien

■車の提供・運搬ボラに関するお問い合わせ先・申込
※お電話での問い合わせは混雑が予想されるため、災害支援に関するお問い合わせは極力メールでお願いします。
軽トラの提供については:teikyou@japan-csa.org

メールがご都合よくない方⇒電話:0225⁻22⁻1453 
(対応時間9:00-18:00)
  


2019年09月02日

9/1(日)、武雄市の災害ボランティアに、行ってきました。

 9/1(日)、武雄市の災害ボランティアに、行ってきました。

 ロハス南阿蘇たすけあい( https://rohasuminamiasotasukeai.jimdo.com/   https://www.facebook.com/%E3%83%AD%E3%83%8F%E3%82%B9%E5%8D%97%E9%98%BF%E8%98%87%E3%81%9F%E3%81%99%E3%81%91%E3%81%82%E3%81%84-1578281299135935/ )理事長 のおやっさん(井出順二さん https://www.facebook.com/profile.php?id=100010961190666 )のお手伝いです。
 
 アクセスは、前回の投稿に。
 https://isindaihyou.yoka-yoka.jp/e2076218.html

 午前8時半に、集合して、朝礼です。

 


 今回は、40名近くが参加していました。

 各班に分けて、作業開始です。

 私は、今回の集合場所のところの、床板はがしの班に。

 今回のところは、床板をそのまま、廃棄処分なので、どんどん出します。

 
 状況によっては、現状復帰の場合があります。その場合は、各板に番号を書き込んで、部屋ごとに、並べて、乾燥させます。

 床板の下には、断熱材がありましたが、びっしょり濡れていました。別に分けます。



 根太(ねだ)だけの状態にします。




 底には、まだ水が残っているので、ポンプなどで、水を出し、乾燥させます。

 床板は、最初、軽トラックで、出していたんですが、軽トラックは、社会福祉協議会に貸し出したので、トラックに積み込んで、集積所へ。

 今回、参加していた中には、愛知県、日田市、愛媛県宇和島市吉田などから、参加されていて、全国から集まっていました。

 今回の内容のおやっさんの投稿。
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=874141226294576&id=100010961190666

 また、南阿蘇から、毎日曜日に、ボランティアバスが武雄市に出ます。


 北部九州豪雨災害支援‼️熊本、南阿蘇村発
 佐賀県武雄市ボランティアセンター。
 ボランティアバス運行致します‼️
 無料運行‼️
 毎週日曜日5時30分出発‼️
 高速でパークアンドライド出来るSAで、ピックアップ致します!
 参加応募は、メールにてお願い致します!
 がまだせ‼️佐賀県‼️がまだせ‼️日本‼️
 集合場所〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽4559
 ロハス南阿蘇集合。

 御支援先
 ≪振込先 ※ゆうちょ銀行→ゆうちょ銀行≫
 □振込先:ゆうちょ銀行
 □記号:17110
 □番号:32535581
 □口座名:一般社団法人ロハス南阿蘇たすけあい

 ≪振込先 ※他銀行→ゆうちょ銀行≫
 □預金種目:普通
 □支店名 : 718支店
 □口座番号:3253558
 □口座名:一般社団法人ロハス南阿蘇たすけあい(ロハスミナミアソタスケアイ)